おすすめのアイドル5選 今話題のアイドルをピックアップ

タイトルの通り、今旬のアイドルグループを紹介していこうと思う。数あるグループの中、今回は5組に絞らせていただいた。

「最近アイドルに興味がある」という方や、「アイドル入門」としてぜひ参考にしていただけたらと思う。

※ランキング形式ではなく、当メディア独断で5組のアイドルグループを紹介しております。

東京パフォーマンスドール(略称:TPD)

篠原涼子、EAST END×YURIの市井由理、 穴井夕子などを輩出した伝説のグループ・ 東京パフォーマンスドール(通称:TPD)が、約17年の時を経て、2013年6月19日、全国8,800人の中から選びぬかれた新メンバーで復活。初代TPDは、 多人数でスタイリッシュに歌って踊る女性アイドルグループのスタイルを、日本の音楽史上において初めて確立された。

メンバーは、高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、飯田桜子、 神宮沙紀、小林晏夕、橘二葉の9名で活動。

3月14日にリリースされた6thシングル「TRICK U」はランキング上位に食い込むほどの人気曲となっている。

『少女から大人へと変貌するTPDが小悪魔な女性に扮し、男性たちを誘惑していく挑発的で刺激的な楽曲』に仕上がっているとのことだ。

また、サブリーダーも務めるメンバーの浜崎香帆が、日本テレビ系情報エンタテインメント番組「ZIP!」のレギュラー出演が決定したことは記憶に新しい。

「TRICK U」ミュージックビデオ

  • 2013年6月に新メンバーで再誕したTPD。
  • 2014年6月にSg「BRAND NEW STORY」でCDデビューし、MCを挟まずに繰り広げる歌とダンスのノンストップパフォーマンスダンスサミット公演を精力的に展開。数々の衣装の早着替えや、照明などの最新舞台装置と呼応した美しいフォーメーションダンス、そして攻撃的な楽曲にドラマティックで演劇性のあるパフォーマンスなど、ハードでエモーショナルな総合エンターテインメントが話題に。
  • 2017年3月には、グループ史上最大規模となった初の中野サンプラザ公演を成功させた。9月にリリースしたミニアルバム「Summer Glitter」が初のオリコンデイリーチャート1位、週間でもTOP10入りを果たす。

さらに、新たなプロジェクトとして、グループ内派生ユニット【赤の流星】(上西星来、脇あかり)や【ぐーちょきぱー】(櫻井紗季、飯田桜子、神宮沙紀)の活動もスタートした。

赤の流星は、上西星来と脇あかりの二人組ユニットで、先日4月1日(日)に東京・AKIBAカルチャーズ劇場にて、待望のファーストワンマンライブ「〜あなたに逢いましょう〜」を開催し、会場を熱狂させた。

また、ぐーちょきぱーは杉本屋製菓まけんグミの公式アンバサダーを務める。さらに、昨日4月8日、青山RiZM(東京都) にて初のワンマンライブ「ろっく・ぺーぱー・シーザーサラダ 〜クルトンを添えて〜 supported by まけんグミ」を開催。ぐーちょきぱーならではのバラエティに富んだユニークな内容で大盛況となった。

飯田桜子、神宮沙紀、小林晏夕の3名が、一身上の都合により電撃卒業。4月19日(木)の「ダンスサミット2018」の公演をもって、東京パフォーマンスドールを卒業するはこびとなった。4月19日(木)より、6人での新体制となった。

関連リンク:東京パフォーマンスドール公式サイト

ベイビーレイズJAPAN

2012年9月、5人組アイドルユニット「ベイビーレイズ」 としてメジャーデビュー。2年間で日本武道館ワンマンライブを実現させなければ解散という 「公約」のもと活動をスタートさせた。

精力的なチラシ配りや路上ライブなどを経て徐々にファンを獲得し 、2013年8月のSHIBUYA O-EASTでのワンマンライブでは1000人を動員。順風満帆な活動ではあったが「公約」である2年が迫るもライブ動 員が追いつかず、 解散回避のためメンバー自ら日本武道館公演実現のために1387 2名の署名を集める事態となり、2014年12月に悲願の日本武 道館ワンマンライブを実現。

