渋谷で終電を逃した女の子たちが暇つぶしに結成した…。というコンセプトの4人組のアイドルグループ 『始発待ちアンダーグラウンド』。

そんな始発待ちアンダーグラウンドの新曲、『夜の終わりに』のMVが公開された。

 

『夜の終わりに』MV

監督は映画『サラバ静寂』、『黒い暴動♥』 などの監督である宇賀那健一。作詞はラッパーのGOMESS、作曲を「THE JOHN’S GUERRILLA」、「BABYLON PANIC」、「ALI」 等で活躍する若手ミュージシャンの今村怜央が担当致します。

GOMESSコメントでは、

「詩は人である。故に人は詩を選び、詩もまた人を選ぶ。 この詩が、彼女達の瞳の色に合えば幸い。 四人共にその瞳は力強く、闇のように透明だ。 その奥にはどんなものが見えるのだろうか。期待や不安、 きっと裏切れられる夜と、そして来る朝…。 最後の最後で静寂を切り裂くように叫ぶ姿に意味はあるのか。 その瞳で、見せてください。夜を越えて、朝を超えて、 ずっと先の夜に。楽しみにしています。」

関連リンク


【メンバーTwitterアカウント】

関連キーワード