カメラマンクレジット「Viola Kam (V’z Twinkle)」

ネットシーンで注目を集める男性ボーカルグループ「mono palette.(モノパレット)」が、5月19日にワンマンツアー『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』のファイナル公演を東京・TSUTAYA O-EASTにて開催した。

昨年12月26日に行われたライブにて、グループのリーダー「あげいん」が声帯ポリープ手術で活動を一時休止することを発表し、今回の東名阪ワンマンツアーより復帰。4人でのパフォーマンスは、躍動感溢れるステージとmono palette.にしか出せないアイデンティティに溢れた内容だった。そんなファンが待ち望んだ復帰ライブから、ツアーファイナルとなった19日O-EAST公演の様子をレポートしていく。

ダンサブルなSEと会場いっぱいの4色のサイリウムに迎え入れられ、グループ初となるオリジナルの衣装に身を包んだメンバーが登場。一瞬の静寂の中、1曲目「花鳥風月」がスタート。あげいんの「全員俺らが幸せにするよ」という一言で早くも会場の興奮はピークへと駆け上がっていく。続いて「恋のABO」ではカラフルに光るグラスを装着し、振り付けとあわせてポップなステージを展開した。

「『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』へようこそ!」とあげいんが挨拶し、雪見が「まだまだ前半戦、これから盛り上がっていけますか!」とファンに呼びかけ。立て続けに「weeeek」「アンダーカレント」「一騎当千」を披露。緊迫した爆発力のあるパフォーマンスと時折見え隠れする愛くるしさの絶妙なバランスで、彼らにしか生み出せない空間を創り出していく。

Rimとあげいんがキスを交わし歓声を浴びた「ID」を皮切りにソロコーナーへ突入。雪見は「かかってこい東京!」とオーディエンスを煽り「マリオネットラヴァーズ」で力強くシャウト、ヘヴィーなステージとなった3部の「禍禍≫Reflection」では、ファンが頭を振り身体を折り畳む熱狂空間に。前髪を持ち上げ再登場したRimは、「ストリーミングハート」でクラップや掛け声で会場をひとつに。一体感をそのままに、あげいんが「ラブヘイトマジョリティ」で真っ赤に染め上げ、変幻自在のソロパートが展開された。

その後のMCでは、先程までの緊張感のあるステージとは裏腹に、無邪気に緩く楽しむ4人。四人のプライベートを覗き見しているようなアットホームな空間が心地よく楽しい。そして白いジャケット姿に着替えてソロコーナーを継続し、Rimがスタンドマイクを握って「end tree」を披露。雪見が「さよならテンダー」を歌うと、3部と雪見が「メリーバッドエンド」を2人で熱唱。そのままステージに残った3部が「迎えにきた」と手を差し伸べて「ビタースウィート」をパフォーマンスした。

「ヒバナ」で再登場したあげいんは、その後のMCで、mono palette.の結成経緯について語り出す。自身が絶望の底にいる時に、メンバーの3部がずっとそばにいてくれたこと。それから雪見、Rimと手を差し伸べてくれる仲間が増え、一緒に活動することに至ったこと、何があってもこの4人とは生涯の仲間として一緒にいたいこと。そして、復帰後初のオリジナル曲となった「Again」は、そんな自身の経験が詰め込められていること。「僕がもらった元気をみんなに分け合えていけたら」と語り披露されたオリジナル曲「Again」はオーディエンスを優しく包み込み、あげいんの想いが共有される中フィナーレへと向かっていった。

ラスト曲の前には、今年の夏に新しいアルバムのリリースが決定したことを報告し、客席は大歓声に包まれた。その収録曲からワンダフル☆オポチュニティ!が書き下ろした新曲「中ボスさん」を初披露。コミカルなメロディー・歌詞と、重厚感と疾走感が混ざりあった新曲を披露し、本編を締めくくった。

関連キーワード