ライブ配信アイドル『ぺたっ』デビューわずか1週間で渋谷HMVワンマンイベント満員御礼




「画面とリアルをいったりきたり」期待の新人アイドルグループがデビュー

2019年6月後半にステージデビューを果たしたのは、6人組のアイドルグループ「ぺたっ」。

デビュー日は、平日の夕方ど真ん中。にも関わらず、20名を超える動員を叩き出したのは大注目すべきだろう。

彼女達は、ライブ配信アイドル = 通称”ライドル”として、毎日のようにインターネットを通してファンと熱いコミュニケーションを交わすアイドルグループだ。

「画面とリアルをいったりきたり」

そんなコンセプトを体現するかのように、6月29日、デビュー後わずか約1週間のタイミングで渋谷HMVイベントでワンマンイベントを開催した。

全国津々浦々から集まったファンの熱気に溢れかる会場。そんな熱いイベントは、赤色担当の猫目が印象的な「朱峰さな」の言葉からはじまる。

どこかあどけなさの残る愛くるしい表情で彼女が語ったのは、感謝の言葉だった。

そもそもこのイベント開催の経緯は、とある配信アプリのイベントで彼女が優勝したこと。つまりファンの支えがあって開催ができたのだ。ファンの直接の応援が、飛躍を遂げさせる強い可能性を秘めているのは“ライドル”の「ぺたっ」ならではかもしれない。

その後、それぞれのメンバーカラーを基調とした鮮やかでPOPな衣装に身を包み、弾けんばかりの笑顔で、メンバー全力のパフォーマンス、ミニライブが行われた。

ミニライブは、デビュー以来、リアルなステージでしか披露されてこなかったオリジナル楽曲だったが、このイベントで初めてライブ配信アプリでも中継された。これまで事情により来場できないファンにとっては初お披露目となり、眉唾物のライブ配信となっただろう。

そして全てパフォーマンスを終え、メンバー、ファンともにボルテージが最高潮に達した瞬間、突如運営スタッフがステージに乱入。まさかのサプライズ重大発表が発表された。

アイドルの常識を覆す重大発表

スタッフから手渡されたのは、「封筒」、そして「体重計」。黄色担当、ぺたっのリーダーである「夕希なこ」が恐る恐る封筒を開けると手紙とマジックペンが1本、白紙の紙が6枚。

手紙の内容は以下の通りだ。

  1. すみやかに全員この場で体重を計測しせよ。
  2. メンバー全員の合計体重を公表せよ。
  3. 9月1週目までにメンバー合計で-30kgを達成せよ。

女性にとってはある種の公開処刑とも言える体重公開。アイドルという希望と幻想を振りまく存在ならなおさらだ。当然のごとくメンバーからは悲鳴があがる。

だがそれは、数刻後には歓喜の悲鳴にもなることとなった。

「このプロジェクトを達成した場合、ぺたっ完全オリジナルのオーダーメイド衣装の製作を決定する」デビューしたてのアイドルにとって衣装は特別なものだ。

オートクチュールのオーダメイド衣装となれば1着10万円を超えるものもざらで、一種トップのアイドルにしか許さないステータスかもしれない。

この発表の瞬間、彼女達の目には再度力が宿り、数時間後には、彼女達全員のTwitterに減量の決意表明が綴られていた。

ライブ配信アイドル兼ダイエットアイドル!?

「ぺたっ」は2つの”LIVE”活動を連動させ、新しいアイドル像= “ライドル”として世界中に最高の笑顔を届けていくとのこと。

イベントで公開された現状の体重および目標体重は、ぜひ彼女達のTwitterをフォローして確認してみてほしい。その他今後の進捗は、Twitterやライブ会場で毎週測定、公表されるそうだ。

何者でもなかった彼女たちが、全力でアイドル道を駆け上がるサクセスストーリー(および体重)を見守ってみてはいかがだろうか?

関連リンク


ぺたっ 公式サイト
ぺたっTwitter

関連キーワード