もっと見る >

2019年7月2日、天晴れ!原宿が「3周年記念ワンマンライブ~この先へ~」を渋谷CLUB QUATTROで開催した。

この日は、2016年7月2日のお披露目からちょうど3周年の記念すべき日だった。

天晴れ!原宿は、9月18日にキングレコードから「あっぱれサマーっ!!」をリリースし、3回のメジャー・デビューを果たすことも決定しており、会場には天晴れ!原宿の3周年と新たな展開を祝うため、多数のファンが詰めかけていた。

SEが流れると、ファンの大歓声のなか、巨大な招き猫の置かれたステージにメンバーが登場。ステージには、誕生日パーティーを模した飾りつけも施されていた。

3周年ライブは「虹をかけろ!」とファンの激しいコールで幕を開けた。2016年から歌われてきた「アッパレルヤ!!」や「アイネクライネ幼き恋だね」のイントロが流れると、ファンの歓声は限りなく雄叫びに近いものとなった。

MCを挟んで、天晴れ!原宿が最初期から歌ってきた「ハジマリのアイズ」へ。「超絶スーパーLOVE!」「Our Music」「幽玄テリトリー」と、初期の楽曲が立て続けに披露された。

そしてサプライズで、村カワ基成の作詞作曲による新曲「えいりあん・えいりあん」が初披露された。

村カワ基成は、BABYMETALの「ド・キ・ド・キ☆モーニング」の作編曲でも知られている作家だ。「えいりあん・えいりあん」は、「あっぱれサマーっ!!」のカップリングとして収録される。

藍井すずの「もっと熱くなりたい!」という煽りから、2019年5月に日本コロムビアからリリースされた2回目のメジャー・デビュー・シングル「アッパライナ」へ。「カラフルミラクルディスカバリー」に続く「キミだけのワンダーランド」では、天晴れ!原宿のステージ上の動きに合わせて、ファンも一斉にフロアを右に左に動いた。

そして「汽水ガール」、2017年にOTODAMA RECORDSからリリースされた1回目のメジャー・デビュー・シングル「君の眼球ごし救いたまえアイドルよ」では、しっかりとした歌声も響かせた。

次のページ

感動のMC、涙ぐむ場面も。。。

関連キーワード