TUBE・ギタリスト春畑道哉、Jリーグテーマを再レコ&リアレンジ

Jリーグ開幕から四半世紀にわたってオフィシャルテーマソングとして使用されてきた「J’S THEME(Jのテーマ)」をギタリストの春畑道哉が再レコーディング&リアレンジし、配信スタートすることが発表された。

「J’S THEME(Jのテーマ)」は当時25歳だった春畑がJのテーマのために作曲し、1stソロシングルとして発売した感動的なバラード曲。1993年の5月15日に開催されたJリーグ開幕のオープニングセレモニーでは約6万人の大観衆の前で演奏され、ギターインスト曲ながら約30万枚のセールスを記録した。

今回、Jリーグ25周年という節目に、25周年、50周年、75周年、100周年と四半世紀ごとにリアレンジしていくアイデアのもと、制作した新バージョン「J’S THEME(Jのテーマ)25th ver.」は、メロディはそのままにポジティブで新たなサウンドへと生まれ変わった。

春畑は25年間を振り返り「あの開幕セレモニーで演奏してから四半世紀もの長い間、「J’S THEME」を Jのテーマとして使って頂き、心から感謝しています」

という感謝の言葉と共に、新バージョンについて「この度、新バージョン制作のお話を頂き、“変わるもの”と“変わらないもの”をテーマに、リアレンジしました。“変わらないもの”の象徴として、ギターメロディは変えずオリジナルに忠実に演奏しました。シンセとリズムは変更を加えオリジナルよりもアクティブで未来へ向かっていくポジティブな楽曲に進化したと思います」

と解説。

そして、「当時 10 クラブだったクラブも 54クラブまで増え、やがて全都道府県にクラブが出来たら・・・という 25 年前に川淵三郎さん(初代Jリーグチェアマン)からお聞きしていた夢がもう少しで叶うとワクワクしています。百年後もスタジアムで「J’S THEME」が流れてくれていたら、これほど嬉しいことはないと思っています。新たに生まれ変わった「J’S THEME」、是非聴いてください」

とコメントを寄せた。

配信サイトはこちらから

春畑道哉コメント

Jリーグ 25 周年おめでとうございます。あの開幕セレモニーで演奏してから四半世紀もの長い間、「J’S THEME」をJのテーマとして使って頂き、心から感謝しています。
この度、新バージョン制作のお話を頂き、“変わるもの”と“変わらないもの”をテーマに、リアレンジしました。“変わらないもの”の象徴として、ギターメロディは変えずオリジナルに忠実に演奏しました。シンセとリズムは変更を加えオリジナルよりもアクティブで未来へ向かっていくポジティブな楽曲に進化したと思います。

当時 10 クラブだったクラブも 54クラブにまで増え、やがて全都道府県にクラブが出来たら・・・という 25 年前に川淵三郎さん(初代Jリーグチェアマン)からお聞きしていた夢がもう少しで叶うとワクワクしています。百年後もスタジアムで「J’S THEME」が流れてくれていたら、これほど嬉しいことはないと思っています。
新たに生まれ変わった「J’S THEME」、是非聴いてください。

関連リンク


Ads by Google