写真:Jumpei Yamada

6人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が12月21日と22日の二日間、東京・渋谷ストリームホールにてワンマンライブシリーズ「渋谷 LIVE CIRCUIT」を開催した。

21日公演のサブタイトルは「2nd アルバム『Hey, Girls!』リリースパーティーアルバム全曲フルサイズ披露~」。先月21日にリリースされた『Hey, Girls!』通常盤の全曲+αをフルコーラスで聴かせる、まさしくこの日限定の特別企画である。アルバム・リリース→ ライブという流れは昔から音楽界の定番だが、ひとつのコンサートでアルバムのナンバーすべてが楽しめる機会は、ありそうでなかなかない。最新の楽曲を、目の前で本人たちが歌ってくれる喜びは格別だ。

ライブはダンス・インストゥルメンタルナンバー「Neo Elements」から始まった。まっさきにステージに登場したのは橘二葉。“キレキレダンスの二葉” と呼ばれる通りの鋭い身のこなしで観客の注目を集め、続いて登場する浜崎香帆、脇あかり、櫻井紗季、上西星来、高嶋菜七もそれにインスパイアされたかのように生き生きしたダンスを繰り広げる。

次の楽曲は「Counting the Seconds」。ボーカル・ナンバーの最初に、このライブ初披露曲を持ってくるとは完全に意表をつかれたが、6 人は見事にこの曲を歌いこなし、クールな「TRICK U」とつなげる。息の合った歌唱、 美しいハーモニーが聴こえてきそうなダンスに釘付けだ。 高速回転するミラーボールも効果をあげた「Go to the Party」に続いては、ビートに乗った浜崎の短いMCを経て、 思いっきりガーリーにはじける「Lovely Lovely」。チャーミングな曲調と、浜崎と橘が担当した振り付けが一体となって、 計測不可能なほどの「カワイイ」を運ぶ。このムードは「現状打破でLove you」でさらに強まり、かと思えば「Shapeless」では、平均年齢20歳となったTPDのしっとりした一面がしっかり表出されていく。

10月上旬から始まったリリースイベントを振り返ったMCで客席をなごませたあと、ソロ&ユニット曲のコーナーへ。上西の「恋」 、高嶋の「be alright…」、浜崎の「Over The Rainbow」 は通常盤のボーナストラックとして収められていた(通常盤だけで聴ける)ナンバーだ。派生ユニット“赤の流星”(上西、脇)は、初回生産限定盤Cのディスク2を占めているアルバム『Perfect Doll』からはタイトル・チューンを歌唱。フルコーラスで披露されたことで、それぞれの声の特色や歌い方の魅力が一層たっぷり味わえることに なったのが嬉しい。

余韻に浸っていると、いつしかDJテーブルがステージに運び込まれていることに気づく。スペシャル・ゲスト、☆Taku Takahashi (m-flo)の登場だ。まずはTPDと彼の最初のコラボとなったNHK WORLDの海外プロジェクト楽曲「Domobics -どーもびくす-」をパワフルに届ける。改めてこの歌を聴いて、「東京オリンピック開催予定の2020年に向けて、 ぴったりの楽曲だな」と思ったファンも多いのではなかろうか。 次にパフォーマンスされたのは、新作からの「Collectio n feat. ☆Taku Takahashi (m-flo)」。もちろんこれがライブ初披露だ。「どういう気持ちでこの曲を作ってくださったんですか」という高嶋からの質問に、☆Taku Takahashi は「大人の女性になった、今の等身大のTPDを描きたかった」 と語り、メンバーを感激させる場面もあった。そしてこの曲では、前回の「渋谷 LIVE CIRCUIT」で告知していたようにミュージックビデオ収録カメラが入り、TPD+☆Taku Takahashi+観客が一体となった熱狂の瞬間を捉えた。公開が待ち遠しい。

TPDは猛烈な勢いを保ったまま後半へ突入し、人気曲「SHINY LADY」、ピースサインを取り入れた振り付けが印象的な「Gl owing」、超アップテンポのハイエナジー調ナンバー「Jumpin’ Up!」を熱演。アルバムでは冒頭を飾っていた「Hey, Girls!」で本編を締めくくり、アンコールではファンへの深い感謝をこめながらバラード曲「my dearest」を歌いあげた。

22日の公演は、TPDにとって2018年の総決算であると同時に、今年下半期の大きな目標のひとつに掲げていた“ ソールドアウト”を実現したステージでもある。6人は、何かにとりつかれたかのような凄みたっぷりのパフォーマンスで超満員のファンを釘付けにした。“2018年ラストワンマン、みんなで楽しんでいきましょう!” という高嶋のシャウトに導かれるように始まったのはロックナンバ ー「SURVIVAL!!」、続いて「純愛カオス」 と切れ味鋭いナンバーをたたみかけ、さらに快活なアメリカン・ロック調「Honey! Come Come!」へ。フルコーラス歌唱で何度か途中にMCも挟んだ前日とは異なり、この日はダンスサミットならではのショートバージョンでの展開で、息つく間もないスピード感が満喫できるライブとなった。

ニューアルバム『Hey, Girls!』からの楽曲も「Glowing」、「Collec tion feat. ☆Taku Takahashi (m-flo)」、「Counting the seconds」などが次々と披露され、ソロ&ユニット・コーナーでは傘を使ったパフォーマンスが特徴の櫻井がメインを取る(バックは浜崎・橘)「Raining」、赤の流星(上西・ 脇)「エデンの雨」、浜崎と橘の超絶ダンスが楽しめる「BURN ME OUT」、高嶋のソロ「Darlin’」、浜崎のソロ「Over The Rainbow」にスポットライトが当たり、各メンバーの個性が発揮される。