しかし、会場動員数は5500人に留まり、 日本武道館を満員にすることは出来なかった。

そのため、2年間活動してきたグループ名「ベイビーレイズ」を「 ベイビーレイズJAPAN」に改名し、今も精力的に活動している。

先日発表となったが、日比谷野音での待望のワンマン公演『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』を開催することが発表された。

「僕らはここにいる」ミュージックビデオ

関連リンク:オフィシャルファンクラブ「吾輩は虎である」

神使轟く、激情の如く。(神激)

王道アイドル的要素+変則的な曲展開+熱いライブパフォーマンスで、結成半年ながら人気急上昇中の5人組アイドルグループ「神使轟く、激情の如く。」(しんしとどろく、げきじょうのごとく。)。

2017年9月30日TwinBoxGarageワンマンにてデビューを飾った。

結成して間もないにも関わらず動員はどんどん増えていき、9月27日(木)恵比寿LIQUIDROOMにてワンマン公演が決定した。今、最も勢いのあるアイドルグループだ。

「神激」(しんげき)の愛称で知られる彼女たちだが、神激の絶対エース生牡蠣いもこ(イクッがきいもこ)が、3月22日発売の「週刊ヤングジャンプ NO.16」にて表紙&巻頭グラビアを飾ると、ネット上は騒然となり、フォロワーは一気に15000人を突破した。

先日発表された新メンバー加入や、リリース情報、ツアーとワンマンなどの『神激天命5大任務』の詳細が気になるところだ。神激の魅力を120%体感するためにはワンマンライブがおすすめだ。

「Rainy」ミュージック・ビデオ

関連リンク:神使轟く、激情の如く。 公式サイト

夢みるアドレセンス(略称:夢アド)

人気ティーンファッション誌モデルを中心に、荻野可鈴、 山田朱莉、志田友美、小林れい、京佳の5人で2012年にグループを結成。

2015年3月にシングル『Bye Bye My Days』でソニー・ ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャーデビュー。

2017年12月18日、新メンバーオーディション「なれんの! ?夢アド!?」最終候補生14名の中から、水無瀬ゆき、 山口はのん、山下彩耶が新メンバーとして加入。

「カワイイだけじゃダメなんですか!?」をキャッチコピーに、 顔面偏差値も高い。

2018年は7人体制でさらなる飛躍を目指す。

3月14日に発売された『桜』は、ORANGE RANGEのNAOTOがプロデュースしており、聴くと元気が出て踊りたくなるお祭りソングとなっている。

また、『桜』のミュージックビデオは、全カットがスマホで撮影されているタテ動画となっており、およそ半分はメンバーの自撮りで構成されている新感覚MV。夢アドメンバーのビジュアルを思う存分に楽しめる作品となっている。

2018年5月24日(木)には、夢みるアドレセンスが主催するツーマンライブ『YUMELIVE DEATH MATCH supported by 激ロック』が東京・渋谷WWW Xで行われる。記念すべきVOL.01には、Xmas Eileen(クリスマスアイリーン)が登場する。こちらも合せてチェックしていただきたい。

『桜』ミュージックビデオ

関連リンク:夢アド オフィシャルサイト

神宿(かみやど)

神宿は、2014年に結成された原宿発の五人組アイドルユニット 。

所属レーベルはタワーレコードと神宿のコラボレーベル「神塔」。

グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。

神宿(KMYD)の頭文字

K=KAWAII(可愛い!)

M=MAX(全力!)

Y=YELL(応援!)

D=DREAM(夢!)

を届けるため原宿を拠点に活動している。

5月9日(水)にリリースされる新曲「HAPPY PARTY NIGHT」が、カラオケ・ビッグエコーの「パーティーコース」応援ソングになったりと幅広く活動されている。

また、先日発表となった日本最大級の無料チャリティーフェス「COMING KOBE18」に出演すること決定している。「COMING KOBE18」は入場無料だが、入場には無料入場券が必要なので注意していただきたい。詳細はこちらのページから

さらに、神宿はTOKYO IDOL FESTIVAL 2018(TIF2018)の出演が決定している。TIF2018は、実力派のアイドルグループが19組ラインナップされた。

「HAPPY PARTY NIGHT」ミュージックビデオ

関連リンク:神宿 公式サイト