7月17日に通算6枚目となるシングル作品「花火」のリリースを控えるThe Super BallThe Super Ball。今作の表題曲「花火」はFM OH!で放送中のレギュラー番組「The Super Ballの聴きだおれ」で初OAをして以来、「切ないメロディーが泣ける」「詩の世界観がヤバい…!」「失ってその大きさに気づく前に大切な人をより大切にしようと思った」「歌い方が力強くて引き込まれた」など、多くのリスナーから番組や彼らのSNSなどに反響のメッセージが寄せられていた。更に、今作のカップリング曲として収録される「夏の神様」は、青森朝日放送「めざせ甲子園2019」テーマソングとして書き下した1曲であり、「サンサーラ」はフジテレビ「ザ・ノンフィクション」テーマソングを今春からThe Super Ballが担当している。リリース前から大きな話題を集める今作であるが、遂にその「花火」のMVがワンマンライブ@代官山LOOPで初お披露目され、所属レコード会社の公式YouTubeチャンネルでも公開された。

今作のMusic Videoは「大切な人との永遠の別れ」をテーマに、約5分間のショートドラマになっている。ひとつの家族の日常の幸せと、突然訪れる「別れ」…。母親の優しさ、父親の強さ、そして2人の何よりも大切な娘の成長。ホームビデオに残る映像は家族の絆であり、年月を経ても色褪せずに幸せの記憶として記録されている…。YouTubeへの公開に先立ち、代官山LOOPのライブにて一足早く公開されたが、ステージ上の大ビジョンに映し出されたMVを見ながら、多くのファンが涙した。MVの上映が終わると、フロアからすすり泣く声のみが聞こえてくる中、暗く静寂に包まれたステージ上にThe Super BallがMV撮影時と同じ衣装を着て再登場し、気持ちを込めて「花火」をパフォーマンスした。その歌声と彼らの姿が先程の映像をフラッシュバックさせ、再度多くの人の目から涙が自然と溢れていた。尚、このMVは「花火」初回限定盤に付属されるDVDに収録されるが、DVDにはそれ以外にもMV撮影時のMaking Videoと、今春に開催した「Yogo Presents 東名阪ワンマンツアー“RHB28”」にカメラが密着したRoad Movieも収録される。MV撮影の裏側やツアーの裏側など、メンバーの素の表情が収められている。

待望の新曲リリースが近づく中、リリース記念インストアイベントの開催も全国9都市で決定している。また、The Super Ballのメジャーデビュー記念日となる7月20日(土)には横浜YJTホールにて記念ワンマンライブを開催することも発表された。更に、8月12日(月/祝)には2年前にコラボ作品「Rin! Rin! Hi! Hi!」をリリースしたハシグチカナデリヤとのツーマンライブも発表されている。The Super Ballが今夏大きな花火を打ち上げる準備が着々と整っている。今後の動向から目を離さずにチェックしていこう。

「花火」MV

次のページ

リリース情報、ライブ・イベント情報

関連キーワード