エモロックなかっこよさ、ポップな可愛さの2面性をあわせ持つ、2019年最強アイドルと呼び声高い「神使轟く、激情の如く。」。活動2週年にあたる2019年9月30日(月)にZeppダイバーシティ東京でのワンマンライブ『神激2周年- 神時代到来〜God make nova〜』を発表した。

超有名グループが同士がくっついたわけでもなく、まったくもって無名でグループデビューしたのが約1年半前。彼女たちにしてみれば、驚異的なスピードでのステージとなるが、すこしその軌跡を追ってみよう。

圧倒的なパフォーマンスでグループデビュー

2017年9月30日、TwinBox AKIHABARAワンマンでグループデビューを果たした。ロックをベースに転調をおりまぜた質の高いオリジナル楽曲に、マニピュレーターをつけた彼女たちのパフォーマンスは観客を圧倒した。

それは、まるでひとつのミュージカルをみたような錯覚をおぼえる完成度の高いライブパフォーマンスだったのだ。またたく間に噂が広がり、着実に神者(しんじゃ)と呼ばれるファンが増えていく。

全国に名を轟かせたサキドルエース史上初の2連覇

神激の大きな転機は週刊ヤングジャンプが主催するサキドルエースだ。メンバーの生牡蠣いもこ(イクッガキ イモコ)が同コンテストSEASON8にエントリー。見事グランプリを獲得し、週刊ヤングジャンプの表紙を飾ることになる。

これをきっかけに「神使轟く、激情の如く。」というアイドルとは思えないネーミングが全国区となり、地方のアイドルファンも駆けつけるようになった。

一気に名前が広がった神激は、結成から半年で「ギュウ農フェス春のSP2018」、「アイドル横丁夏祭り!! 2018」、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」、更には日本武道館のイベントにも出演を果たした。

ライブ活動の一方で、バズリズムなどの音楽番組のほかヤングガンガンやBOMBなどのグラビア出演が増え、グラビアアイドルやタレントとしての活動も広がり始める。グラビアアイドルとしては前述の生牡蠣いもこだけでなく、実久里ことの(ジックリ コトノ)がサキドルエースSEASON9で見事グランプリを獲得し、同様に週刊ヤングジャンプの表紙を飾った。

このグループ2連覇はサキドルエース史上初の快挙となり、アイドルファン界隈だけでなく業界を震撼させた。

苦難を乗り越えた800人ワンマン

驚異的なスピードで人気をあげる彼女たちにも苦難はあった。相次ぐメンバーチェンジだ。各メンバーの家庭の事情など仕方のないことではあったが、完成度の高いライブをこなすためにメンバーたちは相当過酷な状況だったはずだ。

しかし彼女たちは、その苦難さえもチャンスに変えた。なんと恵比寿LIQUIDROOMで開催された1周年記念ワンマンを、新体制発表の場に選んだのだ。

当時を振り返り、メンバーは直前まで本当に怖かったと語っているが、そんな心配は微塵も見せない過去最高のライブとなった。神激動員記録を塗り替え、800人を超える神者が一斉にコールをしサークルを作ったのだ。

Zeppダイバーシティ東京ワンマンを開催

着実に動員数を伸ばし、アイドルとして確固たる地位を築きつつある神激が、2周年記念ワンマンに選んだ地は「Zeppダイバーシティ東京」だ。彼女たちには一つの目標があり、この目標のために2019年は非常に大切な1年になると言っている。

驚異的な進化をみせる神使轟く、激情の如く。2周年ワンマンの頃には、名実ともに「2019年最強アイドル」として君臨していることだろう。

2019年ライブ情報

①2019年2月4日 実久里ことの生誕祭
②2019年3月5日 三笠エヴァ生誕祭
③2019年3月19日、21日、22日 生牡蠣いもこ生誕東名阪ツアー(東京/名古屋/大阪)
④2019年4月 ワンマンツアー「神巡り-2019春-」
(仙台/新潟/埼玉/千葉/神奈川/岐阜/名古屋/広島/兵庫/京都/大阪)
⑤2019年9月30日 神激2周年-神時代到来〜God make nova〜
Zeppダイバーシティ東京

関連リンク


特設サイト
公式サイト
Twitter
You Tube


関連キーワード