横浜アリで1万3千人が熱狂!EXO-CBX(エクソ)初の全国アリーナツアー開幕

EXOのメンバー、チェン・ベクヒョン・シウミンの3名によるユニット“EXO-CBX”(エクソチェンベクシ)の、初めての全国アリーナツアーが5月11日横浜アリーナのステージで幕を開けた。

EXOは、2018年平昌冬季オリンピックの閉幕式に登場し、圧巻のステージで平昌冬季オリンピックの最後の夜を締めくくったことも記憶に新しい。

日本においても、2018年1月31日発売の日本1stアルバム「COUNTDOWN」が、オリコン週間ランキング1位を獲得。

デビューシングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」でも当時海外アーティスト史上最高記録で首位を獲得し、海外グループ史上初の1stシングル、1stアルバムの双方での初登場1位という快挙を達成、3度のツアーでドーム公演を開催するなど人気を誇っている。

EXOとしてライブは行っていたものの、今回EXO-CBXとして3人で初のツアーのため、
オープニングから会場の熱気は異様なまで高まり、メンバーが姿を現すと一気に悲鳴にもにた歓声とともに爆発した。

EXO-CBXは5月9日に発売されたフルアルバム「MAGIC」の収録曲を中心に披露、観客をEXO-CBXがつくる世界へ見事に引き込んだ。

MCでは「EXOとしてはみなさんに会っていたけど、EXO-CBXとしてみなさんに会えてとても嬉しい」

とEXO-CBXとして初のツアーができることに感謝の言葉を述べた。

EXO-CBXの全国アリーナツアーは、横浜アリーナ3DAYを皮切りに、今後、福岡、名古屋、大阪と全国4都市8公演で8万人を動員する予定だ。

5月9日に発売された日本1stフルアルバム「MAGIC」が発売日にオリコンデイリーアルバムランキング1位に輝くなど、EXO-CBXとしても勢いを増す彼らの活躍から目が離せない。

関連リンク


Ads by Google