2月27日に日本コロムビアから「みちのく望郷歌」(詩・石原信一、曲・藤竜之介)でCDデビューする新人女性演歌歌手・門松みゆきが1月22日、東京・渋谷区のパセラリゾーツグランデ渋谷でデビューお披露目イベントを開催した。

演歌が好きな両親の影響で2歳のとき演歌に目覚め、物心がついたころ「演歌ってすごいなあ、深いなあ」と興味を持ち始め、小学生のときにプロ歌手を夢見て16歳で作曲家・藤竜之介氏に師事。

歌のレッスンを受ける一方で、第一興商のカラオケガイドボーカルを150曲以上担当。20歳のときに出演した日本テレビ「全日本歌唱力選手権歌唱王」で、坂本冬美の「祝い酒」を歌って大反響を呼んだ。その伸びやかで、力強い歌声が大きな魅力の歌手で、10年間の下積みを経て、満を持してのデビューとなった。

会場には約100人の業界関係者が詰めかける中、音楽評論家・小西良太郎氏の乾杯の音頭で幕を開け、デビュー曲「みちのく望郷歌」をはじめ、昭和歌謡のカバー曲から八代亜紀の「もう一度逢いたい」、坂本冬美の「祝い酒」、都はるみの「涙の連絡船」、それにデビュー曲のカップリング曲「濡れてめぐり雨」など全8曲を熱唱。

最後は、特技の津軽三味線の演奏で、三味線奏者・大沼和雄氏とのコラボで「じょんがら節」を披露。そして、同じく大沼氏との三味線のコラボで再度、デビュー曲「みちのく望郷歌」を披露。

また、デビュー曲を手がけた師匠の作曲家・藤竜之介さんと作詩家・石原信一氏も応援に駆けつけ、弟子の門出を祝福した。

RELEASE

2019/02/27発売「みちのく望郷歌」

■通常盤CD
COCA-17551 ¥1,204+税
1.みちのく望郷歌
作詩/石原信一 作曲/藤竜之介 編曲/蔦将包
2.濡れてめぐり雨
作詩/石原信一 作曲/藤竜之介 編曲/西村真吾
3.オリジナル・カラオケ収録予定

■初回限定盤
COZA-1522-3 ¥1,481+税
1.みちのく望郷歌
作詩/石原信一 作曲/藤竜之介 編曲/蔦将包
2.濡れてめぐり雨
作詩/石原信一 作曲/藤竜之介 編曲/西村真吾
3.オリジナル・カラオケ収録予定

DVD
1.映像収録予定

【Official Site】
日本コロムビア「門松みゆき」サイト

関連キーワード