TUBEのギタリスト春畑道哉の配信リリース曲「【Re:birth】」(1月22日全世界配信)がiTunesロックチャート9位を獲得した!

2016年にリリースしたソロアルバム『Play the Life』のオリコン週間アルバムランキングTOP10入りに続き、ギターインストながら異例のヒットを続けている。

もちろん、iTunesロックチャートTOP10内で「【Re:birth】」が唯一のインスト曲で、今作「【Re:birth】」は春畑としては初の全世界配信曲になっている。

更に、春畑道哉のオフィシャルサイトでは楽曲に関する直筆メッセージが公開されたので是非チェックして欲しい。

「【Re:birth】」は、本日23:00~海外ドラマ専門チャンネルAXNで放送が始まる、海外ドラマ「リーサル・ウェポン」シーズン2 日本版オリジナルエンディングテーマとして書き下ろした新曲。世界的に大ヒットを記録したメル・ギブソン主演の映画「リーサル・ウェポン」のテレビシリーズ化作品。

実際にシーズン1の映像を観ながら制作した、スリリングでドラマチックなギター・ロックナンバー。今後の春畑の活躍に注目が高まる。

配信ダウンロードはこちらから

春畑道哉プロフィール


1985年TUBEのギタリストとしてデビューし、1990年以降のほぼ全てのTUBEの作曲を担うメロディメーカー。

1987年2月TUBEと並行してソロ活動を始め、現在までに、シングル3枚とアルバム12枚(ミニアルバム、ベストアルバム含む)をリリース。Jリーグオフィシャル・テーマソング「J’S THEME」、フジテレビ系野球中継テーマ曲「JAGUAR」など数々のテーマ曲を手掛け、ギターメーカーFENDER USA社と日本人として初となる専属契約を結ぶなど、日本を代表するギタリスト。

ソロデビュー30周年を迎え、2016年に発売した最新アルバム「Play the Life」がオリコン週間ランキング9位を獲得し、インストアルバムとして異例のヒットを記録。

関連リンク


関連キーワード