Kra(景夕/結良)+NoGoD(団長/Kyrie/Sinno/K)=ブリキのサーカス団。彼らは, 3月に行う東名阪ワンマンツアー「サーカスが街にやってくる」を行い、正式に動き出す。互いのバンドの活動の合間を塗ってとなるように,その都度、期間限定という形を取るとはいえ、これからも永続的に続くバンドとしてブリキのサーカス団は始動している。

とはいえ、まだまだ未知数なバンド。そこで今回、ブリキのサーカス団のメンバーインタビューを取ってきた。この言葉たちが,少しでも彼ら魅力をつかむヒントちなってくれたら幸いだ。

長くバンドをやっているからこそ出来ることもいっぱいありますけど、難しいことも必然的に生まれてくるんですよ。それを、この企画でなら出来るんじゃないかと思ったのは大きかった。

――何故、KraとNoGoDが合体しブリキのサーカス団というバンドが立ち上がったのか。みなさん、そこが気になっていると思います。

結良
きっかけは僕です。昨年のNoGoDさんがいろんなサポートベーシストの方を迎えて活動をしていれば、僕もそこに参加した経験があったのと。Kraとしても、ギターとドラムの脱退が決まり、ヴォーカルとベースの2人だけになってしまう。そんなときに、ふっと「うちにギターとドラムが欠けてしまうのか。あっ、そういえばNoGoDにはベースが不在だったな。あれ?、これは一緒に組んだらハイトーンヴォイスの上手いヴォーカル2人が並ぶツインヴォーカルのバンドを組めるじゃん」と思ってしまったのがきっかけでしたね。しかもその時期に、僕がKyrieくんとKくんと舞台の音楽制作面の仕事でふたたび一緒になり、いろんな話をしていたことも大きかった。

Kyrie
前にも3人は同じ舞台の音楽制作面で共演、その縁から今年5月に結良さんにはNoGoDのサポートをお願いした経緯もあったし、ふたたび同じ舞台で共演していたのも確かに大きかったこと。だって、そのときの結良さんの第一声が、「バンドやろうぜ」でしたからね(笑)。

K
その言葉、聴いたね(笑)。

団長
「バンドやろうぜ」って、中高生がバンドを組むときに言う言葉だよ(笑)。

結良
KraもNoGoDも新メンバーの加入予定がなかったように、「2バンドを合体させるなら、今のタイミングだ」と思ったことも、きっかけとしては大きかったなと思う。

――具体的な話を始めたのは何時頃でした?

Kyrie  舞台の再演で共演していたときには話が出ていたから、9月頃?

景夕
9月11日に行ったうちの周年を跨いでの時期に舞台も行われていたので、その辺じゃない?

――だとしても、急な展開ですよね。

団長
急ですよ。そこから、「一度6人だけで集まって話をしよう」ということで集合。そのときに、「本当にやるなら、具体的にどういう形でやりましょうか」という話から始めれば、互いの役割分担などの交通整理をしたり。そういうビジネス的な話もありましたけど、それ以上に、6人とも純粋に「楽しそう」という気持ちのほうが強かったことから、いろんな展開話をしていましたからね。

――団長は、この話を聞いたときにどんな気持ちでした?

団長
長くバンドをやっているからこそ出来ることもいっぱいあるんですけど、難しいことも必然的に生まれてくるんですよ。それを、この企画でなら出来るんじゃないかと思ったことは大きかった。具体的に言うなら、NoGoDでツインヴォーカルは絶対に出来ないこと。でも、こういう企画だったら、ツインヴォーカルの映える楽曲を作って演奏をすることも出来るし。話をした時点から、このメンバーでNoGoDやKraの曲をアレンジを変えて演奏しようという話もしていたように、既存の曲たちをツインヴォーカルでやるというチャレンジにわくわくしたことも大きかったですね。

