姫乃たま&西島大介による、コンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」が手焼きCDRシングル4枚のリリースと2年間の活動休止期間を経て、初めてのフル・アルバム『姫と魔法』をリリース。アイドルとCDが終わりゆく季節に捧げる、現代にポップを蘇らせる全13曲の魔法。ほぼ全曲をリマスタリング、リアレンジ。ボーナストラックとしてゲンロンスクール「ひらめき☆マンガ教室」校歌も収録。

歌手、文筆家として多方面に活躍し、来年2019年に「地下アイドルの看板を下ろす」ことを宣言した姫乃たま。『ディエンビエンフー』『世界の終わりの魔法使い』などの作品で知られる漫画家であり「DJまほうつかい」名義で音楽活動も行う西島大介。この二人が組んだ幻のユニットが「ひめとまほう」。プロデュース、作詞作曲、装画を西島が担当し、歌唱は全て姫乃たま。編曲は第三の人物「ウネくん」。

インタビュー集『周縁漫画界』を刊行するなどマンガへの深い理解のある姫乃と、漫画家でありながら現代アートやインディ音楽の現場で活動する西島(DJまほうつかい)との初めての出会いは、西島が脚本を担当した映画『世界の終わりのいずこねこ』の2014年の撮影現場。アイドル専門ライター岡島紳士の声がけによって2016年に新宿で結成。「ひめとまほう」というグループ名は、「姫乃たま」の「ひめ」と「DJまほうつかい」の「まほう」をくっつけたもの。

2016~2017年にかけて「ひめとまほう」「真夏のスケープゴート」「みつばちのささやき」「Catacombe」4枚のシングルを「手焼きCDR」でタワーレコード限定で連続リリース。映画主題歌への起用や、新宿BLAZE「IDOL NEWSING LIVE 2」出演、主催イベントを東京と大阪で開催するなど、順調に見えた活動は、2017年初頭、西島ことDJまほうつかいの「椎間板ヘルニア発症」によって休止を余儀なくされ

る。ヘルニアの治療と西島の本業『ディエンビエンフー TRUE END』の完結を待ち、2018年11月末に約1年半ぶりに奇跡の復活。手焼きCDRではい工場プレスによる初のアルバム『姫と魔法』をリリースする。

収録曲は11曲にボーナストラック2曲を加え全13曲。ひめとまほうのテーマであり姫乃たまの初単著『潜行』をイメージした「ひめとまほう」、クリスチャン・ラッセンや湘南乃風をモチーフに夏を描き出した「真夏のスケープゴート」、スペイン内戦をテーマにしたラップ・チューン「みつばちのささやき」に加え、眠そうな姫乃が「ふわわ~」とハミングするだけの未発表曲「まどろみグラデュエーション」や、西島が講師を務める東浩紀主宰のスクール「ゲンロン☆ひらめきマンガ教室」の校歌、西島がリー・ペリーに変身する「真夏のスケープゴート」のダブミックスなど、バラエティ豊か。同時に、徹底した美意識と世界観によってアルバムとしての完璧なトータル性を獲得している。「カタコンベ」はトロピカルなアレンジを施した、シングルとは異なるバージョン。ほぼ全曲がリマスター&リアレンジされ、Pizzicato Fiveや安室奈美恵へのリスペクトを感じさせる追加アレンジも聴きどころ。

『姫と魔法』のジャケットデザインは、でんぱ組.incやクマリデパートなどを手掛ける、今もっと旬なデザイナーであるサワイシンゴ(HANDSUM inc.)。装画の「泣いている女の子」は姫乃をイメージした西島による渾身の描き下ろし。キャッチコピー「狂気と正論が混じり合っている」は姫乃たまによる言葉。全てのポップ愛好家、アイドル・ファン、マンガ読みにとって、たった今、聴くべき音楽が誕生した。

流通盤の発売に先行して神保町「試聴室」にて、11月23日(祝・金)「ひめとまほうコンサート~二人だけの夜~」を開催。また11月25日(日)東京ビッグサイト東4・5・6ホールで開催される「コミティア126」ではブース「う03a」でも、先攻リリースされる。

タワーレコードでは購入特典としてCDR「Sketches」「POST-TRUTH」の2種を枚数限定にてランダムで用意。「Sketches」はピアノデモを集めたインストゥルメンタル、「POST-TRUTH」はDJまほうつかいによる「終焉」をテーマにした凶暴なリミックス集。またディスクユニオンでも購入特典として「ひめとまほう特典ペーパー」が枚数限定で配布される。

