ポスタービジュアル

MOOSIC LAB 2018長編部門にて女優賞(南沙良)とベストミュージシャン賞(西山小雨)を受賞した、大崎章監督作品『無限ファンデーション』が8月よりK’s cinemaにて劇場単独公開が決定!『お盆の弟』(第37回ヨコハマ映画祭4冠)の大崎章監督がシンガーソングライター・西山小雨の楽曲「未来へ」を原案に、未来へと向かう10代の少女たちの即興芝居で紡がれた本作。主人公・未来を堂々と演じきったのは、ブルーリボン賞ほか新人賞を続々と受賞している女優・南沙良(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)。共演の原菜乃華(『はらはらなのか。』)、小野花梨(『SUNNY/強い気持ち、強い愛』)など、10代の実力派女優たちによる瑞々しくも緊張感あふれるアンサンブルと、それらを優しく包み込むまっすぐな西山小雨の音楽、そしてベテラン・猪本雅三、伊藤裕規による撮影と録音が、少女たちのかけがえのない一夏を見事に切り取った、世界で一番熱くて尊い青春映画のポスタービジュアルが解禁となった。(尚、ポスタースチールは『少女邂逅』の枝優花監督が担当。本スチール以外も後日発表される予定とのこと。)

さらに同作品の制作のきっかけにもなった原案とも言える楽曲「未来へ」MVの制作プロジェクトが始動。そもそも西山小雨より同曲のMusic Videoを作りたいという話を受けた大崎章監督が、松本花奈監督(「21世紀の女の子」「脱脱脱脱17」)にプロットを書いてもらい、映画化の話を音楽×映画のコラボ映画祭「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ」に企画を持ち込んだのが映画制作のきっかけだった。そのプロットとは別で映画化が進み、Music Video自体は未完成だったため、公開を記念し制作が決まった。目標金額は1,000,000円。集まった資金はMusic Videoの制作費などに使われ、完成した作品は8月10日に行われる、西山小雨の単独ライブでお披露目となる予定だ。

「無限ファンデーション」クラウドファンディングのページはこちらから

「無限ファンデーション」

出演:南沙良 西山小雨 原菜乃華 小野花梨 近藤笑菜 日高七海 池田朱那 佐藤蓮 嶺豪一 片岡礼子
監督:大崎章
音楽・主題歌:西山小雨
撮影:猪本雅三
照明:松隈信一
サウンドデザイン:伊藤裕規
プロデューサー:越川道夫
助監督:張元香織
コンセプトデザイン:宮本茉莉
ヘアメイク:浅井美智恵
企画:直井卓俊
宣伝美術:寺澤圭太郎
ポスタースチール:枝優花
企画協力:Breath
協力:高崎フィルムコミッション 玉村町
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
共同配給宣伝:MAP
2018 | 日本|カラー|5.1ch|102min

「無限ファンデーション」STORY
人付き合いが苦手な女子高生・未来は、服飾デザイナーになる夢を胸に秘め、誰にも打ち明けることなく退屈な日々を過ごしていた。ある日の帰り道、リサイクル施設から聴こえる澄んだ歌声に導かれ、ウクレレを弾きながら歌う不思議な少女・小雨と出会う。

さらには未来が描いた洋服のデザイン画を目にした演劇部のナノカたちに誘われ、舞台の衣装スタッフとして入部することになる。戸惑いつつも小雨やナノカたちに心を開いていく未来だったが、彼女たちの一夏はやがて思いがけない方向へと走り出していく…。

関連キーワード