2007年に放送され大きな反響を呼んだ、テノール歌手・ベー・チェチョルの復活の軌跡を追ったドキュメンタリー番組が9月5日 、9月6日にNHK BSプレミアムで再放送される。ベー・チェチョルは、甲状腺がんによる手術で声を出すために必要な3つの主要神経を全て切断しながらも、日本での声帯回復手術により声楽家としての復活を遂げた。

番組では「もう一度舞台で歌いたい」という一心で、厳しいリハビリとトレーニングにいそしむ日々と、それを献身的に支える日本人音楽プロデューサーとの友情を伝える。また、番組最後には現在復活してコンサートで歌う、ベー・チェチョルの様子も加えられ放送される予定だ。

ベー・チェチョルは、2017年に日本メジャーデビューアルバム「THE SINGER」をリリース。その圧倒的な歌唱力は「奇跡の歌声」と言われ、多くの日本人に感動を与えた。

また、100歳を過ぎても現役の医師を続け、予防医療や終末期医療の普及に尽くした聖路加国際病院名誉院長の日野原重明はベー・チェチョルの歌を聞き「心が震えた」と感激し、晩年はコンサートをプロデュースする等、全面的に支援をした。

昨年、日野原重明が105歳で亡くなった際にはベー・チェチョルは追悼演奏会を開催。

さらに2018年7月に発売されたセカンドアルバム「THE SINGER II 愛のうた」に、日野原重明が作詞・作曲の「愛のうた」を収録し、日野原重明への追悼の意を表した。

こうした活動により、過去に放送されたドキュメンタリー番組をもう一度見たいという望む声が高まり、今回の再放送が決定した。

そして、ニューアルバム「THE SINGER II 愛のうた」のティザー映像が公開され、アルバム収録曲である「長崎の鐘」の映像がフルバージョンで試聴できる。また、ベー・チェチョルの大ファンである西田敏行、デヴィ夫人から「THE SINGER II 愛のうた」へのコメントが寄せられた。

西田敏行 コメント

ベー・チェチョルの歌声には歓びがある
哀しみがある
希望がある
絶望がある
夢がある
現実がある
出逢いがある
別離がある
そして生がある
そして死がある
聴く者は、ベー・チェチョルの奇跡の人生を共有する感動の涙が頬を伝う!
そしてスタンディングオベーション!
奇跡のオペラ歌手にスタンディングオベーション!
上記のコメントを、捧げます!ありがとう

デヴィ夫人 コメント

ベー・チェチョル氏CD「THE SINGER II 愛のうた」に寄せて

天上に響き渡るような美しい歌声に心が洗われる思いがいたしました。
皆さんは、ベー・チェチョルさんの「奇跡の歌声」をお聴きになったことがありますか?
韓国生まれのテノール歌手、ベー氏はイタリアの国立音楽院を首席で卒業、ヨーロッパで活躍して「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称されました。
しかし、すべてが順風満帆の絶頂期に甲状腺がんの宣告を受け、大切な声を失ってしまいました。その後、日本人ファンから支援が広まり、世界初という声帯機能回復手術に臨み、3年後に再び声楽家として見事復帰を果たしたのです。

私が敬愛していた生涯現役医師・日野原重明先生は、晩年「ベー・チェチョルコンサート」をプロデュースしていました。 音楽を通じて平和な世界を願った日野原先生の熱い願いが込められたものです。今回発売された「THE SINGER II 愛のうた」には、先生の一周忌を偲んで先生が作詞作曲の「愛のうた」も収録されています。 お馴染みの曲、懐かしい曲など美しい歌声が心に浸みました。美智子皇后陛下の「ねむの木の子守歌」は必聴です。友人のアントニオ古賀さんの哀愁を帯びたギターの音色も感動いたしました。

ベー氏の「奇跡」の歌声を聴き、あらためて諦めない心と生きる力を感慨深く思いました。神様は心から願う人には「奇跡を与えて下さる」のですね。 べー氏の情緒豊かな歌声と共に日野原先生が生涯を通じて願われた“愛と平和”への願いを感じていただけたらと思います。

【番組情報】
■NHK BSプレミアム
「プレミアムカフェ あの歌声を再び テノール歌手ベー・チェチョルの挑戦」
9月5日(水) 午前9:00-11:00
9月6日(木) 午前0:45-2:45

ベー・チェチョル『THE SINGER II 愛のうた』ダイジェスト試聴+長崎の鐘

【リリース情報】

2018/07/18発売
『THE SINGER II 愛のうた』
COCQ-85421 ¥2,778+税

1.アメイジング・グレイス
2.ダニー・ボーイ
3.マイ・ウェイ
4.ゴッドファーザー 愛のテーマ
5.虹の彼方に
6.アンチェインド・メロディー
7.逢いたい(ポゴシプタ)
8.別れの曲
9.ねむの木の子守歌
10.愛のうた
11.もしもピアノが弾けたなら
12.ゴンドラの唄
13.長崎の鐘
14.川の流れのように

ギター:アントニオ古賀(2,4)
ピアノ:クリスティアン・アガピエ(1,3〜9,11〜14)
ゴスペル:ソウルマティックス(1,10,13)

オフィシャルサイト

関連キーワード