10月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開の映画『ファイティン!』のスペシャルイベントつき試写会が神楽座にて行われた。

『ファイティン!』試写会つきスペシャルイベント
開催日程:10月15日(月)
場所  :神楽座
(東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
登壇者 :貴闘力、才木玲佳(筋肉アイドル)中山裕一選手(JAWA日本アームレスリング連盟全日本ヘビー級 チャンピオン)
敬称略

イベントレポート

はじめに中山選手が登壇。「欧米に比べ日本ではマイナースポーツ であるアームレスリングがテーマの映画で、とてもワクワクした」と本作への期待を見せた。

高校生の時にたまたま参加した大会がきっかけだったという中山は、トレーニングはあまりせず、実戦練習のみでたくましい体を作り上げているという。

観客とのデモンストレーションを終えて、貴闘力と才木が登壇。映画の感想を聞かれた貴闘力は、「自分の周りには片親の力士がたくさんいて、今作の設定と重なる部分もあり、懐かしい気分だった」と大相撲時代を振り返り感想を述べた。

中山選手とのアームレスリングチャレンジに際し、焼肉店を経営する貴闘力は「やめてから15年、肉しか切っていないから」と語り、さらに「力士仲間で腕相撲大会を開いたけど、俺が一番弱かった。寺尾さん(註:現・錣山親方)には勝てるかと思ったら、寺尾さんにも負けちゃうくらいだった」と弱腰発言を連発。才木はプロレスラーとしても活躍し、男性とアームレスリング対決をしたこともあるとのことで自信をのぞかせた。

才木が初めにチャレンジ。最初は優勢かと思われるも、全体重をかけて体が浮くほど力をかけるも敗北。

「今までやった女性の中で一番強かった」と中山から称賛を浴びた 。次に貴闘力が挑戦。アームレスリングは20年ぶりで自信がないと 語り敗北してしまうも、中山は「20年ぶりとは思えないほどの力だった」と驚きの表情を 見せた。

コツを聞かれた中山は、「トップロール」という劇中でも触れられているテクニックを紹介。

才木は「体が引っ張られる感覚があった」と、中山のテクニックに対し感嘆の声を上げた。3人でマッチョポーズを決めてのフォトセッションも行われ、大盛況の中イベントは幕を閉じた。

コメント

貴闘力
よくビデオを借りてきて映画を観ていますが、シンプルに楽しめる作品でした。
最後はスカッとして気持ちよく劇場を出て頂けたらと思います。

才木玲佳
上腕ひとつで世界のトップにいけるなんて、この上ない筋肉のロマンだと思いました。
家族の絆や夢に向かい努力する姿、苦悩などいろんな人間の感情、そして何よりも筋肉にご注目ください。

中山裕一
日本においてアームレスリングはマイナーなので、この映画を機にアームレスリングというスポーツを知って頂けたら と思います。

映画『ファイティン!』STORY

子供の頃に韓国から養子に出されたマーク(マ・ドンソク)は、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、八百長疑惑をかけられて除名されて諦め、今はクラブの警備係として働いていた。
そこにスポーツ・エージェントと名乗るパク・ジンギ(クォン・ユル)が現れ、マークを韓国で行われる大会に誘う。
韓国に向かったマークは、実母の家を覗きに行くが、そこには存在 さえ知らなかった妹のスジン(ハン・イェリ)と子供たちが住んでいた。共同生活を始めたマークとスジンたちは、最初は距離を取っていたが、次第に心の距離を詰めていく。
一方、ジンギは、スポーツくじを手掛けるチャンス社長に組む話を持ちかけるが、彼はマークに八百長するように話すのだった・・・

出演:
マ・ドンソク:マーク
クォン・ユル:ジンギ
ハン・イェリ:ス ジン
チェ・スンフン:ジュニョン
オク・イェリン:ジュニ
カン・シニョ:コンボ
ヤン・ヒョンミ ン:ユ・チャンス
イ・ギュホ:パンチ

スタッフ:
監督・脚本:キム・ヨンワン
プロデューサー:ハン・ドンファン
撮影:ユ・ジソン
照明:イ・マンギュ/美術:イ・ハナ
録音:チェ・ジウォン
衣装・メイクアップ:ナム・ジス
編集: キム・チャンジュ、イ・ホスン
音楽:ナム・デウォン
2018年/韓国/韓国語・英語/カラー/スコープサイズ/5. 1ch/108分/日本語字幕:根本理恵 映倫G
配給:彩プロ
宣伝:フリーマン・オフィス
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

関連キーワード