ヴィジュアル系バンド「彩冷える(アヤビエ)」のヴォーカリスト葵のソロプロジェクト“葵-168-(アオイワンシックスティエイト)”がレコード会社を移籍し、9/26(水)にミニアルバム「ニュークラシック」を発売する。

2010 年のソロ活動スタート以来、名義を変えながら進化を続け、様々な楽曲で多様な魅力を発信してきた葵。CD としては2014 年にシングル「必要惡」を発売後、実に4年半ぶり待望のリリースとなる。レコーディングでは葵-168-のサポートメンバーとしても活動するsebastian(BULLZEICHEN88)、NAOKI(ex-Kagrra,/FANTASISTA)、YUKI(Versailles)らも参加し、ライブでのグルーヴ感など総じてバンドサウンドを堪能できる仕上がりに。

以前、葵-168-のコメントでは、「僕の音楽人生において、最高傑作になります。」と評している。

そんな話題になるであろう葵-168-にインタビューさせていただいた。今作のアルバムの聞きどころなど伺うとしよう。

――初めまして、葵-168-さん(以下、葵)宜しくお願いします。まず、初登場と言うことで、簡単な自己紹介をお願い致します。


彩冷えるのボーカリストで葵-168-というソロプロジェクトをやっている葵です。…とってもややこしい感じがしますが、やってる音楽は正直でキャッチーでラブリーです。

――ありがとうございます。葵-168-の「168(ワンシックスティエイト)」の意味は?


以前、趣味の一環として中国占星術を勉強したのですが、そこで縁起の良いとされていた数字が「1.4.6.8」の4つでした。日本では”4=死を連想する”というネガティブな意見もあることからその4を取り除き168という数字を用いたプロジェクト名をつけました。

あと、僕の身長が168cmという理由もあったりします。

――葵さんといえば「彩冷える(アヤビエ)」のヴォーカリスト。遂に今年活動を再開し、5月に7年半振りのワンマンライブも行われました。来年1月12日にはZepp Tokyo公演も決定していますね?


はい。僕らにとって節目のタイミングで使っていた大切な言葉「Virgin Snow Color」そしてサブタイトルが「-Final Season-」と意味深な言葉を表題に使っているためファンの皆さんを騒がせてしまっているようですが「Virgin Snow Color」という言葉を使うタイミングはいつもどんな時だったかを思い出してくれたらきっと答えはすぐわかると思います。大切な皆さんにこそわかるように選んだ言葉です。その言葉が表すようなライブになると思います。

――バンドでの活動と、ソロプロジェクトでの活動の違いはどんなところにあると思いますか?


一番痛感したのは責任感でしょうか。バンドの中に入ると僕が最年長ということもありメンバー5人の意見を汲み取りながら一番ベターな着地点を探そうとするのですが、性格も関係しているのかどうしても自分を後回しにして他の人の意見を尊重しようとする癖がついてしまっていて、ソロを始めた頃は自分の意見を突き通すことがなかなかできず、どこかで寄りかかれるような誰かの意見を求めてしまう自分がいました。

今作「ニュークラシック」は少しでも違和感があったら改善して、100%の意向だけを突き通した作品ですので今までの音楽人生において最高傑作に仕上がってると思います。

――4年半ぶりにリリースとなる待望のミニアルバム「ニュークラシック」。どのようなアルバムに仕上がったのでしょうか?また、今の心境はいかがですか?


僕が音楽の道を本格的に志した頃にやっていたバンドMASK、僕の声に輝きをくれたアヤビエ、メジャーデビューをして経験したことのない世界をたくさん見せてくれた彩冷える。葛藤や不安と共に始まったソロワークを最初から支えてくれていた作家の渡辺拓也さん。そのそれぞれの時代を共に闘ってきたコンポーザーの方々に”当時の葵”と”今の葵”をイメージしながら曲を書いてもらっているのですが、その曲それぞれの持つ表情に懐かしさと新しさが溢れていて今の僕を表してくれるアルバムに仕上がりました。

心境としては「やっとみんなに届けられる」という安心と嬉しさが一番でしょうか。

――MASKの和矛さん、アヤビエの涼平さんなどが楽曲提供をされております。それぞれ違った味が出て、聞きどころ満載ですね。


和矛くんが完成した「魔が刺す」(和矛くんが作曲した曲)を和矛くんがお母さんに聞かせたら「MASK新曲出すの?!」と驚かれたというエピソードがあるくらい当初の味がどの曲にも出ていると思います。昔の僕を知っている人には懐かしさも楽しんでもらえるかと思います。

――11 月からは東名阪ワンマンツアーも開催されます。意気込みを思う存分語って下さい!


アルバム「ニュークラシック」の楽曲たちは1年前くらいからライブで披露していて既にお馴染みになっていますが、冬のツアーからはやっとフロアのみんなも楽曲を聞き込んで参加できる訳だから、逆にみんながどんな世界を見せてくれるのかワクワクしています。そのワクワクをお返しできるような新たな新曲も披露できるように頑張ります。

――ありがとうございました。最後になりますが、ファンの皆さん、新規の方にメッセージをお願いします。


情報が溢れている時代でこうして出会えたことってなかなかない奇跡のようなものだと思います。自分でいうのもなんですが、僕の良さは動画やCDよりも生のライブ空間で一番活かされると思っています。これも何かの縁だと思います。是非一度僕の世界を体感しにライブハウスに会いに来てくれたら嬉しいです。

リリース情報

2018 年9 月26 日(水)発売
ミニアルバム「ニュークラシック」

【初回限定盤】TKCA-74698 ¥2,315+tax
<CD>
1.eureka
2.MUSIC
3.CANDY
4.アザレア
5.水葬
6.魔が刺す
7.ニュークラシック
8.beauty girl(Extra Track)
9.Break out(Extra Track)
10.破軍の時(168 ver.)(Extra Track)

【通常盤】TKCA-74699 ¥1,852+tax
<CD>
1.eureka
2.MUSIC
3.CANDY
4.アザレア
5.水葬
6.魔が刺す
7.ニュークラシック

葵-168-「MUSIC」ミュージックビデオ

葵-168-『ニュークラシック』トレーラー映像

葵-168- winter tour「三角形の解き方」

2018年11月23日(金・祝) 今池GROW
開場 17:00 / 開演 17:30

2018年11月24日(土) 梅田Zeela
開場 17:00 / 開演 17:30

2018年12月01日(土) 渋谷Star lounge
開場 17:00 / 開演 17:30

彩冷える「Virgin Snow Color -Final Season-」
2019年1月12日(土) Zepp Tokyo
開場 16:30 / 開演 17:30

関連リンク


徳間ジャパン アーティストページ
オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter

関連キーワード