昨年「nicola(ニコラ)」専属モデルに新規加入した、加藤咲希(かとう・さき/14)と宮本和奏(みやもと・わかな/12)が本日、毎年恒例の同誌一大イベント「ニコラ東京開放日2019」に“初”登場。会場に集まった約1,000人の読者を前に、華々しい“初”ランウェイを披露した。

同誌は、女子中学生を中心に人気を集めるティーン誌。今年7月で創刊22周年を迎え、久間田琳加など、同誌から女優やモデルとして巣立ったタレントは数多い。日本ABC協会が発表する月刊平均販売部数(2018年上半期)でも、14万9598部と他誌と圧倒的な差をつけ、ティーン誌No.1に輝いている。

加藤咲希と宮本和奏は、昨年開催された、第22回ニコラモデルオーディションのグランプリ受賞者。昨年10月号にて、応募総数11,728人から選ばれた新ニコモ(=ニコラモデル)だ。特に加藤は、5年ぶりとなる、中学2年生ながら合格し、ニコ読(=ニコラ読者)の間で一際注目を集めている。

華々しく“初”ランウェイを飾った加藤と宮本。ランウェイ後の恒例の自己紹介挨拶でも、加藤は「皆さんこんにちは、加藤咲希です。あの、、すごく緊張しているんですけど、この緊張と同じくらい、皆さんが楽しめたらいいなと思っています!」、宮本も「皆さんこんにちは、宮本和奏です。今回初めてですごくドキドキしているんですけど、最高の思い出にしたいと思います!」と、2人とも緊張を隠しきれなかった様子。2人にとって、記念すべき“初”イベント、“初”ランウェイとなった。

本イベントではその他にも、全ニコモと、同誌専属男子モデル(通称、メンモ)の計31名のランウェイショーや2ショット撮影会、そして3月で卒業するニコモの卒業式など、数々のイベントステージが実施された。

ニコラネットはこちらから

関連リンク


~加藤咲希(かとう・さき)~
公式HP
公式Instagram

~宮本和奏(みやもと・わかな)~
公式HP
公式Instagram


関連キーワード