2018年4月25日(水)に発売する乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』のMusic Videoが遂に公開となった。

撮影は3月中旬に、長野県にある建築家・三澤文子氏がデザインした木造作品で敢行。偶然の一致を意味する“シンクロニシティ”を、ダンスやフォーメーション、一人一人の表情などで表現する事がコンセプトとなっており、笑顔のメンバーもいれば、無言や話しているメンバー、急に歩いたり止まるメンバーなどがいる中で、“ある瞬間、全てが偶然一致する”というMVに仕上がっている。

メンバーは全編裸足で踊り、床がコンクリート、外が大雨の中で撮影が始まった瞬間、全員が足の冷たさに悲鳴をあげ、撮影現場にはジェットヒーターの他に足湯が準備されたというエピソードも。

2017年のNHK「紅白歌合戦」のオープニング映像や、乃木坂46では『制服のマネキン』『扇風機』『孤独兄弟』のMVを演出した映像ディレクター:池田一真氏を監督に迎え、昨年の日本レコード大賞受賞曲『インフルエンサー』の振付を手掛けたSeishiro氏が、この作品の振付を手掛けた所にも注目だ。

新生活が始まったこの時期に、不安を抱えていたとしても、必ず誰かとシンクロしていて、必ず誰かと共感しているはず。この楽曲やMVが様々な人に勇気を与える作品になる事は間違いなさそうだ。

乃木坂46 『シンクロニシティ』ミュージックビデオ

関連リンク


関連キーワード