今年で20周年を迎えた氷川きよしが、3月12日にニューシングル「大丈夫/最上の船頭」 2本のミュージックビデオが公開された。

公開されたミュージックビデオ「最上の船頭」では、江戸時代後期 、若い弥助とお千が、最上川で船頭さんや船に一緒に乗り合わせた 人々に応援されて、ふたり無事に駆け落ちしてしまうという物語を歌った作品だが、ミュージックビデオでは時代劇さながら、扮装したキャストが物語の芝居を演じている。

その物語を背景に「語り部」のように楽曲「最上の船頭」を氷川きよしが歌った映像となっている。

あわせて公開された「大丈夫」は、振りや手拍子、合いの手、満載の作品。

チャップリン風の氷川きよしにも注目してほしい。
また、「最上の船頭」のミュージックビデオで芝居を演じている役者が「大丈夫」で振り(ダンス)をしているということで2つのMVが連動。
両A面シングルならではの連動した映像作品に仕上がっている。

公開された「最上の船頭」と「大丈夫」 のミュージックビデオをあわせてチェックしてみてほしい。

氷川きよし コメント

おかげをもちまして、2月2日、デビュー20年目に突入させて頂きました。
20周年の新曲が3月12日に出ます!
いい歌が2曲も出来上がりまして、いい歌すぎて、このたび、なんと両A面です!「大丈夫」と「最上の船頭」の2曲を”A面押し”で発売させて頂きます。

タイプの違った2作品を20周年ということで、スペシャルな感じでドドンとお届けさせて頂きます。どちらも作曲は、師匠の水森英夫先生です。「最上の船頭」の作詩は、小説家でいらっしゃる松岡弘一先生です。今回はじめて作品を頂いたわけですけども、江戸時代という時代背景の中で、駆け落ちをする若いお千と弥助が、船頭さんや一緒に船に乗り合わせた人たちに応援されて、船で逃げて、ふたり、無事に駆け落ちをしてしまうという、 とてもロマンチックでステキな作品になっています。

それとはまた違ったタイプの「大丈夫」。「平成」から新しい年号に変わるという、これからの世の中にお届けさせて頂きたい作品。”大丈夫” というテー マで、作詩は森坂とも先生に書いて頂きました。老若男女問わず、 全世代に贈る“新しい時代”の応援歌になると いいなと思っています。CD ジャケットは、東京オリンピック& パラリンピックも近づいてきて、日本の着物をぜひ観てもらいたいということから、「最上の船頭」は正統派の紫色の着流しで、「大丈夫」のほうはちょっとモダンな着流しになっていて、“クールジャパン” みたいなものをアピールしたいなと思いました。
2パターンの氷川きよしを楽しんでいただければうれしいです。

MUSIC VIDEO ですが、「最上の船頭」は江戸時代の扮装のキャストが歌詩のストーリーどおりのお芝居を する見どころ満載の映像になっています。その流れで、「最上の船頭」のキャストがそのままの扮装で「大丈夫」のMVに参加。チャップリン風のきよしも登場します。かわいい振りや手拍子もありますので、MVをぜひご覧いただいて、一緒に盛り上がっていただいて、僕が「大丈夫!」と言ったら、皆様も「大丈夫!」と掛け声を入れていただけたら幸せです。1 月からはじまった全国コンサートツアーや、7 月 11 日12 日の日本武道館、9 月6日大阪城ホー ルの20周年記念コンサートでも、「大丈夫」で盛り上がりたいと思います。
3月12日発売、両A面シングル「大丈夫」と「最上の船頭」を皆様、よろしくお願い致します。

大丈夫 MV

最上の船頭 MV

最新曲「大丈夫/最上の船頭」3タイプのジャケット、詳細記事はこちらから

LIVE情報

■20周年記念コンサート
≪日本武道館≫
2019年7月11日(木)
OPEN16:00/START17:00

2019年7月12日(金)
【1回目】OPEN12:00/ START13:00
【2回目】OPEN17:00/ ATART18:00

≪大阪城ホール≫
2019年9月6日(金)※2回公演

【Official Site】
日本コロムビア「氷川きよし」サイト  


関連キーワード