「ひめとまほう」はアルバムのリリースとラストコンサートを持って解散することが決定している。アルバム『姫と魔法』は1st&ラストアルバムとなる。解散理由は「特になし」とのこと。また解散後の12月にも、インストアライブが予定されている。

ひめとまほう「姫と魔法」全曲試聴動画

リリース情報

ひめとまほう 1stアルバム「姫と魔法」
アーティスト:ひめとまほう
タイトル:姫と魔法
レーベル:DJまほうつかいレコード/Nheu’S/VIDEOTHINK
DJMR-0050
発売日:2018/12/5
価格:¥3.240(税込)
価格:¥3,000(税抜)
JANコード:4589823280098
プロデュース:DJまほうつかい(西島大介)
歌唱:姫乃たま
作詞&作曲:DJまほうつかい
編曲:ウネくん
ボーカル録音:石塚周太(1~12)神田川雙陽(劇団粋雅堂)(13)
マスタリング:Yasuhiro Morishita
装画:西島大介
装幀:サワイシンゴ(HANDSUM inc.)
発売元:DJまほうつかいレコード/Nhieu’S
販売元:VIDEOTHINK

1stアルバム発売記念「ひめとまほうコンサート〜二人だけの夜〜」
11月23日(祝・金)
会場:神保町 試聴室
開場:18:30
開演:19:00
出演:ひめとまほう(姫乃たま+DJまほうつかい)

<チケット>
予約:3,500円(1ドリンク,スナック込み)
アルバム『姫と魔法』付き予約チケット:6,000円(1ドリンク,スナック込み)

チケット受付ページはこちらから

■コミティア126
11月25日(日)@コミティア126「う03a」、西島大介の個人ブースにて先行発売します。
コミティアとコラボ講義を開催するゲンロンひらめき☆マンガ教室ブースと並びです。
公式サイトはこちらから

ひめとまほうプロフィール
姫乃たま(僕とジョルジュ)&DJまほうつかい(西島大介)による、コンテンポラリー・ポップ・ユニット。DJまほうつかいが作詞作曲を担当し、姫乃たまが歌唱を担当。ハンドメイドCDRレーベル[DJMR]から2016年春1stシングル「ひめとまほう」でデビュー。2ndシングル「真夏のスケープゴート」に続き、初のラップチューン3rdシングル「みつばちのささやき」を2016年秋にリリース。4thシングルとなる「Catacombe」とは初のタイアップ曲で、『異類婚のエスノグラフィー』主題歌。限定配信としてのサントラ盤の配信の好評を受け、タワレコ限定CDRとして「ひめとまほう」名義で再リリース。2017年春よりゲンロンカフェにて定期開催されるワークショップ「ひらめき☆マンガ学校」の校歌を担当する。2017年、満を持して1stアルバム『姫と魔法』(仮)をリリース予定。

公式サイト

姫乃たま(ひめの・たま)

姫乃たま(ひめの・たま)

1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。
アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで開始した地下アイドルを経て、ライター業を開始。
アイドルとアダルトを中心に、幅広い分野を手掛ける。以降、地下アイドルとしてのライブ活動を中心に、文章を書きながら、モデル、DJ、司会などを30点くらいでこなす。ゆるく、ながく、推されることを望んでいる。

公式サイト
Twitter

DJまほうつかい

DJまほうつかい

DJまほうつかいはターンテーブルを持っていないDJです。まほうのちからで音楽を作ります。

DJまほうつかいはマンガ家西島大介の音楽活動名義。作品に『ディエンビエンフー』『世界の終わりの魔法使い』『すべてがちょっとずつや優しい世界』など。音楽家としてソロピアノアルバム『Last Summer』(2015)をHEADZよりリリース。DJとは名ばかりで、ソロピアノ演奏が主なパフォーマンス。プライベート・レーベル「DJMR」を主宰し「ひめとまほう」を含む膨大なタイトルを手焼きCDRでリリース。漫画家としては未完だった「ディエンビエンフー」が『ディエンビエンフーTRUE END』がとして「月刊アクション」にて連載開始。完結を目指す。

公式サイト
Twitter
YOUTUBE DJMRチャンネル
DJまほうつかいSoundcloud

関連キーワード