お祭り系アイドルユニット、FES☆TIVE(フェスティブ)が、2019年1月16日に通算8枚目となるシングル『ゆらゆらゆらり恋心』をリリースする。インタビュー前編では、結成から現メンバー6人が揃うまでの歩みを振り返ったが、後編では『ゆらゆらゆらり恋心』の収録曲についてはもちろん、新規ファンのために「初めてのFES☆TIVE~まずはこの10曲~」をメンバーに選んでいただいた。MUSIC VIDEOや振り付け動画、ライブ映像を事前にチェックして、是非FES☆TIVEの最大の魅力であるライブに足を運んでいただきたい。

インタビュー/編集:メガホーン編集部

【インタビュー】FES☆TIVE、最強のメンバー6人が揃うまで【前編】

2018.12.24
ニューシングル『ゆらゆらゆらり恋心』の新衣装には秘密が

──さて、今回は2019年1月16日リリースのニューシングル『ゆらゆらゆらり恋心』について伺っていきます。まず新衣装ですが、はっぴをアレンジしたようなお祭り系らしいデザインに加えて、メンバーごとに異なるワッペンがついていますね。

真野彩里愛 これはメンバーそれぞれの好きなものやイメージがワッペンになっています。私のはカップケーキって言われるんですけど「タルト」です。好きな食べ物ということで、前回の衣装にも髪飾りにタルトをつけてもらったんです。

白石ぴあの 私はわかりやすく「ピアノ」のワッペンです。

青葉ひなり 私はFES☆TIVEのむすこ担当なので「哺乳瓶」です(笑)。赤ちゃんみたいに世話がかかるので。なんでむすこなの?って言われますが、女の子らしい赤ちゃんじゃなくて、騒ぐ系なのでむすこで(笑)。そこはこだわってます。

近藤沙瑛子 私は「葉っぱ」です(笑)。抹茶が好きなんですよ。毎日抹茶のものを食べるくらい抹茶が好きで。本当は抹茶なので、急須とかの方が良かったのかなと思ったけど、葉っぱでいこうと。ワッペンを見たファンの方にも葉っぱが好きなの?って言われます(笑)。

土光瑠璃子 私は「ウサギ」です。でも本物のウサギよりキャラクターとかイラストのウサギの方が好きです。あと兎年なのでウサギです。

南茉莉花 私のは「ブタ」です。二郎系のラーメンが好きというのもあって(笑)。二郎系でチャーシューのことをブタって言うんですよ。私キャラクター自体でもブタが好きで。ツイッターでも挨拶があって「おはようございま酢豚(すぶた)」「こんにチャーシュー」「グッドナイ豚(トン)」ってあるんです。ひとりひとりワッペンの下にはメンバーの名前も書いてあるので、世界に1個しかないワッペンです。

──それぞれのワッペンにそんな秘密があったんですね。では楽曲について伺っていきます。まず表題曲の「ゆらゆらゆらり恋心」ですが、「OIDEMASE!! ~極楽~」「大和撫子サンライズ」をさらに進化させたようなFES☆TIVEらしい盛り上がり曲に仕上がりました。ただ歌詞に関して、今回は言葉遊び的だったり、ユーモラスなものではなく、わかりやすくストレートな恋の歌詞になっています。その辺りがちょっと大人っぽいというか新しさを感じたんですが。

青葉ひなり そうですね。今までシングルもいろいろ出してきて、今回はここが新しいというのが毎回あったんですけど、そろそろ8枚目ということで新しいことってできるのかな?って思ってました。今までのFES☆TIVEの曲は、お祭りをテーマにした単語が多かったけど、今回は歌詞がしっかりとして、ストーリーになっているというか。

近藤沙瑛子 この曲はメロとサビのギャップがある曲で、メロはしっとりしてて、それぞれ一番二番でみんな一人で歌うパートがあるんですけど、そこはそれぞれの個性で歌詞もいい歌詞なのでしっとりと歌って。サビはみんなで盛り上がれる振り付けになってると思います。しっとりしているところと、激しく楽しく踊れるところの違いを楽しんでほしいなって思います。

南茉莉花 MVも今までとちょっと違って、今回はそれぞれ役があって、ストーリー性もすごくあって楽しめると思います。歌詞を読んで切なくなったり、サビで明るい気持ちになったりもできますし、セリフのパートもあるし、ダンスがキャッチ―でライブも盛り上がれるので、この曲にすべてをかけたなって気がしてます。

──まさにいいとこどりでありながら、なおかつ新しいと。ちなみに作詞・作曲、編曲が、「OIDEMASE!! ~極楽~」「大和撫子サンライズ」と同じ制作チームですが、毎回サビの歌詞がギュッと詰まってて難易度高めというか、「どうか ひらひらひらりと咲き誇れ」のところとか早口で歌うの大変じゃないですか?

