TRIAD/日本コロムビアレーベルが、ニューカマーを集めたレーベルイベント「TRIAD ROCKS Showcase 2018」を9月6日に東京・TSUTAYA O-WESTにて開催した。

1981年5月に日本コロムビア内に発足した「TRIAD」は、過去にTHE YELLOW MONKEY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ピチカート・ファイヴらが所属し、2015年 に7年ぶりの復活を遂げたロックレーベル。この日は彼女 IN THE DISPLAY、ももすももす、The Wisely Brothers、Halo at 四畳半の4組が登場し、 すでにデビューを飾ったアーティストから今後デビューを予定して いるアーティストまで、TRIAD期待の新鋭によるステージが繰り広げられた。

トップバッターを務めたのは、今年5月にTRIADからメジャーデビューミニアルバム『get up』をリリースした福岡発のバンド、彼女 IN THE DISPLAY。リードトラック「STAY KID」でライブをスタートさせると、RYOSUKE(Vo)は「俺が好きなようにやらせてもらうぜ!」と無邪気な笑顔を見せ「 Crazy Diamond」「CHAOS」と連投。異種ジャンルの混ざり合うこの日について「僕らの個性の形でやらせてもらってます。 がっつりショーを楽しませようと思ってます。」と告げると「KVE」「The straight edge dance party」ではステージを練り歩いたり飛び跳ねたり、自由奔放なパフォーマンス。最後に「 自分の信じた道は負けたくないという曲を」と「Kick」を含む全6曲でヘヴィーなサウンドを響かせ、 レーベルイベントの幕開けを飾った。

カメラマンクレジット:高田梓

彼女 IN THE DISPLAY「STAY KID」MUSIC VIDEO

次いで登場したシンガー・ソングライターももすももすは、先日2019年にTRIADからのメジャーデビューを発表したばかり。 サポートメンバーを迎えたバンド形式で行われたライブは、 白いワンピース姿で登場した彼女がキュートにお辞儀をして「 海と傷口」へ。「隕石」に続けた「シャボン」ではスクリーンに投影された歌詞をバックに、 ギターを置き両手でマイクを握る。スポットライトを浴びながら切々と歌い上げると「ありがとう」とポツリと述べ「Confession」 でもリリックを投影しながら世界観を強めていく。

そして「こんばんは、ももすももすです。」とサポートメンバーを紹介すると「台風の被害にあわれた皆様、地震の被害に遭われた皆様、一刻も早い復旧を心より願っています。今日はどうもありがとうございました。」と締めくくり、ラストはSpotify及びYouTubeにてデモ音源を先行公開中の新曲「うさぎの耳」を歌い上げ、ステージを去った。

カメラマンクレジット:高田梓

ももすももす「うさぎの耳(demo)」music video

3ピースバンドのThe Wisely Brothersは、今年2月に日本コロムビアから発表した1s t Full Album『YAK』の中から「The Letter」でライブをスタート。真舘晴子(Gt./Vo.) が「こんばんは、ワイズリーブラザーズです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶をすると「彼女のこと」「マリソン」「メイプルカナダ」と続けて披露し、3人のコーラスワークで会場を魅了する。

「 今日はコロムビア主催のイベントということでお越しいただきありがとうございます。」と改めて挨拶した真舘は、「いつも大変お世話になっています」とレーベルスタッフとの活動を振り返ると「これからも色々楽しいこと、音楽でも今まで見たことのないようなものを作っていこうと思うので、これからもよろしくお願いします。」と意気込み「最後に11月に出す曲を」と映画『青のハスより』の主題歌に書き下ろした「柔らかな」を披露した。

カメラマンクレジット:高田梓

The Wisely Brothers – The Letter

最後に登場したのは、10月17日にメジャーデビューフルアルバム『swanflight』のリリースを発表しているHalo at 四畳半。歌い始める前にひとつ、と渡井翔汰(Vo&Gt)は「ファンだとか、関係者だとか、共演者だとか、そういう肩書きは本当にどうでもいいのであなた自身に歌います。」と宣言し「リバース・デイ」「カイライ旅団と海辺の街」で冒頭から観客の腕を突き上げさせる。

そしてこの日は彼らのメジャーデビュー作『swanflight』のリードトラックで、TVドラマ『江戸前の旬』の主題歌に決定した「悲しみもいつかは」のMVが公開されたばかり。渡井は「輝かしいメジャーデビューなのに、僕らはそのリードトラックに“悲しみもいつかは” という名前をつけました。 悲しい気持ちと嬉しい気持ちは表裏一体だと思っていて、その悲しみを抱えながらも前へ進めるように、そんな曲を書きました。」と同曲を披露。イベントを締めくくった「モールス」まで全4曲を全身全霊でパフォーマンスし、大きな拍手を浴びながらステージを後にした。

カメラマンクレジット:高田梓

Halo at 四畳半 “悲しみもいつかは” (Official Music Video)

【SETLIST】
TRIAD ROCKS Showcase 2018
日程:2018年9月6日(木)
会場:東京・TSUTAYA O-WEST

<彼女 IN THE DISPLAY>
M1. STAY KID
M2. Crazy Diamond
M3. CHAOS
M4. KVE
M5. The straight edge dance party
M6. Kick

<ももすももす>
M1. 海と傷口
M2. 隕石
M3. シャボン
M4. Confession
M5. うさぎの耳

<The Wisely Brothers>
M1. The Letter
M2. 彼女のこと
M3. マリソン
M4. メイプルカナダ
M5. 柔らかな

<Halo at 四畳半>
M1. リバース・デイ
M2. カイライ旅団と海辺の街
M3. 悲しみもいつかは
M4. モールス

【What’s TRIAD】
1981年5月、 レコード会社外から優れた才能を有した制作スタッフを積極的に起用、自由で個性的な制作集団を目指し、 日本コロムビア内のレーベルとして発足した。「TRIAD」とは、三つの和音を表す言葉で、 当時ではまだ珍しかったサウンドプロデューサーを起用し、 アーティスト、 メーカーの三者が三位一体となってヒット作りを目指すことを示している。その後、数多くのバンドが同レーベルよりデビューし、 日本有数のロックレーベル「TRIAD」を築き上げた。2015年に2007年10月以来、7年ぶりのレーベル復活を遂げた。

<過去の所属アーティスト>
THE YELLOW MONKEY / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / ピチカート・ファイヴ 他

<現在の所属アーティスト>
彼女 IN THE DISPLAY / 9mm Parabellum Bullet / グッドモーニングアメリカ / THE COLLECTORS / Czecho No Republic / Halo at 四畳半 / ももすももす / LACCO TOWER / LEO今井

TRIAD – Spotifyアカウント
Official Site

関連キーワード