景夕
ブリキのサーカス団は、永続的に続けていこうという形で始めつつも、お互いのスケジュールを合わせながらのように、どうしても定めた期間ごとの活動にはなってしまいます。だからこそ、「お互いに自分たちのバンド活動が軸にある中、ブリキのサーカス団は別の表現を楽しめるチャンスになるな」と思えたことで、僕らもわくわくした気持ちになれましたし。ブリキのサーカス団というバンド名が決まったときにも、うちらもサーカスが好きだし、サーカスにまつわる曲たちもいろいろあったことから、ブリキのサーカス団を通してさらにその表現の幅を広げられそうだなという気持ちや期待感も生まれましたからね。

お互いのバンドのイメージに紐付いた名前としてブリキのサーカス団と名付けた。

――最初の話しあいの時点から、話はどんどん具体化していたのでしょうか?

団長
最初の打ち合わせの段階でバンド名を決めていましたからね。アイデアを出したのは自分ですけど、Kraさんって、すごくファンタジーでメルヘンという印象が自分の中にあったんですよ。具体的な言葉として示すなら、「ブリキの旗」というイメージがとても強かった。ブリキって、オズの魔法使いの登場人物じゃないけどメルヘンなイメージにも繋がるもの。しかもKraさんって衣装も毎回奇抜だし、そこにもロマンティックなものを感じていました。対して自分は、サーカスという存在やテーマが好きで、ズーッと道化寄りの衣装を身につけている。そこからメルヘンな形を持ったサーカス団を作れないかと思い、ブリキのサーカス団という言葉をパッと思い浮かべたわけです。

――まさに、お互いのイメージをしっかり投影し具現化した名前だ。

団長
2つのバンドが1つのバンドの中へ混在しているのは事実なのでね。もちろん、いきなりオリジナル曲を量産していくのは、互いのバンドの展開を考えたら難しいのはわかっていたように、ライブを想定した時点で、「ブリキのサーカス団として、お互いのバンドの曲をアレンジしてライブで演奏しよう」という話もしていたように、そこでも「2つのバンドが組み合わさったからこそ、互いの曲をこういうアレンジで演奏するんですよ」ということもしっかり示したかった。それもあって、お互いのバンドのイメージに紐付いた名前としてブリキのサーカス団と名付けたところもありましたからね。

――2バンドに紐付かない、まったく異なる存在にするのは違っていたわけだ。

団長
そういう意識は、お互いになかったです。

結良
あくまでも、お互いのコンセプトをくっつけてやろうというスタンスでしたからね。

すごい想像通りの現場というか、もう楽しい現場という言葉しかないです。

――ブリキのサーカス団の存在をどう捉えているのか、他のメンバーの方々の言葉も聞かせてください。まずは、Kyrieさんからお願いします。

Kyrie
せっかくだから、普段のNoGoDではあまりやらないことをブリキのサーカス団では積極的にやろうかなと思っていて。そもそも、KraとNoGoDでは音の作り方や出来上がりもぜんぜん違うから、どっちかのスタイルへ依存するのではなく、その楽曲に対してどう表現したら格好よくなるかを単純に追求出来る機会になるなとも今回のバンドを動かすときに思ったこと。普段のNoGoDでは、SEや同期類などはあまり使わないですけど、ブリキのサーカス団のテーマとしてサーカス感があるように、SEや同期などを用いることで、普段のNoGoDの音源では聴けないようなものが出来るチャンスだなとも思いました。

それと、団長と景夕さんでは歌声もしゃべり声もぜんぜん違うから、NoGoDの楽曲を景夕さんに歌っていただくだけで違うカラーになるし、それこそゲストで結良さんに弾いていただいたときもそうでしたけど、他のメンバーさんが加わることでぜんぜん違うアプローチが生まれるように、そこをライブとして楽しめそうだなという気もしています。

