相坂優歌、1stライブは初々しい一面「応援したい」

今年1月31日に、1stアルバム「屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま」をリリースした相坂優歌。アルバムを引っさげての記念すべき1stライブが、4月5日に Zepp DiverCity Tokyoでおこなわれた。

青の衣装に身を包んでステージに登場した相坂は、「セルリアンスカッシュ」「透明な夜空」「瞬間最大me」と3曲続けて歌い上げた。

2ndシングル「セルリアンスカッシュ」、デビューシングル「透明な夜空」、アルバムのMV曲である「瞬間最大me」は、いずれも彼女の代表曲。いきなりギアをトップに入れて、観客を総立ちにさせた。

ソロデビュー前から高い歌唱力で注目されていた相坂。生で聴くボーカルは迫力十分で、高音のビブラートが心地よく会場に響き渡る。

その一方、ステージでのアクションは控えめで、1stライブならではの初々しさが。

今夜のこの場所が彼女の一つの出発点であることを、改めて認識させられた。「応援したい」という気持ちを、観客の誰もが感じていたと思う。

最初のMCは、「はい、えへへ」という照れ笑いから入ることに。

「私こそが相坂優歌でございます。よろしくお願いいたします」と挨拶すると、「平日に呼び出しちゃってごめんね」と観客を気遣うあたりが、実に彼女らしいところ。

「いーよ!」というファンの反応にはにかんでみせた

続いては、「ハンドメイドホーム」と「今はここに」というしっとりとした曲を歌うパートに。

「瞬間最大me」の作詞・作曲を手がけた大森靖子のカバーである「ハンドメイドホーム」では、黒のセミアコースティックギターを構え、バンドとともにコードを鳴らした。

「今はここに」は、劇場版『コードギアス 反逆のルルーシュ・ 叛道』の挿入歌。

歌い終わってのMCでは、同作品の主題歌を担当したALI PROJECTへの想いを語り、そこからALI PROJECTが相坂に提供したアルバム収録曲「翡翠蝶の棲む処」へ。

さらに、相坂が中学生時代に聴いて衝撃を受けたというALI PROJECTの「聖少女領域」を歌い上げて観客を驚かせた。

そしてライブは中盤の山場へ。

アッパーかつ切ないメロディラインが特徴の「Anti Geometry」から始まり、「Impulse」「Dependence」「Look back」と、激しいナンバーを歌い繋いでいく。

「Impulse」からの3曲はいずれも今までリリースしたシングルのカップリング曲。この日のバンマスである鴇沢直(ときさわなお)が作曲を手がけ、相坂優歌のかっこよさを存分に引き出すことになった楽曲群だ。

「カップリング三部作」と呼ばれるこれらは、アルバムでも並んで収録されている。

また、「Look back」から次の「Insomnia」の間で、相坂は白のメッシュのコートと黒のスカートに衣装チェンジ。

MCでは、「スタイリストさんに素敵な衣装を作っていただけて。すごいんじゃよ、とにかく(笑)。みなさん目に焼きつけといてくださいね」と笑って、くるっと回ってみせた。

そこからは、ソロデビュー前に歌ったTVアニメ『甘城ブリリアントパーク』の曲を披露するコーナーへ。

エンディングテーマの「エレメンタリオで会いましょう!」から始まり、相坂が演じたミュースのキャラソン「+ユニバース」「シャイン」と明るいナンバーで会場を盛り上げた。そこから、アルバム曲の中で最もキラキラとした「Prime Point」へ。この曲は、彼女いわく「4月5日の今日にふさわしい春を感じる曲」だ。

ライブ本編のラストを飾ったのは、3rdシングル「ひかり、ひかり」。尾崎世界観(クリープハイプ)から楽曲提供を受けた、TVアニメ『ネト充のススメ』のエンディングテーマだ。

「歌の力はものすごいものだと思うんです。相坂は歌うと人が変わるって言われることがあるんですよね。

それは歌に憑依したいという気持ちもあれば、歌でしか言えないことがあるという気持ちもあって。全身全霊で歌っているから、そう見えるのかもしれないです。

最後の曲も、なんでうまく言えないのかなという気持ちを、尊敬する尾崎世界観さんに綴っていただいた曲です」

ソリッドなギターが印象的な「ひかり、ひかり」は彼女の曲の中でもひときわバンドサウンドを感じさせる楽曲。バンドをバックにしたライブで聴くと、この曲の持っている魅力をより生々しく感じることができた。

ライブTシャツをアレンジしたラフな衣装に着替えてのアンコールでは、大森靖子の「絶対絶命絶好調」やクリープハイプの「大丈夫」をカバー。

最後の最後はデビュー曲の「透明の夜空」を再び披露し、大きな歓声の中、1stライブは成功のもとに幕を閉じた。

1stアルバムの収録曲を披露する中に、楽曲を提供したアーティストのカバーや声優として歌ったTVアニメ主題歌やキャラソンを織り交ぜるという構成は、出発点に立ったばかりの1stライブならでは。

ここから本格的に始まるアーティスト相坂優歌の活躍を予感させる力のこもったパフォーマンスを、終始見せてくれた。

一方でMCは本当に自然体。「嬉しい」「楽しい」といったポジティブな感情よりもむしろ、「悲しい」「つらい」といったネガティブな感情に寄り添う言葉が、繰り返し語られたのが印象に残った。

みんなで「大丈夫だよ」と言い合うことで、優しい世界を作っていきたいというのが、彼女のメッセージ。

「私は後ろ向きに見えて前向きですからね」

「明日もなんとか生きてゆきましょう。何かいいことあるかもしれないじゃん」

「普段はあまり言わないですけど、本当にみなさんを愛しています」

という不器用だけど真摯な言葉は、観客の心にしっかり届いていた。

関連リンク