名古屋・栄を拠点に活動をするアイドルグループ・SKE48が、2018年5月27日、日本ガイシホールで行われた22ndシングル「無意識の色」(通常盤)全国握手会のミニライブのMCで7月4日にリリースされる、SKE48最新シングルのタイトルを発表した。

日本ガイシホールには、5,000人のファンが会場を訪れ、午前11時にミニライブはスタート。1曲目「無意識の色」が始まると、会場全体が一体となりSKE48への声援で包まれた。

5曲目「強き者よ」、6曲目「前のめり」を続けてパフォーマンスしたのち、MCでは、高柳明音が「先日、7月4日にSKE48、23枚目のシングルが出るという発表をさせて頂いたんですけれども、タイトルが未定だったじゃないですか。今日、ここでタイトルを発表させてもらいます!」

と話すと、会場からは「待ってました!」と言わんばかりの歓声が鳴り響いた。

高柳が「せーの」というと、ステージ上にいるSKE48全員が「いきなりパンチライン」と声を揃えて発表。

高柳はさらに続けて「パンチラインってどういう意味かと言うと、海外での使い方としては、『いきなりオチを言う』とか、『いきなりオチにつながる』とか、『遠回りしないで、気持ちを伝えようよ』という意味で使われる言葉ですが、これ、略したらどうなるんだろう」と言った瞬間に、菅原茉椰が「パンチラ!」と叫んで会場からは笑いが出る場面も。

ニューシングルのタイトル発表に続いて、北川綾巴から「次の曲は、(AKB48世界選抜)総選挙に向かって、いくぞー!っていう気持ちで歌います!」と話し「夢の階段を上れ!」を歌唱。「夢の階段を上れ!」の歌唱中には、それぞれのメンバーがAKB48世界選抜総選挙に向けての決意を書いたフィリップを持って登場した。

最後に、ステージ両サイドに構える大型モニターには「速報」という文字が映し出され、そこには大きく「SKE48×中日ドラゴンズ コラボ番組始動」が映し出された。

日高優月が初MCを務めることと、日高と共に進行を務めるのはスピードワゴンの井戸田潤であることが発表され、その発表を受けて、ステージ上では、メンバーから日高に「おめでとう!」と声が掛けられた。

日高は「いつもは端っこにいる私が遂に、MCを務めさせて頂くことになりました。本当に夢のような番組で、3回、4回と続けていきたいですし、名古屋がもっともっと盛り上がるように、私のMCが成長してくように頑張りたいと思います」と決意を述べ、ミニライブを締めくくった。

【商品情報】
SKE48
23rdシングル「いきなりパンチライン」
選抜メンバー
チームS
北川綾巴、松井珠理奈

チームKII
江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、⾼柳明音、⽵内彩姫、⽇⾼優月、古畑奈和

チームE
鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里

<ミニライブセットリスト>
1.overture
2.無意識の色
3.Becauseどっちつかず
4.ぼっちでスキップ
5.触らぬロマンス
6.強き者よ
7.前のめり
8.夢の階段を上れ!

関連リンク


関連キーワード