姉妹によるピアノ連弾ユニットKitri(キトリ)の、メジャー第2弾作品となる2nd EP「Secondo」(セコンド)が7月24日(水)にリリースされることが決定した。

今年1月に発売した、デビュー作1st EP「Primo」に収録されている「羅針鳥」が全国のラジオやYouTubeなどネットで話題になるとともに、Spotify「Spotify Early Noise Artist 2019 」やYouTube「Artists to Watch」等に選出されるなど、ネクストブレイクアーティストとしても注目されているKitri。

1st EPのタイトル “Primo”(プリモ)=はピアノ連弾でいうところの“第1奏者”。対して、低音部を担当する“第2奏者”を指す「Secondo」(セコンド)は「Primo」の続編と言える位置付けとなっている。前作リード曲「羅針鳥」でメジャーデビューに向けての「決意」を示した2人。今回、Kitriが「チャレンジ」と語る楽曲「矛盾律」(むじゅんりつ)では、オリジナリティ溢れる世界観をパワフルに体現。その他、姉妹デュオならではのハーモニーが聴き手をやさしく引き込む「終わりのつづき」など、多彩な5トラックが収録される予定となっている。

また、10月からKitri Live Tour 2019「キトリの音楽会#2」の開催も決定。前回全会場ソールドアウトで幕を閉じたツアーだけに、早めのチケット確保が必須。(チケット発売詳細は後日発表)彼女たちの魅力は音楽だけにとどまらず、自画像や数々の動画アートをSNSで発信している。その独自の世界観と幅広いアーティスト性に今後益々注目が集まりそうだ。

<商品詳細>
Kitri
2nd EP「Secondo」
発売日 : 2019/7/24 (水)
品番: COCB-54286 価格: 1,800円+税
1. 矛盾律
2. 目醒
3. Dear
4. 終わりのつづき
5. 矛盾律 -naked-
(計5曲収録予定)
販売:日本コロムビア/BETTER DAYS

<Kitri Live Tour 2019「キトリの音楽会#2」>
10月5日(土)大阪
10月12日(土)札幌
10月19日(土)福岡
10月26日(土)名古屋
11月1日(金)東京
11月4日(月)仙台
※会場、チケット詳細に関しては後日発表

Kitri「羅針鳥」Music Video [official]

Kitri「細胞のダンス」Music Video [official]

<NOW ON SALE>
1st EP「Primo」
品番: COCB-54280
価格: 1,800円 +税
1. 羅針鳥
2. 細胞のダンス
3. sion
4. 一新
5. 羅針鳥-naked-
配信情報はこちらから

Kitriプロフィール
Kitri(キトリ)
姉のMona (モナ)とHina(ヒナ)によるピアノ連弾ボーカルユニット。
Mona はボーカル、ピアノ低音部(Secondo)を担当、Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo)を担当、ギター、パーカッション他。
二人は幼い頃よりクラシックピアノを習いMonaは大学で作曲を専攻。Hinaは芸術学を専攻。2015年~京都を拠点に音楽活動を開始。2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、その音源を聴いた大橋が絶賛。大橋が手掛ていた、映画「PとJK」(廣木隆一監督、亀梨和也・土屋太鳳主演)の劇伴音楽に、テーマ曲のボーカルとハミングで参加する。
2017年、過去の音源を大橋トリオプロデュースにより再録音して、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤「Opus 0」が完成する。試験的にストリーミング配信をしたところ反響を呼び、自主音源にしてラジオのパワープレイ獲得、出演スタジオ演奏披露などを行う。
2018年 9月 「Slow LIVE ‘18 in 池上本門寺」フェスのオープニングアクトに出演。同12月7日大橋トリオが毎年恒例としている大編成でのスペシャルライブ「ohashiTrio & THE PRETAPORTERS YEAR END PARTY LIVE 2018」でオープニングアクトとして「GOLD FUNK」のピアノ連弾を披露、ライブ本編でもコーラスとして参加。
2019年1月23日、日本コロムビアより、先鋭的なアーティストを輩出してきたBETTER DAYSレーベルのニューカマーとして1st EP「Primo」でメジャーデビュー。全国ラジオ局の多くでパワープレイを獲得。O.A.で曲を聞いた多くのユーザーにより、先行公開したリードトラック「羅針鳥」MVが話題に。同1月「キトリの音楽会♯1」と題し、大阪、東京、福岡、熊本で初のワンマンツアーを開催、各会場ソールドアウトにて好評を得る。
またSpotify「Spotify Early Noise Artist 2019 」やYouTube「Artists to Watch」等に選出されるなど、ネクストブレイクアーティストとしても注目されている。
日本コロムビア URL
ディケイド URL

関連キーワード