生駒里奈、乃木坂46としてのラストステージ「最高のメンバーに出会えて本当に良かった」

本日5月6日、千葉・幕張メッセにて開催中の『乃木坂46 20thシングル「シンクロニシティ」発売記念 全国握手会』のミニライブにて、生駒里奈が乃木坂46としてのラストステージを飾った。

先日4月22日(日)、日本武道館にて乃木坂46“生駒里奈 卒業コンサート”が行われ、動員数1万2千人とチケット倍率が30倍にもなる伝説のライブとなったのは記憶に新しい。

また、発売して1週間で自身初となるミリオンセールスを突破した最新シングルだけに、会場には、乃木坂46の全国握手会では過去最高となる約3万5,000人が来場の大盛り上がりとなった。

ミニライブ終了後、メンバーから花束を渡された生駒里奈は、

「乃木坂46に入り、最高のメンバーに出会えて本当に良かった。これから私はひとりになりますが、ここにいる皆さん(オーディエンス)は、これからも乃木坂46を応援し続けてください!」

とコメント。

最後までグループの健闘を称え、乃木坂46を卒業した生駒里奈。今後の活躍にも注目だ。

関連リンク


Ads by Google