斉藤和義 歌うたい25年の音づくり

  • 7月29日(日)夜 9:30[WOWOWライブ]

斉藤和義の音に対するこだわりを収めた特別番組。歴代曲のレコーディング秘話や最新アルバムのレコーディングを再現するなど、斉藤の楽曲制作の裏側をお届けする。

1993年8月に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューを飾り、これまで「歩いて帰ろう」「歌うたいのバラッド」など数々の名曲を世に送り出し、今年で25周年を迎える斉藤和義。3月から約4カ月にわたる全国ツアーを行なうなど、今なお精力的な活動を見せている彼の、さらなる魅力に迫る。

ブースに集まったメンバーは、昔なじみのエンジニアやマニュピレーターで、“いつもの同じ空気”で談笑する斉藤の姿をカメラに収めた。また、今では貴重になったマルチテープで、斉藤が過去にレコーディングした楽曲を振り返り、音へのこだわり、曲の誕生秘話を語る。さらに3月にリリースされたオリジナルアルバム『Toys Blood Music』のレコーディングを再現。斉藤が実際に使用した楽器を使って、“楽曲を作っていく”過程を追体験する姿はファン必見になること間違いない。

斉藤和義 LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”

  • 8月12日(日)放送予定[WOWOWライブ]

デビュー25年、通算19枚目のアルバム「Toys Blood Music」を引っ提げた全国ワンマンライブツアーから、山梨公演をお届け。

今年8月にデビュー25周年を迎えるミュージシャンの斉藤和義。ドラマ主題歌「やさしくなりたい」や、子ども番組のオープニング曲となった「歩いて帰ろう」、多くのアーティストにカバーされている名曲「歌うたいのバラッド」などで知られる一方、映画のサウンドトラックをプロデュースするなど、マルチな活躍を見せている。

8月からはアニバーサリーツアーも控えているが、それに先駆けて行なわれているのが、約4カ月にわたり41都市で47公演を展開する全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”」。最新アルバム『Toys Blood Music』を手に回るこのツアーから、6月2日の山梨・コラニー文化ホールでのライブを放送。デビュー以来、各都道府県で多くのステージに立ってきた斉藤の真骨頂でもある、魂のこもったパフォーマンスに期待だ。

収録日:2018年6月2日
収録場所:山梨 コラニー文化ホール

番組HPはこちらから

関連キーワード