ClariS(クラリス)新曲「CheerS」夏アニメ「はたらく細胞」エンディングテーマに

4月29日(日)から東名阪でのZeppTourを行っていたクララとカレンによる2人組ユニットClariSが、5月3日(木)のZeppTokyo・ファイナル公演アンコールにて、ニューシングル「CheerS」(読み:チアーズ)のリリース決定を集まったファンの前でサプライズ発表した。

「ClariS 2nd Zepp Tour in 東名阪 〜Best of ClariS〜」では、“Best of ClariS”というツアータイトルにある通り、今までリリースしてきた19枚のシングルの表題曲をほぼ全曲披露するというまさにClariSのシングルズベストのような内容となっており、更にはテレビアニメの主題歌を担当することも多いClariSならではのアニメ映像とのコラボレーション演出が随所で見られ、これまでの歩みを象徴するライブとなった。

ライブ頭から「コネクト」〜「ルミナス」〜「カラフル」と、「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズの主題歌を続けて歌唱すると、ファンのボルテージも一気に最高潮へ。それからもシングルヒット曲が続くセットリストに、息つく暇もなく時間は過ぎていく。

ライブ中盤、物語シリーズ「憑物語」のエンディング主題歌である「border」ではカレンの「みんな歌うよー!」の掛け声と共にファンとの大合唱が巻き起こり、会場は凄まじい熱気の中、更に一体となっていく。

終盤にはkz(livetune)がDJセットで登場し、自身が作曲したClariS楽曲を二人と共に盛り上げるステージングを披露し、ファンの声も一段と大きくなり会場が揺れんばかりにヒートアップする中、本編が終了。

アンコールでは2人の口から、「重大発表です!」と、今年8月15日にニューシングル「CheerS」のリリース決定というサプライズ発表と共に、その「CheerS」が7月から放送のTVアニメ「はたらく細胞」のエンディング主題歌になるという二大サプライズがあり、次なるClariSの展開に会場は大いにわいた。

今回のツアーはライブハウスでのツアーということで、先日、舞浜アンフィシアターで開催された3rd HALL CONCERTでは「オズの魔法使」になぞらえたストーリーと共に楽曲が展開していったが、そちらともまた違うClariSのコンセプチュアルなライブとなっており、次はどんな内容になるのか、これからもClariSの活動からは目が離せない!

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

Ads by Google