Illustration by Sameyama Jiro (c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

フランス・パリを中心に開催されている「ジャポニスム2018:響きあう魂」。現代日本が創造するジャポニスムの代表として行なわれる初音ミク初のヨーロッパコンサート。

浮世絵に代表される日本文化が19世紀のフランスで一気に注目を浴びることにより誕生した概念「ジャポニスム」。2018年、日仏友好160年に当たり“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介するべく、パリを中心に大規模な複合型文化芸術イベント「ジャポニスム2018」がさまざまな会場で開催されている。その一環として、12月1日、ラ・セーヌ・ミュージカルで行なわれるのが、「HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE」のパリ公演だ。今や世界的なバーチャル・シンガーとして活躍する初音ミクのヨーロッパ初コンサートの模様をお送りする。

日本独自のスタイルを持った浮世絵が異国の人々に与えた衝撃を、初音ミクは音楽という異なるジャンルの中で現代によみがえらせた。これは記念すべきヨーロッパでの第一歩。期待と興奮をもってその“衝撃”を受け取っていただきたい。

番組情報

HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE in Paris
12月9日(日)夜6:45
WOWOWライブ
収録日:2018年12月1日
収録場所:フランス・ブローニュ=ビヤンクール ラ・セーヌ・ミュージカル
主催:国際交流基金、ラ・セーヌ・ミュージカル

番組サイトはこちらから

<関連番組>
初音ミク 10th Anniversary「SNOW MIKU LIVE! 2018」
12月9日(日)午後4:30

「初音ミク」とは?
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウエア」。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなった。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行なうなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に広がっている。

「ジャポニスム2018」とは?
2018年7月から2019年2月まで、フランス・パリを中心に開催されている一大プロジェクト。過去から現代まで、「展示」「舞台公演」「映像」「生活文化ほか」多種多様な日本文化・芸術を紹介する。古くは縄文土器や伊藤若冲、琳派から最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、舞台公演では歌舞伎から現代演劇、初音ミク、さらには映画、食や祭りなど日本文化の多様性に富んだ魅力を、パリを通して世界に向けて発信する。

関連キーワード