フリー&セルフプロデュースで活動中のソロアイドル、星名ふみみ。3月23日に21歳の誕生日を迎え、翌24日には新宿MARZにて生誕ワンマンライブ「星名ふみみ生誕祭 ~新しい233のスタート~」を成功させた。

4月から定期公演が始まり、5月には舞台『夢で逢いま笑』に出演決定と、まさに新しいチャレンジをスタートした彼女にインタビューを行なった。

――誕生日、そして、ワンマンライブ成功おめでとうございます。

ありがとうございます!

――改めて今回のワンマンライブを振り返ってみてどうですか?

このワンマンを決める前は、自分の中の本当の自分がわかっていなくて、頭の中でモヤモヤしていました。そんな中でワンマンをやると決めて、テーマも決めようってなった時に、自分のやりたいことに挑戦して、次に繋げるワンマンにしようって思ったんです。

そして、たくさん考えた結果、わたしの作詞曲を含めた新曲を4曲披露しました。その中で1曲は15年続けてきたピアノ(キーボード)の弾き語りで披露して、新しい星名ふみみの音楽の形を作れた気がします! 結果として目標動員に達することはできなかったけど、過去最高動員を達成することができました。そして、今までのどのライブよりも楽しいもそうだけど、感動という言葉が似合うと、自分でも誇れるライブになったことがとても嬉しかったです!

――昨年秋に初披露した「がむしゃらレール」はふみみさん作詞で、等身大の自分を表現した1曲でした。このワンマンに向けて毎回ライブで披露し、ファンの方と育ててきましたね。

そうですね。「がむしゃらレール」もライブを重ねることで、みんなと気持ちがひとつになった気がして、わたしの中でとても大事な曲になりました。ワンマンで発表したライブバージョンのミュージックビデオもファンの方から動画を集めて、ひとりひとりの目線のわたしを、自分で編集して作りました。

「がむしゃらレール」LIVE ver. MUSIC VIDEO

――編集も自分でしたんですね!ライブアイドルとしての魅力が伝わるミュージックビデオに仕上がっています。ワンマンで披露した新曲についても教えてください。

はい。新曲は4曲披露したのですが、今までにない感じのポップロックを中心とした楽曲にしました。まず「ワガママ脳内問題ガール」は、わたしの作詞なのですが、このワンマンをやるってなって、新曲たくさんやりたいとか、弾き語りをやりたい、ミュージックビデオを作りたいなどのワガママをワガママとしてじゃなくて、実現するということまでを頑張る!それを曲にしました。ワンマンでは弾き語りでお披露目しましたが、今後のライブではロックなサウンドでやるので、たのしみにしてくれると嬉しいです。

――「魔法よりすごいこと」は?

cyberMINKの雛ちゃんに作詞作曲編曲振り付けまで全て頼みました。仲良くしてくれる雛ちゃんだからわかるわたしの性格が出てるし、わたしに今までなかった女の子らしく可愛らしいけど、少しロックサウンドな曲になっていて、すごく嬉しかったです。

――「画面(モニター)越しのロミオ様」は?

この曲はわたしの親友のアイドル、魔法少女☆りりぽむ(現在活動を終了)の作詞で、彼女が活動時に歌っていた「画面(モニター)越しのロミオ様」をいただいて、わたしバージョンに編曲してもらったものです。彼女が本気でアイドル活動をやってきたことを知っていたからこそ、彼女が叶えられなかった夢をいつかわたしが叶えられたら。そんな思いをりりぽむから曲としてもらうことができて嬉しいです。

実は「がむしゃらレール」のCメロはりりぽむをイメージして作った曲で、アイドルは儚い命だけど、その間全力でステージで輝くっていう。ワンマンライブを観てくれたりりぽむも「私の大切な時間を込めた大切な曲がまたステージで生きられること、大切な親友とこれからまた一緒に夢を叶えていけること、本当に幸せです。ありがとう!」と言ってくれました。りりぽむの気持ちも胸にこれから一緒に駆け上がる気持ちで頑張ります!

――そんな泣けるエピソードがあったんですね! 最後に「インビジブル」は?

こんなに素敵な話をした後ですが、やっぱり自分になくて悔しいって思いはたくさんあると思うんですよ。わたしにはたくさんあります。それは自分なのかわからなくなってしまう時、でもそんな時に支えてくれるのは、ファンの皆さんや周りの支えてくれる人の声で、ファンの皆さんがいなかったらアイドルは生きられない、そんな葛藤を歌詞にしました。曲調も今までにない少し聴かせるタイプの切ない曲で、とてもお気に入りです。

――たしかに「インビジブル」はライブ後半で披露され、ぐっとくるものがありました。ワンマンでは新衣装も披露されましたが、新曲との関係はありますか?

新衣装は「ワガママ脳内問題ガール」と少しかけています。真面目な感じを出したくて、トップスはカチッとしたように見える正統派な形だけど、スカートはいろんな柄が入っていて、やりたいことを詰め込む!っていう雰囲気を衣装に表してみました。

――衣装にも新しいふみみさんが表現されている気がします。さて4月からは定期公演「がむしゃらリール」が始まります。

定期公演は、基本的にはトークを30分以上、ライブも25分以上と、たっぷりわたしのことを知ってもらう機会にできたらなと思っています!トークがとても好きなのですが、わたしからみんなに話す機会があまりないので、ここで話したり、ゲストを呼んだり、定期公演ならではの弾き語りや楽器演奏披露ライブなどもやっていけたらなと思っています。

あと定期公演タイトルの「がむしゃらリール」は楽曲の「がむしゃらレール」とかけているのですが、定期公演でトークやステージを見て、どんどん新しいわたしを知って、わたしに釣られちゃってという意味を込めています(笑)。

――そういう意味だったんですね(笑)。さらに5月には劇団ズッキュン娘の舞台『夢で逢いま笑』への出演も決まっています。

今回初めて舞台に挑戦します。もう稽古が始まっているのですが、基本的に歌しかやったことがなかったので、勉強になることばかりです。でも舞台での表現力はもちろん歌の為にもなるし、自分以外の自分になるという感覚はとても楽しいです。これからライブはもちろんですが、舞台のように新たな挑戦をもっともっとしていきたいなと思います! がむしゃらにがんばるぞ~~!(笑)

星名ふみみ 定期公演「がむしゃらリール」概要

※毎月第2木曜日開催(4月、5月のみ第1木曜日開催)

  • 会場:dues新宿(東京都新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル4F)
  • 時間:開場 19:00 / 開演 19:30
  • 料金:1,500円+1ドリンク600円

詳細ページはこちらから

【開催予定】

  • 4月5日(木)ワンマンお疲れ会+「ワガママ脳内問題ガール」オケver.お披露目
  • 5月4日(金・祝)※時間変更あり(開場 11:30 / 開演 12:00) ゲスト:2& Saki
  • 6月14日(木)ゲストあり
  • 7月12日(木)ゲストあり
  • 8月9日(木)ゲストあり

劇団ズッキュン娘 第12回公演『夢で逢いま笑』概要

  • 会場:吉祥寺シアター(東京都武蔵野市吉祥寺本町1−33−22)
  • 日程:2018年5月10日(木)~5月20日(日)

上演スケジュール、料金等の詳細は公式サイトをご確認ください。

関連リンク


関連キーワード