4月29日、原宿発アイドルグループ・神宿(かみやど)のワンマンライブ「LIVE DAM STADIUM presents 神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜」が東京・豊洲PITにて開催された。

2014年の結成以来5人組で活動してきた神宿だが、今年1月に緑担当の関口なほが勇退。それからはメンバー4人で活動しつつ、緑担当の新メンバーを募集するオーディションを行ってきた。この日のライブは、神宿にとって過去最大キャパでのワンマンライブであると同時に、緑担当の新メンバーを決めるオーディションの最終選考の場でもあった。

ライブは、今年2月に発売されたシングル曲「CONVERSATION FANCY」からスタート。満員の観客からの声援に応えるように「HAPPY PARTY NIGHT」「踊れっ!神宿カーニバル」「Action!」「ほめろ!」と最初から上がる曲で攻め続ける。神宿の原点とも言える初期楽曲「はじまりの鐘を鳴らせ」を挟んで、神宿メンバーはステージ袖へ。

1月13日、関口なほの勇退ライブから始まるムービーを経て、7人のオーディション・ファイナリストが紹介される。ステージ中央の階段から登場したのは石綿なこ、桜木こと、塩見きら、高田もも、辻ゆか、萩田ここ、藤田みゆの7人。7人が歌うのはこのオーディションのテーマ曲「はじまりの合図」。初めてステージに立つ7人だが、ファイナリストが発表されてからのおよそ1ヶ月、しっかりとしたトレーニングを積んできたことが伺える堂々としたパフォーマンスを見せ、途中から神宿メンバーも加わって11人で歌い上げると、観客からは大きな声援が。

ファイナリストの7人と入れ替わり、神宿メンバーが新衣装に着替えて再び登場。「タフ♡ラブ」「憎しみという名の贈り物はあげない」「Ultra Cheer」の3曲に続けて披露したのは「春風Ambitious」。玉屋2060%作詞作曲の「春」をテーマにしたこの日が初お披露目となる新曲だ。サビの振り付けとコールをお客さんと一緒に練習してからのパフォーマンスということで初披露とは思えない一体感のある盛り上がりを見せる。続いて披露したのは「全身全霊ラプソディ」。こちらも3月に初披露されたばかりの新曲で、神宿にとっては初めてラップパートを取り入れた一曲だ。

ここからは再び、オーディションパートへ。7人のファイナリストが1曲ずつ、神宿メンバーとともにパフォーマンスを披露していく。1人目・石綿なこが歌うのは「星空帰り道」、2人目・塩見きらが歌うのは「好きといわせてもらってもいいですか?」、3人目・辻ゆかは「原宿戦隊!神宿レンジャー」、4人目・藤田みゆは「あの娘にばれるような・・・」、5人目・高田ももは「ビ・ビ・ビ♡」、6人目・萩田ここは「Life is やっぱ Beautiful!」、7人目・桜木ことは「Summer Dream」。7曲続けてのパフォーマンス披露が終わると神宿メンバーはステージを降りて特別審査員・関口なほが待つ審査室へ。

およそ10分後、神宿新体制での初ツアー「神宿全国大特典会ツアー 神が宿る場所 ~あらためまして!神宿です。~ supported by TKP」の発表を挟んで、いよいよ審査結果の発表。ステージに登場した神宿メンバー。ステージ中央の階段に注目が集まり、スモークが焚かれる。MC担当の羽島めいが新メンバーの名前を叫ぶ。「塩見きら〜!」。さらに「第二章開幕!」の声に合わせて、「お控えなすって神宿でござる」のイントロが流れると、ステージに降りてきた塩見きらとともに、新たに5人組となった神宿としての初めてのパフォーマンスへ。続けて1月のライブ以来封印していた神宿のテーマ曲「KMYD」を披露する5人。1月のツアーファイナル以来となる「KMYD」の大合唱。一ノ瀬みかの「これが神宿だ!」の叫びとともにライブはエンディングへ。

「神宿の緑の継承者は、塩見きらちゃんに決定しました」と、あらためて新メンバーを紹介する羽島めい。「夢がかなったと思います。もっともっと成長して、みんなに認めてもらえるように、キラキラ輝けるように頑張っていきます」と今後の抱負を語る塩見きら。最後は、メンバーそれぞれが今日のライブを、そして第二章への想いを語る。

関連キーワード