滋賀4人組WOMCADOLEのフロントマン樋口侑希が、京都鴨川で弾き語る未発表曲「kamo river」の映像をYouTubeにて公開した。

「kamo river」は、過去にWOMCADOLEとしてバンド演奏で披露したことはなく、樋口侑希の弾き語り公演や、今春開催されたツアー『己の心に吠えろよツアー』のアンコールなどで突如披露されていた楽曲。樋口本人とスタッフらの強い意向で、実際に京都の鴨川で演奏、撮影された映像が公開された。WOMCADOLEのLIVE VIDEOや「ライター」初回盤ライブDVD映像などを手がける福島吉人氏がディレクションを務め、きわめてシンプルに撮影、編集されている。

「kamo river」に関して、樋口からは「夕方6時と俺のリアルを描きました。是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです。」とコメントが届いている。また、現時点で「kamo river」の発売予定はないとアナウンスされているが、先月11月に発売されたWOMCADOLEの2nd Single「ライター」を京都のCDショップで購入した方に、サプライズプレゼントとして「kamo river」の弾き語り音源CDRが付与されていたことも明かされた。

WOMCADOLEは、11月28日に2nd Single「ライター」を発売し、現在「己の炎を絶やすなツアー」を開催中。2019年3月には自主企画「瀧昇」を冠したワンマンツアー『瀧昇 二〇一九 五本目 独奏謝謝春嵐編』を全4公演開催することをアナウンスしたばかり。

【弾き語り映像】kamo river / 樋口侑希(WOMCADOLE)

樋口侑希コメント

kamo river

出会いの場所、待ち合わせの場所、はたまた始発が出るまでの飲み場所。

鴨川等間隔にこれっぽっちも憧れはなかったのに。

今では少しだけ感じる。

本当に単純な男だ。

あの時ロックは僕らを近づけたけど、今じゃロックは僕らを遠ざける。

「会いたいのに会えないのは、変わらないから?」なんて唄って。

夕方6時に会いたくなるのは、また君と黒ラベルを飲みたいから。

ってのは口実かもしれない。

でもそれでいい。

本当に単純な男だ。

夕方6時と俺のリアルを描きました。

是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです。

[OFFICIAL SITE] WOMCADOLE OFFICIAL SITE

関連キーワード