セガのアーケード音楽ゲーム「オンゲキ」。この度、5月25日に開催されたキャラクターたちによる初の1stワンマンライブの初出しステージ集合写真がオフィシャルレポートと共に到着した。

もっと画像をみる >

カメラマン:中村ユタカ

5月25日(土)26日(日)にZepp Tokyoで開催されたSEGA 音ゲーフェス。その1日目に行われたのは、セガのアーケード音楽ゲーム「オンゲキ」のキャラクターたちによる初の1stワンマンライブ『「オンゲキ」LIVE vol.1 ~Jump!! Jump!! Jump!!~』だ。

SEGA音ゲーフェスの2日目は、音ゲー「CHUNITEM」声優ユニット・イロドリミドリの3rdワンマンライブ!オフィシャルレポートはこちらから >

出演したのは、ASTERISMの赤尾ひかる (星咲あかり役)/ 久保田梨沙 (藤沢柚子役)/ 春野 杏 (三角 葵役)、⊿TRiEDGEから朝日奈丸佳 (結城莉玖役)/ 橋本ちなみ (藍原 椿役)、bitter flavorの近藤玲奈 (桜井春菜役)/ 中島 唯 (早乙女彩華役)、7EVENDAYS⇔HOLIDAYSから、もものはるな (井之原小星役)、そして大空直美 (逢坂 茜役)となる。

「オンゲキ」単独での初の1stワンマンライブライブを心待ちにしていたファンに、まずはASTERISMの3人が影ナレでご挨拶。「まずはオープニングDJで、たくさん体をあっためていこう!」と久保田が言うと、会場も大きな声で応える。

そして「オンゲキ」オリジナル楽曲の参加アーティストでもある2人のDJが登場!
まずはヒゲドライバーがステージに現れると「今日は祭りだぜ!」とスタンディングで盛り上がっている観客を煽りまくる。自身で作詞・作曲した「猫祭り」で一気に会場を熱狂させると、その後はゲーム実装曲を中心に盛り上げていく。「檄!帝国華撃団」からの「Lost Princess」と田中公平楽曲を繋げ、「バンドリ!」の楽曲や「シュガーソングとビターステップ」「ようこそジャパリパークへ」など、アニメファン垂涎のセットリストで湧かせる。
そして最後は「この曲やらなきゃっていうのありますよね?」と自身の楽曲「回レ!雪月花」でくるくると手を回し、Zepp Tokyoを最高に楽しいアニクラにしていた。

t+pazoliteのDJはまったく違う方向性で、高速ビートのダンストラックを繋ぎ会場を盛り上げていく。「Maqrite」を流したあと「『オンゲキ』の曲好きですか? めちゃめちゃ踊って盛り上がっていきましょう」と「Dolphika」を流すと、オイオイ!の大きな掛け声が。「TAKE ON THE WORLD」「MEGATON BLAST」など、おなじみの楽曲では、観客の声もだんだん大きくなっていく。「超好きだけどノリ方がわからないからテキトーに踊って!」と流した「Ai Nov」の気持ちよさ! 逢坂茜がスクリーンに映し出された自身の楽曲「YURUSHITE」も相当アツかった。そして最後は「僕の思い出の曲です」と言って「GO!GO! ラブリズム♥」から自身の「Oshama Scramble!」と繋ぎ締めくくる。

そんな熱狂のDJタイムのあと、いよいよ「オンゲキ」ライブがスタート。オープニングは、ASTERISM、⊿TRiEDGE、bitter flavor、7EVENDAYS⇔HOLIDAYSからの8人による「STARTLINER」から。学校のチャイムのようなイントロから始まる「オンゲキ」のメインテーマだが、8人それぞれがソロパートで個性を発揮し、ユニゾンでは力強さを見せつける。観客も〈(Grow Up!)〉など、掛け合いのところでは声を合わせて、ステージのメンバーたちの背中を押していく。ユニットごとの統一感はありつつ、ひとりひとりの個性に合った衣装も今回の見どころのひとつだろうライブはフェス形式で、登場するユニットのロゴが最初にスクリーンに映し出されるのだが、トップバッターはbitter flavor。ユニット曲「Kiss Me Kiss」は、歌からダンスから、とにかくキュート! ふたりの手を合わせてハートを作ったり、見つめ合ったりしながら歌っているのがかわいらしかった。

そして、それぞれのソロコーナーへ。まずは近藤がソロ曲「SWEET SHAKE!!」を披露。白とピンクの衣装が天使のようだし、キャッチーな曲をぴょんぴょんと飛び跳ねながら歌っていく。こちらが元気をもらえるようなパフォーマンスで、歌い終わってスキップをしながら捌けていく姿も印象的だった。

入れ替わって登場した中島は、クールなEDM「What color…」を。間奏でのパラパラダンスや、〈このピアスが証なの〉でピアスを指さしたり、ウィンクをしたり…ちょっとオトナなダンスで観客を魅了していた。

続いては⊿TRiEDGEから朝日奈が登場。ピアノの疾走感がカッコいいロックチューン「P!P!P!P!がおー!!」で、ロックに攻める! ステージにあるお立ち台に片膝を乗せて歌っている姿も様になっていた。曲の途中に久保田と春野が登場してダンスを踊ったり、にぎやかさがありつつ、最後はシャウトで締めくくる。

そして同じくロックだが、どこか和の匂いがする「タテマエと本心の大乱闘」では、橋本が力が入ったパフォーマンスを見せる。

〈大乱闘〉とみんなで声を合わせる爽快感はたまらなかった。振り付けも、最後に顔を手で隠し、ひょこっと笑顔をのぞかせたのがとてもキュートだったが、これは、滅多に笑顔を見せない藍原 椿の笑顔を見るといいことが起こるという都市伝説があるので、みんなにいいことが起こるようにと思ってやったと、後のMCで語っていた。7EVENDAYS⇔HOLIDAYSの もものは「GAME IS LIFE」を歌う。ちょっとオタッキーな動きで、自宅で踊っているような感じがとてもかわいらしい振り付けで、ゲーム愛が伝わってくるステージだった。だが「今日は(ユニットの相方である)咲姫もいないし帰ろうかなぁ」と言うと、それを朝日奈が止めに入り、一緒に歌おうと誘う。そして披露されたのがユニット曲「めんどーい!やっほーい!ともだち!」。〈ずっとずっと 友達だ〉と歌う電波ソングで、レアなふたりでの歌唱だったが、なんだかほっこりとしてしまった。

関連キーワード