12月27日(木)16時から、“映画を語る”新番組「活弁シネマ倶楽部」第6回が放送された。本番組は、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていく番組である。

今回の作品は、芥川賞作家・中村文則のデビュー作が原作の『銃』。世界からの注目を集めている中村が“偏愛している”と語る原作を奥山和由プロデューサーが企画・製作し、武正晴が監督を務めた。主演に村上虹郎、ヒロインには広瀬アリスなど豪華キャストを迎えての映像化となり、映像はモノクロで構成されている。第31回東京国際映画祭では、日本映画スプラッシュ部門に出品され、ワールドプレミア上映された。そして武監督が日本映画スプラッシュ監督賞、主演の村上虹郎が東京ジェムストーン賞を受賞と2冠を達成し、国内外からの注目を集めている。

番組内では、MCに映画評論家の森直人氏を迎え、『銃』の作品紹介と裏側トークはもちろん、武監督の過去作と照らし合わせての映画評論が展開された。

映画とは相性の悪い一人称作品が原作であったことについて、これを映画にしたいという奥山プロデューサーの面白さを流石だとしつつも、「こんなの映画にしたいっていう人がおかしいですよ」と奥山に対して伝えたと語り、笑いを誘った。それでも、原作の特徴でもある一人称を捨てずに活かすために、“主人公に聞こえている音”をどう観客に聞かせるかを考え、ロバート・アルトマンの作品などを参考にしてサウンド設計をしたという。ドラマの中心人物の会話以外にも、エキストラ同士のやり取りにも台詞を与え、本来であれば後から付け加える周囲の会話や雑音などの「音」も撮影現場で作っていったと解説した。

また、原作の重要なキーである“銃で人を撃った後に主人公の世界が変わる”という点が、本作でモノクロを選択した背景にあると語った。このキーをどう映画にするかにあたって、「血が見えた瞬間にそれに色が付いたらどうなるのか?」という着想があり、「主人公の、若者のモノクロの世界が崩れて、現実の恐ろしい世界に引きずり込まれていく」という世界の変化を、「色が見えてきた瞬間に恐怖を感じる」という形で見せたかったという。

番組では、本作の最も重要な要素である“銃”についても触れた。武監督は、人々の生活スタイルが数十年で劇的に変わったことに驚きを覚え、「スマホを持って歩き始めたのを見た時に、こうもみんなあっという間に自分の歩き方を忘れてしまうんだな」と感じたと話した。続けて武は、本作では、主人公の人生を変えたものが拳銃であったが、“銃”を“スマホ”に置き換えれば、通じるものがあるとした。

本作では、銃社会ではない日本の若者が拳銃を拾ったことで世界が変わったように、たった一つの道具が人間の運命・人生を変えてしまう様が描かれていると語った。MCの森は、「銃という(道具)が欲望を刺激するというか、人間のなにかを覚醒させる。万能感を与えてしまうというアイテム」とコメントした。

武監督は、自らが助監督として関わった過去作を振り返り、初めてプロの助監督を務めた『SCORE』での奥山のイメージとして、「面白いことやらしてくれる人がいるな。こんなデタラメなことを、無名な力のない者たちに“やるだけやってくれよ”の精神でやらせてくれる人ってなかなかいない」と語り、無名時代にもかかわらず、チャンスの場をもらったことを思い返した。

更に、武監督が10代の時まで話は遡り、MCの森に大学時代から(映画撮影の)現場には関われていたのかと聞かれ、「巻き込まれたというか、知らない人に声をかけられたら、どんどんついて行っていたので、知らないうちに撮影所につれてこられた」「誘われたら断るなというのが自分の中で精神としてあった」と驚きのポリシーがあったことを明かした。その甲斐あって人脈が広がり、今の自分が形成されたと回顧。

多くの場合は、誰かが断ったり逃げたりクビになったりした現場の人数合わせだったとのこと。その場合、「そこでなにかポカやったとしても、逃げたやつよりはマシだと思ってもらえる」と映画の現場以外にも通じる“若者への人生指南”を語った。

