大人気女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルで、映画『~harajuku story~ヌヌ子の聖★戦』(2018年冬公開)で映画“初”主演を務める、モデル・久間田琳加(くまだ・りんか/17)が出演するテレビCM映像が“初”解禁となった。

今回解禁となった映像は、川島海荷や内田理央、稲葉友、古畑星夏、宮沢氷魚、久間田琳加など、活躍めまぐるしい若手タレントが多数所属する、芸能プロダクション・レプロエンタテインメントが開催する、10年ぶりの全国オーディション「2018年度放課後レプロ部」のCM。

CMは、学校に放課後を告げるチャイムが鳴り渡る中、制服姿の久間田が教室で黒板に落書きをしたり、窓から外を眺めたりする場面から始まる。

現役女子高生らしく、かわいらしい笑顔を見せる久間田が振り返ると、場面は一点してモデルの撮影現場に。

白のドレスに身を包み、大人びたメイクを施した久間田は、プロのモデルとして撮影を順調にこなしていく。

“放課後は「みんなの知らない私」になる”

というキャッチコピーのように、「高校生」の久間田琳加と「モデル」の久間田琳加のギャップが表現されている。

「高校生」の久間田も「モデル」の久間田もどちらも魅力的に描かれており、久間田の可愛らしさだけでなく、カッコ良さを感じられる映像となっている。

久間田琳加出演「放課後レプロ部」CM

全国オーディション「2018年度放課後レプロ部について

同オーディションは、“放課後の部活”をコンセプトに、俳優/女優・タレント・モデル・アーティストなど芸能界を目指す、10〜18歳の男女を全国47都道府県から募集。

入部を希望する者は、誰でも簡単に応募することができる。

合格後はレプロエンタテインメントに所属し、レプロ部の部員として、デビューまでしっかりとした育成を受けることができる。

学校の勉強・部活などとの両立も可能で、部費などの費用は一切かからない。

また、特徴的なのは、書類審査後の面接方法。

なんと、審査スタッフが通過者に会うために全国各地に出向くという、異例の審査方法となっている。

さらに、オーディション合格者には副賞として、総額賞金100万円が贈られるなど、入部希望者にとことん優しいオーディションとなっている。

「放課後レプロ部」に少しでも興味のある人は是非、一度応募してみてはいかがだろうか。

応募締め切りは2018年3月31日までとなっている。

関連リンク


関連キーワード