撮影:村井香

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの女装シンガー3人による音楽ユニットの星屑スキャットが、新曲「新宿シャンソン」のミュージックフィルムを公開した。

リリー・フランキーが、自身のペンネームであるエルビス・ウッドストック名義で作詞を手掛けた「新宿シャンソン」。小説家、俳優、イラストレーター、ミュージシャンなど、そのマルチな才能であらゆるカルチャーを牽引するリリーだが、星屑スキャットの音楽に欠かせない“昭和歌謡”もまた彼が愛する世界のひとつ。テレビ番組での共演をきっかけに星屑スキャットを見初めたリリーは、その後も彼らのライブやステージに何度も足を運び、自身が主催する音楽イベント「ザンジバルナイト」や、MCを務めるNHK-BS「The Covers」への出演をオファーするなど親交を深めてきた。

リリーが「星屑スキャットには金の匂いがする」とペンを走らせ、自らの手でメンバー3人に楽曲を届けてから早5年。幾度となくステージやテレビで歌われる度に、聴く人の心を揺さぶり続けてきた「新宿シャンソン」。すでに名曲との呼び声も高い8分を超える壮大なバラードは、4月25日に星屑スキャットが発売した待望のファーストアルバム『化粧室』にて初音源化が実現した。

女優・蒼井優主演、白石和彌監督による「新宿シャンソン」の映像は、リリー・フランキー総指揮のもと新宿を舞台に楽曲の世界観を表現した、全10分にも及ぶミュージックビデオの概念を超えた「ミュージックフィルム」として制作。撮影は4月下旬に全編新宿で行われ、星屑スキャットのメンバーもドラァグクィーン(メイリー・ムー)、スナックのママ(ギャランティーク和恵)、酒場の客(ミッツ・マングローブ)として出演している。

【YouTube】新宿シャンソン / 星屑スキャット

男と別れてから歌を歌えなくなった歌うたいの女(蒼井優)が、あてもなく新宿の街を彷徨い歩き、時にはライブハウスで、時にはゴールデン街のスナックで酒を呑むが、現れるのは不思議な仮面を被った男。仮面の男は過去の男なのか、それとも女の未来か、、、

【RELEASE】

星屑スキャット
1stアルバム「化粧室」
2018年4月25日発売
COCP-40302~3(2枚組)
¥3,500(税込)

(DISC1)

1.Knock Me In The Middle Of The Night
2. 愛のミスタッチ
3. ANIMALIZER (2018 new mix)
4. 半蔵門シェリ
5. 波の数だけターコイズ
6. 降水確率
7. 星屑スキャットのテーマ(2018 new mix)
8. マグネット・ジョーに気をつけろ(シングル・バージョン)
9. Interlude – Cosmetic
10. コスメティック・サイレン
11. REMEMBER THE NIGHT(2018 new mix)
12. HANA-MICHI

Bonus Track: ご乱心(2018 extended mix)

(DISC2)

1.新宿シャンソン

新宿シャンソン / 星屑スキャット

星屑スキャット 1st Album『化粧室』ティザー映像

Official Site

【Profile】

星屑スキャット

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーの3人によって、2005年に結成された『音楽ユニット』。

新宿2丁目を中心とした活動をする中、全国各地でのイベント出演やコンサート開催を経て、よりエンタテインメント性の高いグループへと成長。

時代やジャンルを越えた幅広い歌謡曲を、それぞれの個性豊かな歌声と洗練されたハーモニーで魅せる唯一無二の世界観に、さらなる注目が集まっている。

ミッツ・マングローブ

歌手、ドラァグクイーンとしてステージに立つ傍ら、テレビタレントとして様々な番組で活躍中。

2011年3月「若いってすばらしい」で、念願のCDデビューを果たす。

ソロ歌手活動と並行して、2012年は星屑スキャットとしてもCDデビュー。

ギャランティーク和恵

2002年、歌手活動をスタート。

歌謡曲を懐メロとして捉えることなく選曲し唄うスタイルを特徴とし、都内を中心にライブ活動を行う。

最前線で活躍するミュージシャン、クリエイターと共に、現代的で華やかな世界を追求し、セルフプロデュースによるリサイタルも精力的に開催している。

また、新宿ゴールデン街のバー「夜間飛行」のオーナーとしての顔も持つ。

メイリー・ムー

2005年、ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵とともに星屑スキャットを結成し歌手活動開始。

沖縄出身。百万ドルの笑顔で老若男女を魅了している。2012年春、念願のソロ・デビューも果たした。

関連キーワード