作詞家の松本隆が、作曲家・シューベルトの歌曲3部作と言われる「白鳥の歌」を日本語訳し、4月18日にリリースすることが決定した。

松本隆のライフワークでもあるシューベルト楽曲の日本語訳作品は、昨年の「紫綬褒章」受章後に初めてリリースされる注目作であり、自身が現在活動の拠点としている「京都」にこだわった作品でもある。

なお松本は1992年に「冬の旅」を、そして2004年に「美しき水車小屋の娘」を現代語訳して発表。そして14年ぶりに発表される「白鳥の歌」でシューベルトの歌曲集3部作が完結する。「白鳥の歌」という題名は、31才の若さで亡くなったシューベルトの死後、楽譜出版社がつけたもの。白鳥は死ぬ時に一番綺麗な声で鳴くという言い伝えから、生涯最後の作品を白鳥の歌と例えられている。

今作のレコーディングは「京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ」で行われた。ボーカルにテノール歌手の鈴木准、ピアノに巨瀬励起を迎え、松本はレコーディングについて「レコーディングディレクターは音程に厳しく、冷徹な人の印象だったが、ドッペルゲンガーのOKテイクをとってる最中に感極まって号泣してしまった。もちろん鈴木准氏の歌唱のなせるわざである。巨瀬励起氏のピアノは和音をポローンと弾いてるだけで美しい。それだけで詩になってる。コロムビアの録音チーム。練習の時にぼくは客席で聴いていて、後半はコントロールルームに移動した。するとスピーカーからホールとまったく同じ音が聞こえるのだ。なんという技術の高さ。」と語る。

さらに、CDジャケットには京都在住の書家・川尾朋子を起用し、「白鳥の歌」の文字を繊細且つ力強く書き上げている。

松本はこれについても、

「死にゆく白鳥が力を振り絞って、もう一度羽ばたこうと凛と空を見上げる。そんな姿が見えるような書だった。感謝。」

と絶賛。

この「松本隆」×「シューベルト」×「京都」という異色であるがどこか魅力的な響きのあるコラボレーションは、松本にとって集大成となる作品に仕上がったようだ。

BS朝日『歌っていいだろう』では、3週にわたって松本隆を特集し、本人も出演中。3週目となる21日(水)の放送では、クミコによる「しゃくり泣き」(アルバム『デラシネ』より)を、作曲を担当したピアニスト・村松崇継と生パフォーマンスで共演するほか、松本本人がなぜ200年前のシューベルトの楽曲を日本語訳詞するのかその理由を語り、鈴木准と巨瀬励起を招いてアルバム『白鳥の歌』より「ドッペルゲンガー」をテレビ初披露する。

【リリース情報】


  • 2018年4月18日発売
  • COCQ-85417 ¥3,000+税

松本隆現代語訳 シューベルト 歌曲集「白鳥の歌」

  1. 愛の使い
  2. 戦士の予感
  3. 春に焦がれて
  4. セレナーデ
  5. 仮住居
  6. 異邦にて
  7. じゃあね
  8. アトラス
  9. 肖像画
  10. 漁師の娘
  11. 都市
  12. 海辺
  13. ドッペルゲンガー
  • テノール:鈴木准 ピアノ:巨瀬励起
  • 録音:2017年11月28日-30日 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

 

【Media/番組情報】BS朝日「歌っていいだろう」

  • 3月21日(水)23:00-23:30放送
  • 出演:松本隆&クミコ、村松崇継

松本隆の作詞、クミコ「しゃくり泣き」誕生秘話。映画音楽家で話題の村松崇継も登場。必見のコラボ演奏が実現!200年前のシューベルトの楽曲に詞をつづる理由とは?

関連リンク


関連キーワード