1993年にシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューした斉藤和義。今年デビュー25周年のアニバーサリーイヤーを迎えて、全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~」を開催。東京公演は9月6日・7日の2日間に渡って日本武道館で行われた。

その2日目、9月7日の公演もソールドアウトとなり客席は満員に。開演時間になり、大型ビジョンにこれまでの活動がわかるヒストリー映像が流れ、25周年のロゴが映し出されたところで「FIRE DOG」でライブがスタート。今回のバンドメンバーは真壁陽平(ギター)、山口寛雄(ベース)、崩場将夫(キーボード)、河村吉宏(ドラム)。アルバム「Toys Blood Music」を引っさげての全国ツアーを一緒に回った信頼できるこのメンバーたちが、力強さを感じさせる演奏でバックから盛り上げる。「Hello! Everybody!」「アゲハ」などのテンポ感のある楽曲から「tokyo blues」のようなブルージーな楽曲、自分も周りも大人になったんだとちょっぴり胸が切なくなる「真夜中のプール」まで、序盤から斉藤和義の軌跡が感じられる内容になっている。

ブルースやロックを感じさせる熱いステージを展開したかと思えば、「ウエディング・ソング」をアコースティックアレンジで聴かせるなど、その楽曲の幅広さを改めて感じさせてくれる。中盤では、11月30日公開の映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の主題歌「カラー」もいち早く披露し、ヒット曲「ずっと好きだった」、「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」「COME ON!」でさらにテンションを上げて本編が終了した。

アンコールではデビュー曲の「僕の見たビートルズはTVの中」、多くのアーティストにカバーされている名曲「歌うたいのバラッド」、終盤で♪ナ〜ナナと大合唱し会場が一つになった「月影」を歌い、ライブの幕が降りた。

メッセージ性の高い楽曲、遊び心満載の楽曲、ロックやブルースなどルーツを感じさせる楽曲、じっくりと聴かせるバラード、そしてユルイMCも含めて、斉藤和義の25年が凝縮されたライブとなった。この公演の模様は10月28日(日)夜8時30分からWOWOWで放送される。名曲の数々をたっぷりと体感してもらいたい。

WOWOW番組情報

斉藤和義 25th Anniversary Live 1993-2018
25<26 ~これからもヨロチクビーチク~
10月28日(日)よる8:30[WOWOWライブ]
収録日・収録場所:2018年9月7日/東京 日本武道館

番組サイトはこちらから

【テレビ会員限定】抽選で10名様に斉藤和義直筆サイン入りポスターをプレゼント!詳細は番組サイトへ。

関連キーワード