女子中高生に絶大な人気を誇る、「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルの久間田琳加(くまだ・りんか/17)と、ラップ系アーティスト・吉田凜音(よしだ・りんね/17)がダブル主演を務める、映画『ヌヌ子の聖★戦~harajuku story~』が、iTunesソング・チャート洋楽1位、iTunes ダンス・チャート1位、LINE MUSICソング・チャート1位を獲得する等、現在世界中の音楽シーンで大ブレイク中の、ジョナス・ブルーの最新曲「ライズ feat.ジャック&ジャック」とコラボすることが明らかになった。

この度解禁された映像は、日本のファッション&カルチャーを代表する、“原宿”を舞台にした映画『ヌヌ子の聖★戦~harajuku story~』の劇中カットが大々的に使用された、日本限定のコラボレーション・ムービー。映画の本編シーンの“初”出しカットがふんだんに使用されている、必見の映像だ。

本作の歌詞に登場する「仲間と一緒に頂点を目指し、昇っていく」というテーマと、映画のテーマが見事にマッチし、本タイアップが実現した。ジョナス・ブルーも「このタイアップを通して、この映画や出演者の皆さんのファンの皆様に僕の音楽が届くことを嬉しく思う」と期待のコメントを寄せている。

ジョナス・ブルーは、イギリス出身のDJ/プロデューサー。2015年にファースト・シングル「ファースト・カー feat. ダコタ」でデビュー。「パーフェクト・ストレンジャーズ feat. JP.クーパー」、「ママ feat. ウィリアム・シンジ」等、世界的ヒット楽曲を多数持ち、現代のダンス・ミュージックシーンにおいて、最重要DJ/プロデューサーの一人だ。

最新曲「ライズ feat.ジャック&ジャック」

最新曲「ライズ feat.ジャック&ジャック」 は、動画投稿アプリVineから火がついた8500万人のフォロワーをSNS上に持つ、アメリカ出身のポップ・デュオ、ジャック&ジャックをフィーチャリング。印象的なイントロのフルート、ジョナス・ブルー節のピアノ、そしてどこか哀愁感を感じさせるダンス・トラックに仕上がっている。

2018年最大級の洋楽ヒット、“夏空”に向かってアガリ続ける映像は必見。一度聞いたら耳に残る音楽と、目に焼きつく映像からは目が離せない。ジョナス・ブルーは先日発表されたULTRA JAPAN 2018への出演も決定しており、9月に再来日する予定。

久間田琳加コメント
ジョナス・ブルーさんの、Mamaという曲を聴いていたのと、Riseも街中で流れているのをよく聴いていたので、コラボできるお話をいただいた時は信じられないくらい嬉しかったです。夏にぴったりな曲ですよね!映画の映像もいち早く観ていただけるのでぜひチェックして欲しいです!お願いします!

吉田凜音コメント
私も、音楽活動をしているので世界的なアーティストのMVとヌヌ子がコラボすると聞いた時はただただ驚きでした!最高です!!嬉しいです!!これがきっかけで映画に興味を持っていただけたり、私の音楽も聴いていただける方が増えると嬉しいです。みなさん「ライズ feat. ジャック&ジャック」最高にのれる曲なので聴いてください!

ジョナス・ブルー公式HP

映画『ヌヌ子の聖★戦〜harajuku story〜』公式HP

【あらすじ】

夢に向かって絶対に諦めない不屈の精神をもったオシャレが大好きな女子大生・田原葵(たばら・あおい)と超現代っ子!誰もが振り返る、容姿端麗・現実主義な読者モデル・三好里奈(みよし・りな)を主人公とした物語。「双子」ではなく、通称「ヌヌ子」として活動する2人は、双子のように仲良しでお互いのコトを理解しているつもり。

しかし、お互いの「夢」「希望」「不安」「悩み」から、2人の中にすれ違いが生じてしまう。ツインズ・双子コーデといったファッションカルチャーが生まれる“原宿”を舞台に、“原宿”を愛する2人の女の子、“原宿”ファッションのカルチャーにフォーカスした作品。

関連リンク


 

関連キーワード