青葉ひなり そうなんです(笑)。「大和撫子サンライズ」の時もレコーディングで「あっぱぱれだな!」が全然言えなくて、普通はレコーディングで何度も録り直すのってソロのところなんですけど、私は圧倒的にサビばっかり録り直して、逆にソロを歌う時間が減るという事件がありました(笑)。

メンバーの中で揺れる「恋心」の行方は

──そして「ゆらゆらゆらり恋心」のMVも衝撃的でした。役柄としては、青葉さんと白石さんは両想いで、真野さんは白石さんに片思い、南さんは青葉さんに片思い、そして近藤さんと土光さんは……。

近藤沙瑛子 ここの二人は両想いかどうかわからないんですよ。観てる人に想像してほしいのが私たちの考えです。

土光瑠璃子 だから私は自分の中に秘めてMVの中ではお芝居をしました。一応設定がピュアなので。

──青葉さん、白石さん、真野さん、南さんの四画関係も表情や演技で、複雑な恋心を見事に表現していると思います。青葉さんと白石さんのキスシーンも話題を呼んでいますが、撮影時の苦労エピソードなどはありますか?

青葉ひなり 私とぴあのは、逆になんでちゃんとキスしたのにそこが使われてないんだ!という(笑)。

白石ぴあの キスしてるの?してないの?って結構言われて(笑)

青葉ひなり 最初はやだ~使われるの?って感じだったけど、逆にガチで演じたからこそもっと使われてくれ~っていう(爆笑)。

白石ぴあの もっと大人なキッスだったよね(笑)。30回くらいしたよね?

青葉ひなり 見せたいわけじゃないけど、ちゃんとしたんだよというのを証明したかった(笑)。長いのだと30~40秒チューしてたのに。

──まあまあ(笑)。MVですから、映像美的にはどっちなんだろう?ってちょっとは謎めいてた方がいいと思いますよ。原稿にはお二人がガチで演じたとちゃんと書いておきますから(笑)。

近藤沙瑛子 チューだったら、私とるりちゃんも距離感が難しかったです。目をつぶってやるんですけど、青葉ちゃんとぴあのちゃんはチューしてもいいけど、私たちはダメだから、薄目でこう見ながら(爆笑)。MVだと目を閉じてるように見えてるけど、実際は薄目なんですよ。薄目でるりちゃんの顔にこう近づいていって……。

土光瑠璃子 やばい!やだやだ(笑)私もさえちゃんがどこらへんまで近づいて来てるかわからないから、めっちゃ怖かったんですよ(笑)。

近藤沙瑛子 薄目でまぶたがプルプルしてるから、監督にもっと目を閉じてくださいとか言われて(笑)。

▼「ゆらゆらゆらり恋心」MV

──本当に見どころ満載のMVですね(笑)。カップリング曲についても伺わせてください。<タイプA>には「Fireworks!!」の流れを組むロックなナンバー「Landmark」が収録されています。

真野彩里愛 「Landmark」はメンバーみんな大好きです!

近藤沙瑛子 今までの曲で「Landmark」が1位に来るくらい好きかも。

──歌詞もこれまでのFES☆TIVEと、これからのFES☆TIVEが描かれているような内容になっています。サビで全員がハモるのも爽快で、未来に向かっていく感じでとても気持ちが良いです。

青葉ひなり 完全にハモリパートがあるのはFES☆TIVEで初めてかもしれないです。レコーディングでハモることはあるんですけど、これはライブでも実際に全員でハモることになると思うので、初めてだと思います。

──<タイプB>に収録されている「ナデシコシンパシー」は、今までになかったタイプのしっとりとしたEDMナンバーです。ウィスパーヴォイスで歌っていますが、レコーディングは苦労しましたか?

青葉ひなり 今までと録り方が全然違って。普通はストレートに声を出したり、極力声は大きい方がいいじゃないですか? でも「ナデシコシンパシー」は逆に声が強すぎるとNGが出ちゃって。どっちかっていうと歌い上げるというより、囁いたり、歌い上げる感じはなかったので難しかったです。

白石ぴあの ぴあのはこの曲が一番歌いやすかった。レコーディングですごいいいね!って褒められて秒で終わりました(笑)。

真野彩里愛 ぴあのちゃんの声質にあってのるかも。私は逆に苦戦しましたね。もうちょっと優しくとか言われましたね。

──他にないタイプの曲なので、ライブで「ナデシコシンパシー」はいいアクセントになると思います。<タイプC>に収録の「アゲアゲ☆センセーション」も今のFES☆TIVEの勢いを表現したような歌詞と曲調で、ライブ映えしそうです。

南茉莉花 私は「アゲアゲ☆センセーション」はちょっと強気な女の子な感じで好きですし、歌詞の「胸を張って(Yeah!) 空高く(Yeah!)」とかYeah!のガヤがレコーディングでめっちゃ楽しかったです。

近藤沙瑛子 私はそのYeah!がめっちゃ苦戦しました。私は棒読みみたいになっちゃって、もうちょっとテンションあげれるかな?って言われて何回も何回もやり直しました。

真野彩里愛 私はYeah!みたいなガヤのコーラス意外と得意なんですよ。でも声が大きいので、マイクから一歩下がってって言われて録りました(笑)。

──「ゆらゆらゆらり恋心」、そしてカップリングの「Landmark」「ナデシコシンパシー」「アゲアゲ☆センセーション」と新曲は4曲とも聴きごたえのある曲ばかりなので、是非全部チェックしてほしいですね。

青葉ひなり そうですね。シングルも8枚目だけどまた新しいFES☆TIVEを見せれることができたので、また次のシングルを出す時に新しいFES☆TIVEを見せていけるんじゃないかなと思いました。


関連キーワード