新国立劇場では本日11月8日(木)に演劇「誰もいない国」 が開幕しました。ノーベル文学賞を受賞した劇作家ピンターによる傑作。イギリス・ ロンドンを舞台に、アイデンティティの境界線を問う。

ノーベル文学賞を受賞した20世紀を代表する劇作家ハロルド・ ピンターの『誰もいない国』は1975年ロンドン、ナショナル・ シアターでピーター・ホール演出により初演されました。個人のアイデンティティの危うさや、社会の欺瞞、 あるいは人間関係の不安定さを、鋭く切り詰めた言葉で、 時に過激に表現し、 登場人物のキャラクターを崩壊寸前まで突き詰めたピンターの作品 群は、21世紀になった今でも現代人の心に深く突き刺さります。

この度も虚実のわからなさを楽しむピンターの世界が新国立劇場に て繰り広げられます。演出は寺十吾が手がけ、柄本明、石倉三郎、有薗芳記、 平埜生成といった一筋縄ではいかない実力派俳優たちの“怪演” も大きな見どころです。

撮影:宮川舞子

新国立劇場11月公演「誰もいない国」公開トークイベントレポートはこちら >

新国立劇場演劇『誰もいない国』稽古場&コメント動画

公演概要

2018年11月8日(木)~25日(日)
新国立劇場 小劇場
作:ハロルド・ピンター
翻訳:喜志哲雄
演出:寺十 吾
出演:柄本明、石倉三郎、有薗芳記、平埜生成
芸術監督:小川絵梨子
主催:新国立劇場

公演詳細ページはこちらから

<ものがたり>
ロンドン北西部にある屋敷の大きな一室。ある夏の夜、 屋敷の主人ハースト(柄本明)とスプーナー(石倉三郎) が酒を飲んでいる。詩人のスプーナーは、 酒場で同席した作家ハーストについて家まできたようだ。 酒が進むにつれ、 べらべらと自らをアピールするスプーナーに対し、 寡黙なハースト。スプーナーは、 共通の話題を見出そうとハーストに話をふるが、 もはやそれが現実なのか虚構の話なのかわからない。そこへ、 ハーストの同居人の男たちが現れて・・・。

関連キーワード