――続いては、Sinnoさんに行きますか。

Sinno
ブリキのサーカス団が動き出すときに、団長がすごく積極的に動いていた姿を観て、「団長はこういうこともやりたかったんだな」と思えたし、そういう企画になっているのが良かったなと思いましたね。個人的には、Kraの2人とは昔から知り合いではあったんですけど、そこまで深く関わることがなかった中、今回いろいろ触れる機会を重ねてゆくことで、「なんて人間味のあふれる面白い方たちだろう」という印象を持てたのも大きかった。音楽性がうんぬんよりも、一緒にいて「楽だな」と思える人と何かをするのってすごく楽しいこと。それを、改めて2人に気づかせてもらえたなと感じています。

――人としての繋がりは、とても大事なことですからね。

Sinno
結局は人間と人間がやることのように、「この人たちと何かしたい」と本気で推せることが大事だなとすごく思います。

――Kさんは、どうですか?

K
結良さんとは、リズム隊として何度か一緒に演奏する機会があったように、今回ふたたび結良さんと出来ることが自分としては一番デカかった。というのも、結良さんとは、お互いに演奏することを「楽しい」と言える仲。それをまた味わえることや、その楽しみを今後も広げてゆく機会にもなるように、楽しみをどんどん増やしていけるのはありがたい話ですし、その楽しみがこのままずーっと続いたら、それこそもう幸せです。

――結良さんも、改めてお願いします。

結良
すごい想像通りの現場というか、もう楽しい現場という言葉しかないです。

みんな、その場で臨機応変に対応出来ちゃうところは素晴らしいなと。そこはまさに、お互いのキャリアの成せる技ですね。

――お互い、イメージの共有はすぐに出来た形だったのでしょうか?

結良
出来ているところと、まだ出来ていないところとあるけど、そこはね…。

団長
走っていく中で見えてくるものもあると思います。それでも、最初から「こういう風にしたいよね」と共通認識が出来ていれば、そのイメージもすでに楽曲や活動のテーマ性の中へがっつり落とし込んでいるので。

結良
お互いにバンド歴が長いから、急なことにも対応できてしまうのが長年やってきた強みかなというところです。実際、現場に入ってみて初めて知ったこともメンバーによってはちょいちょいありますけど、それでもみんな、その場で臨機応変に対応出来ちゃうところは素晴らしいなと。そこはまさに、お互いのキャリアの成せる技ですからね。

――現状、楽曲を作っているのはどなたになるのでしょうか?

団長
告知のトレーナーで使ったSEは結良さんがイメージ通りに仕上げてくれました。Mカードとして会場限定で発売する作品で、MVも作る表題曲の『Enter the Circus』は自分が楽曲を作って、Kyrieがアレンジを担当しています。そして、収録するもう1曲を…。

結良
Kraサイドから提案しようと。取材時点では、絶賛アレンジ中です。

楽しくなくなったら終わりますし、楽しさが続く限りはやります。

――先にも語っていましたが、ブリキのサーカス団は継続的に続くバンドなんですよね。

団長
そうです。まさにサーカス団のようなバンドと言いますか。サーカスって一つのシリーズ公演をそれぞれの街で繰り広げては、それを終えるたびに、新しいシリーズ公演を組んでは街への移動を繰り返してゆく。ただし、何時、どの時期に、ふたたび同じ街に戻ってくるのか予測するのは難しいこと。それは、ブリキのサーカス団も同じ。

結良
それぞれのバンドのタイミングを見ては動きながら、そのシーズンを終えたら活動を止め、また、互いのタイミングを見計らっては動き出す。しかも神出鬼没のように、突然、「イベントをやるんだけど」と呼ばれたら参加する可能性だって、あり得るかも知れない。

Kyrie
メンバーさえも、増えてく可能性だってある(笑)。

結良
メンバーが増えるかどうかはわかんないけどね(笑)。

団長
最終的には「We Are The World」になります(笑)。

――それくらい自由なスタンスで変な縛りなくやっていく形だ。

団長
そうですね。楽しむことが優先のプロジェクトであって、まったくビジネスとして考えてないように、楽しくなくなったら終わりますし、楽しさが続く限りはやります。まずは動かしてみて、その先のことについてはそれからですね、

関連キーワード