後半では「FREEDOM」「T IME」「BRAND NEW STORY」など以前からの定番ライブナンバーも交えつつ、すさまじい勢いで疾走。本編ラスト「Hey, Girls!」における、メンバーとファンの掛け合い(コール&レスポンス)も完璧で会場のボルテージは最高潮に達した。

アンコールの1曲目は「Jumpin’ Up!」。“来年もよろしく!” と呼びかけながらパワフル極まる歌とダンスを届けた後、MCパー トへ。改めてソールドアウトへの感謝を伝え、浜崎は6月に再演されるミュージカル『リューン〜風の魔法と滅びの剣』 への出演が決定したことを報告。「 私を大きく成長させてくれた大好きな作品に、再び出演できて嬉しい。その成果を、ぜひTPDに持って帰ってきます」と力強く語った。そしてリーダー・高嶋は「(2018年は )メンバーが9人から6人になって、すごく変化のある年だった。悔しいこともあったけれど、その悔しさが私たちを育ててくれた。 アイドルやガールズグループがたくさんいる中で、TPDを選んでくれているファンの皆さんに心から感謝します。 後悔させないようにこれからもがんばっていくので、これからもTPDの応援を本当によろしくお願いいたします」と凛々しく語り、「この曲が私たちの今の気持ちです」と、「SHINY LADY」に続けた。が、名残り惜しいのはファンもメンバーも同じ。ダブルアンコールを求める激しい声援に応えて三たびステージに出てきた6人は、本来この日のセットリストには含まれていなかった「my dearest」を特別に歌い、満面の笑顔でステージを去った。

TPDとしての今年のワンマンライブはこれで終了したが、12月29日にはリーダー・高嶋菜七の生誕ソロライブ「高嶋菜七 22nd Anniversary 〜FIRST TRY!!!!!!!〜」が新宿・Zirco TOKYOで行なわれる(チケットはソールドアウト)。そして「 渋谷 LIVE CIRCUIT」は来年1月14日、2月14日に渋谷・WWW Xで、3月17日(最終公演) は渋谷ストリームホールに再び戻ってくる。「グループの一体感」 と「ひとりひとりの個性」の両方に磨きをかけながら、2019年もTPDは目の離せない活動を続けてゆく。

(原田和典/音楽ジャーナリスト)

LIVE情報

「渋谷 LIVE CIRCUIT」
2019年

1月14日(月・祝)
12:30開場 / 13:00開演
渋谷WWW X 〜TPDビギナーのための入門編〜

1月14日(月・祝)
18:30開場 / 19:00開演
渋谷WWW X 〜NEW YEAR LIVE 2019〜

2月14日(木)
19:00開場 / 19:30開演
渋谷 WWW X 〜バレンタイン NIGHT〜

3月17日(日)
18:30開場 / 19:00開演
渋谷ストリーム ホール 〜THE FINAL〜

チケット情報はこちらから

CD情報
2nd Album 『Hey, Girls!』 好評発売中

『Hey, Girls!』ジャケット&収録内容はこちらから  >

ダウンロードやストリーミングはこちらから

舞台情報

2019年6月再演、ミュージカル『リューン〜 風の魔法と滅びの剣〜』に浜崎香帆の出演が決定!

【スタッフ】
作:篠原久美子
作詞:森雪之丞
音楽:和田俊輔
演出:ウォーリー木下

【出演】
藤原丈一郎(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
大橋和也(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
ダイアモンド☆ユカイ
溝口琢矢
浜崎香帆(東京パフォーマンスドール)
原田優一
まりゑ
遠藤瑠美子
ダンドイ舞莉花
木村晶子
吉高志音
立川真也・藤居克文・高橋徹(くるくるシルク)
泉見洋平
春風ひとみ
大澄賢也

【公演日程】
2019年

神奈川公演(プレビュー公演)
6月1日(土)〜2日(日)
相模女子大学グリーンホール

東京公演
6月5日(水)〜9日(日)
日本青年館 大ホール

大阪公演
6月19日(水)〜23日(日)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

金沢公演
6月26日(水)
金沢歌劇座

刈谷公演
6月29日(土)〜30日(日)
刈谷市総合文化センター

久留米公演
7月3日(水)
久留米シティプラザ

広島公演
7月5日(金)〜6日(土)
上野学園ホール

公演オフィシャルHP

東京パフォーマンスドール関連リンク


公式サイト
公式YouTube
公式Twitter
公式LINE
公式Instagram

・高嶋菜七(リーダー)/1996年12月31日生まれ/O型/兵庫県出身
Twitter
・上西星来/1996年8月14日生まれ/A型/愛知県出身/Ray専属モデル/NHK Eテレ「俳句さく咲く!」レギュラー出演中/「赤の流星」メンバー
Twitter
Instagram
・櫻井紗季/1997年3月8日生まれ/A型/山口県出身/NHK Eテレ「俳句さく咲く!」レギュラー出演中
Twitter
・浜崎香帆(サブリーダー)/1997年5月2日生まれ/A型/福岡県出身/日本テレビ「ZIP!」レギュラー出演中
Twitter
Instagram
・脇あかり/1998年1月24日生まれ/A型/大分県出身/ツーリズム別府大使/SHOWROOMレギュラー出演中/「赤の流星」メンバー
Twitter
・橘二葉/1999年3月5日生まれ/A型/和歌山県出身
Instagram


関連キーワード