それだけでなく、“あいつを呼んだらいいんじゃない?という存在になる”、“与えられたものに対してどういう結果を出せば良いかを必死にやる”など、フリーランス仕事論・職人論としても貴重な話を聞くこともできた。

「活弁シネマ倶楽部」は、様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。

現在は、WEB配信での特別番組という扱いだが、今後も定期的に配信されるという。WEB番組であるため、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組になる予感。

活弁シネマ倶楽部 関連リンク


FRESH LIVE
YouTube

『銃』
2018年11月17日[土]よりテアトル新宿ほか全国ロードショー
村上虹郎、広瀬アリス
日南響子、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)
中村有志、日向丈、片山萌美、寺十吾、サヘル・ローズ、山中秀樹
村上淳、リリー・フランキー

企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do・太秦
製作:KATSU-do

あらすじ 
俺は拳銃を拾った――。
大学生、西川トオル(村上虹郎)は、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という<道具=武器>は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。

悪友のケイスケ(岡山天音)に合コンへ誘われたトオルは、その夜出逢った女と一夜を過ごす。翌朝、目覚めると、女がトーストを焼いていた。朝食をとりながらテレビを見ていると、あの銃と関係する男の遺体が発見されたというニュースが目に飛び込んでくる。途端に気分が悪くなったトオルに対し、優しく接する女。その日以来、トオルは彼女のことを“トースト女”(日南響子)と頭の中で呼ぶことにした。そしてセックスフレンドとして、度々性欲を吐き出すようになった。 アパートの隣の部屋から、時折、子供の泣き声と、我が子を罵倒する母親(新垣里沙)の声が漏れてくる。それはトオルにとって、親との忌まわしい過去をよみがえらせる。彼は大音量の音楽で打ち消そうとしていた。

大学の学食で、以前も講義中に話しかけてきたヨシカワユウコ(広瀬アリス)と再会した。トオルは、やけにフレンドリーで、自分に興味がある素振りを見せる彼女と付き合うことを妄想した。すぐにセックスする対象ではなく、あえて時間をかけて親しくなることを計画した。それはきわめて魅惑的な「ゲーム」に思えた。意識的かもしれないし、無意識かもしれないが、いずれにせよ、彼はヨシカワユウコと“トースト女”を両極に配し、ふたりの女のあいだで、自分なりのバランスをとっていく。

日々、銃に惹かれていくトオル。やがてカバンに入れて持ち歩くようになった。その刺激は、トオルをさらに高揚させていった。トオルのアパートをひとりの刑事(リリー・フランキー)が訪れた。刑事は、トオルと銃のすべてを知っているようだった。部屋に入ろうとする刑事をなんとか防いだトオルだったが、喫茶店に移動して、尋問を受ける。「人間を殺すとね、不思議なことかもしれませんが、普通の理性でいれなくなるそうですよ」そして、刑事からある言葉が発せられたとき、トオルは後戻りのできない「どこか」に、否応なく踏み出していくのだった――。

武正晴 監督プロフィール 
1967年生まれ、愛知県出身。
短編映画『夏美のなつ いちばんきれいな夕日』(06)の後、『ボーイ・ミーツ・プサン』(07)で長編映画デビュー。『カフェ代官山~Sweet Boys~』(08)、『カフェ代官山 II ~夢の続き~』(08)、『花婿は18歳』(09)、『カフェ・ソウル』(09)、『EDEN』(12)、『モンゴル野球青春記』(13)、『イン・ザ・ヒーロー』(14)、『百円の恋』(14)、『リングサイド・ストーリー』(17)、『嘘八百』(18)など。
『百円の恋』では、日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞受賞により話題を集め、第88回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品としてもエントリーされるなど大きな反響を呼んだ。新作『きばいやんせ!私』は来年公開予定。

関連キーワード