ファン投票を元に選んだベスト盤『d-girls’19』の発売日となる5月3日(金)、d-girlsは発売記念も兼ね、TSUTAYA O-WESTを舞台に単独公演を行った。この日は、d-girlsのワンマン公演の間に挟む形で、桃色革命がゲストで登場。止まることのない流れの中、二部に分けた形でd-girlsの魅力を伝えてくれた。

5人の合唱も飛び出した、d-girlsの前半部公演

最初のブロックは、触れた瞬間に笑顔を導き出す『Smile again』からスタート。杉本よしみの歌声に刺激を受け、気持ちが弾みだす。いや、フロアの人たちは弾むどころか、最初から全力で声を張り上げ、5人へ想いをぶつけていた。満面の笑顔で踊るメンバーたちの表情も、何時も以上に眩しく見えていたのは、それだけ心に輝きが満ちていたから??。「これから向かえる未来への階段を手を繋いで一緒に駆け上がろう」と歌う言葉へ、素直に心の腕を伸ばしたかった。歌のバトンを受け取ったのが、百瀬めい。彼女は、輝きを増した華やかなダンスポップチューン『again』を歌唱。戸惑う気持ちを吹き飛ばし、ここからふたたび挑戦してゆく姿勢を歌ったこの楽曲は、何度も試練に打ちのめされながらも立ち上がるd-girlsの姿と重なって見えてきた。

メンバー全員がソロも担当するd-girlsらしく、次に歌のバトンを手にしたのが、こだま霞。彼女は心ときめくパーティチューン『Platinum party』を歌唱。こだま霞の歌と掛け合いを楽しむ観客たち。彼女も、会場に生まれた熱狂をとびっきりの笑顔で抱きしめていた。これまでのキラキラとした世界観から色を塗り替えるように、杉本よしみが『Destiny』を力強く歌いだした。気持ちを押し上げるダンスビートに乗せ、彼女は胸の内側に抱いた滾る想いを熱唱。魂の鼓動が高鳴るたびに声量の増す杉本よしみの歌声に触発され、心に熱を覚えずにいれなかった。

勇壮でシンフォニックなサウンドが会場中を支配する。壮大な舞台劇を描くように始まったのが、『stream』。ミュージカルのクライマックスシーンを思い起こす感動と高揚を、杉本よしみと瀬戸千花が歌を繋ぎながら物語を綴れ織る。楽曲に触れている間中、僕らは5人の描きだすドラマに強く魅了されていた。壮大な世界観を、今度は、青空と彼方まで広がる海辺の景色へ塗り変えようか。杉本よしみと瀬戸千花の歌う『natural』が、触れた人たちの心を眩しい世界へ連れ出した。止め処なく沸きだすドキドキとした気持ち。ハートがときめきを吸い込み膨らむたびに、その心は大きなバルーンとなり、やがて空へと舞い上がっていった。『CHANGE THE WORLD』を通し、心の叫びを杉本よしみと瀬戸千花が熱唱。彼女たちがつねにテーマにしてきた、現状を変え、チャンスや夢をつかむ強い意志。胸の内に渦巻く彼女たちの叫び声を、クールでスペイシーな『CHANGE THE WORLD』が後押ししていた。

「輝く夢と希望を信じて走り続ける」、何時でも理想を掲げ駆け続ける彼女たちの心模様を投影するように、杉本よしみと瀬戸千花が『history』を歌いだす。胸弾むダンスポップチューンと未来をつかもうとする確かな意志が重なったとたん、楽曲が眩しい光となって心へ突き刺さった。その輝きの視線を受け止めるたび、5人と一緒に”その先”を見たくなる。未来を信じて笑顔で歌うその笑みを、リアルに変えたい気持ちになっていた。夢や希望を本気で信じて突き進めば、その人自身は輝きを放ちだす。それを、5人が舞台の上で示していた。

前半部最後の曲として披露したのが、ピアノ演奏に合わせ5人で合唱したバラードの『これまでのミチ、今、これからのミチ~540.8km~』。基本、ソロかデュオスタイルで歌うユニットのように、5人で声を合わせ歌うのは、とても珍しいスタイル。切々とした音色の上で、メンバー一人ひとりが歌をリレー。それぞれが今にも心壊れそうな歌声を響かせれば、サビでは5人が想いを一つに重ね合わせ美しいハーモニーを創り出していた。EDM系ダンスユニットのd-girlsとはいえ、歌声で心を揺さぶる力を持っていることを、『これまでのミチ、今、これからのミチ~540.8km~』を通して5人は伝えてくれた。それまで大騒ぎしていた観客たちも、このときだけは、五つの個性を持った歌声の交じり合いにじっと耳を、心を傾けていた。

ここで、ステージは桃色革命へバトンタッチ。熱狂生み出す華やかなライブの熱を受け継ぐように、新衣装に着替えを終えたd-girlsのメンバーたちがふたたび舞台へ姿を現した。

関連キーワード