2019年4月TOKYO MXほか”ふたばにめ!”枠内にて好評放送中の『超可動ガール1/6』。この度、第11話『惑星探査機の歌』のあらすじ&先行場面写真が公開となった。

『超可動ガール1/6』第10話あらすじ、先行場面写真はこちらから >

第11話あらすじと場面写真

<サブタイトル>
惑星探査機の歌

<あらすじ>
自分のルーツを知るために、アニメ『少女→惑星探査』の最終回を観る春人とノーナたち。そこに映し出された物語を見たノーナは、ある決断をする。一方、春人の部屋を訪れた冠は、驚くべき事実を語るのだった――。

©ÖYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6 」製作委員会

作品情報

2019年4月よりTOKYO MX、AT-X、BSフジ
“ふたばにめ!”枠内にて好評放送中!
○TOKYO MX 4月8日(月)24:00~
○AT-X 4月6日(土)23:00~ リピート放送:毎週(日)26:30/毎週(火)15:00/毎週(金)7:00
○BSフジ 4月9日(火)24:00~
◇配信情報
4月8日より各種配信サイトにて好評配信中!!

イントロダクション
三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク、房伊田春人。ある日、大好きなアニメのヒロイン・ノーナの美少女フィギュアを購入したが、突然フィギュアのはずのノーナが動き出した!一人と一機(?)のドタバタ夫婦的生活、始まる!

◇メインキャスト
房伊田春人:羽多野渉
ノーナ:木下鈴奈
ベルノア:千本木彩花
天乃原すばる:M・A・O
オズマ:森川智之
房伊田ミコト:松田利冴
冠成次郎:河西健吾
クサビ:徳井青空
リンドウ:深町未紗
比等間ルウ:篠原侑

◇スタッフ
原作: ÖYSTER (双葉社「月刊アクション」連載)
『超可動ガール1/6』
監督:元永慶太郎
シリーズ構成:日暮茶坊
キャラクターデザイン:山名秀和
総作画監督:山名秀和、松尾真彦
美術設定:滝口勝久
色彩設定:後藤恵子
撮影監督:山根裕二郎
3DCGディレクター:後藤優一
3DCGスーパーバイザー:本間貴之
音響監督:阿部信之
音響制作:オンリード
音楽:長田直之
音楽制作:SPACEY MUSIC ENTERTAINMENT
アニメーション制作:studio A-CAT

◇主題歌
OPテーマ「それゆけ!恋ゴコロ」 A応P
EDテーマ「ONE」東城陽奏
公式サイト
公式Twitter

原作情報

『超可動ガール1/6』
著者: ÖYSTER
(双葉社「アクションコミックス」)
単行本全4巻好評発売中

超可動ガール1/6の正当続編!
『超可動ガールズ』
著者: ÖYSTER
(双葉社「月刊アクション」連載中)
単行本第1巻、第2巻好評発売中

関連キーワード