BOYS AND MENの水野勝、田中俊介、小林豊、本田剛文主演4人の物語が交差する“等身大の29歳”の青春群像劇。『ジャンクション29』が、2月22日(金)より、渋谷シネクイント、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国にて大ヒット絶賛公開中ですが、4篇の短編の1本、「ツチノコの夜」で主演の田中俊介演じる吉田健一は、自主映画監督という設定になっています。

公開記念舞台挨拶の様子はこちらから >

映画『ジャンクション29』公開記念舞台挨拶レポート

2019.02.23

劇中では主人公の制作映画「アマゾン大捜索!巨大ツチノコを追え!!」を鑑賞するシーンが出てきますが、本編よりもその自主映画が気になるという声も多く、なんと、急遽劇場で『ジャンクション29』の本編終了後に上映されることが決定いたしました。

親のすねをかじりながらいまだに自主映画制作を続ける吉田健一が、自ら主演を務めた冒険活劇。果たしてアマゾンに生息するといわれている、幻の生物“巨大ツチノコ”は見つかるのか?

劇場公開大ヒット御礼とともに、3分間のノーカット完全版がついにベールを脱ぐ!劇場でしか観る事のできない特別映像をぜひお見逃しなく。

上映劇場:映画『ジャンクション29』上映劇場
上映開始:3月1日(金)より上映
※各回の本編終了後(約3分)
※各上映劇場の通常料金でご鑑賞いただけます

映画『ジャンクション29』は、夢に、恋に、そして人生にもがく29歳の青年たちが、それぞれ織り成す人生の分岐点を各エピソードで描いたオムニバスストーリー。

主演を演じるBOYS AND MENのメンバー、バイト代をはたいてツチノコを製作する自主映画監督・吉田健一(田中俊介)、成功率98%を誇るスーパー仲人・鴛鴦ハジメ(水野勝)、動画投稿で一攫千金のジャパニーズドリームを狙うバズチューバー・守谷悟(本田剛文)の3人3様の姿が描かれながら、この3人と唯一交差することになる、売れっ子漫画家を目指す丸山晋輔(小林豊)。友人、そして仕事との人間関係において、30歳を目の前に、それぞれが抱える苦悩、そして本音をぶちまけるシーンもありと、人生の分かれ道に立った彼らが何を考え、どのような選択をするのか、主人公たち“等身大の29歳”の青春群像劇を是非注目していただきたいと思います。

公式サイトはこちらから

企画・プロデュース:佐藤友彦
プロデューサー:山口幹雄、小美野昌史
音楽監督:小野川浩幸
音楽:今村怜央、あみこ
撮影監督:松井宏樹
編集:ウエダアツシ
2019年/101min./カラー/16:9/Stereo
制作プロダクション:NAC
配給:スターキャット
Ⓒ2019『ジャンクション29』製作委員会

2019年2月22日(金)より渋谷シネクイント、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場ほか全国公開!!

関連キーワード