クミコ、世界が涙する詩を歌う「最後だとわかっていたなら」ショートアニメーション公開

クミコが、3月7日にリリースした新曲「最後だとわかっていたなら」のショートアニメーションが公開された。

「最後だとわかっていたなら」は、原作者であるアメリカ人女性のノーマ・コーネット・マレックが、1989年に10歳の息子を亡くした際に綴った一篇の詩で、原作タイトルは「Tomorrow Never Comes」。2001年に起きたアメリカ同時多発テロ9.11で亡くなった消防士の手帳に書かれていた詩として注目を浴び、テロの追悼集会でも朗読されたことで“世界が涙する詩”として知られるようになった。クミコ自身も、90歳になる両親を3年にわたり介助する日々を過ごしており、この詞に感銘を受けたことから新曲「最後だとわかっていたなら」を歌っている。

公開されたショートアニメーションは、ひとこま漫画家、アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家など多種の肩書きを持ち、毎日映画コンクール大藤信郎賞、紫綬褒章受賞などの受賞歴をもつ古川タクが担当。ディレクターは最先端のクリエイティブディレクターでありリリックスピーカーを開発した斉藤迅が務め、古川のアナログ感溢れる線画のアニメーションと、リリックスピーカーの歌詞ビジュアライズのデジタル技術を駆使した斎藤のディレクションが作品を表現する。介護をする側・介護をされる側の両面からの姿が描かれた映像は、介護世代の心を揺さぶる感動の作品に仕上がった。

クミコは「これまで音として唄っていたこの歌が、古川タクさんとリリックスピーカーの皆さんのおかげで、立体になりました。立体より宇宙になったといったほうがいいかもしれません。人が生まれて死んでいく。その自然の摂理をこの動画は静かに優しく教えてくれます。この作品を見てから、日常が変わりました。老いた両親といて、心がざわつきそうになる時、すぐにこの動画を思い出すのです。そうするとなんだか愛おしい思いが溢れて、穏やかな気持ちになれるのです。この作品に救われたのは、誰より私自身かもしれません。そして、この作品が、できれば私と同じ、いえ、それぞれの立場で一生懸命に生きておられる皆さまの、心のオアシスになることを願っています。」とコメントを寄せている。

同映像は、クミコが6月30日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行うコンサートにてライブでの初披露が予定されている。また、EXシアターのコンサートが完売につき、10月には東京・Billboard Live TOKYOでのライブも決定。是非コンサートにも足を運んでみては。

【RELEASE】

2018/3/7
クミコ「最後だとわかっていたなら」
COCA-17418 / ¥1,204+税
原作:ノーマ コーネット マレック 訳:佐川 睦
歌詞構成・作曲:都志見 隆 編曲:武部聡志
c/w「何度でも 恋に落ちましょう」
作詞:小山田美里亜 作曲・編曲:EDISON

[Music Video]最後だとわかっていたなら / クミコ

【LIVE】「An Evening with クミコ ~sings European Songs~」
【出演】クミコ(vo) / 藤原昌生(ピアノ) / 谷源昌(ベース) / 足立浩(ドラムス)他
【日時】2018年10月14日(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ 開場18:30 開演19:30
【会場】東京・Billboard Live TOKYO
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
【チケット料金】サービスエリア¥8,500- / カジュアルエリア¥7,500-(1ドリンク付き)
【発売日】Club BBL会員先行=8/1(水)11:00 / 一般予約受付開始=8/8(水)11:00
【ご予約・お問い合せ]】ビルボードライブ東京 03-3405-1133

古川タク プロフィール

1941年三重生まれ。

久里実験漫画工房を経て1970年代から一コママンガ、アニメーション作家、絵本やエディトリアルや広告のイラストレーターとして今日に至る。アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞、文藝春秋漫画賞、毎日映画コンクール大藤賞、紫綬褒章、旭日小綬章などを受ける。現在新千歳空港国際アニメーション映画祭名誉実行委員長や文化庁メディア芸術祭運営委員なども勤める。著書に絵本かがやけ詩「かんがえるのっておもしろい」(小池昌代編・あかね書房)幼年漫画「リトルTの冒険」(福音館書店)など。

古川タク コメント

思いがけずクミコさんの新曲のミュージックビデオのアニメーションを担当することになった。プロデューサーからこの曲の由来、そしてクミコさんのこの曲にかける思いを聴いた。現在ご両親の介護をしながら歌手活動を続けられているクミコさん、後悔はいつも残るけど、ニコッと笑ってほっとして一日を終えたい、介護中のみなさんも自分を責めすぎないで、そんな気持ちが歌にこめられている。ボクは今や、介護される年代にさしかかっている。クミコさんがこれまでに出されたアルバムのジャケットを見ているだけで時代が蘇って来た。それはまさにボクも歩いて来た時代だった。ストーリーを組み立てながら我が両親との別れ、自分のこどもや孫たちの事もダブってくる。

またこの映像にはもう一つ仕掛けがある。時代の先端を行く若き映像クリエイター集団が作った歌詞をアニメーションとしてスピーカー上にビジュアライズさせるリリックスピーカーとの競演だ。ボクのこどもたちといってもおかしくない世代と一緒に仕事ができる事が嬉しくて嬉しくてたまらなかった。ボクは元々大の音楽好きで今度生まれ変わったら絶対にミュージシャンだと決めつけている。

斉藤迅 プロフィール

SIXのクリエイティブ・ディレクター。開発・発売したリリックスピーカーは2017年より世界各国でも発売開始。Forbesで取り上げられるなど世界的な注目を集め、米ビルボードやコートニー・カーダシアンによるギフトセレクションに選ばれた。現在、日本を始めとして世界32カ国で販売展開している。

また、リリックスピーカーの歌詞ビジュアライズ技術を活用し、松本隆のコンサート「風街ガーデンであひませう」の歌詞演出を行うなど、ソフトウェア提供を通して様々なコラボレーションを行っている。

斉藤迅 コメント

この詩は、クミコさんがご両親のことを思い浮かべながら歌っている曲。僕はそんなエピソードを聞いてから曲を聴いたもので、おもわず泣きそうになった。そして、すぐに北海道の地元の両親にあんまり会ってないな、もっと会いたいなと思った。仕事が忙しい忙しいと言っておらずに、たまにはお盆に実家に帰って一緒にジンギスカンでも食べたいと思った。だって、人生、いつなにが起こるかわからない。下手したら、子供の時は永遠に繰り返される感じていた、夏になったら庭でジンギスカンを食べる、スイカを食べる、そんなことが、ふと気づいたら二度と無いのかもしれない。そんな当たり前のことを思い出し、心がヒヤッとした。

この歌の面白いところは、聴いた人によって思い浮かべるのが両親だったり祖父母だったり子供だったり孫だったりそれぞれ違うのに、一様に、この時間を大切にしなきゃ、という気持ちにさせるところだ。ご一緒させていただいたタクさんとは世代も違うので、製作中に頭に浮かべている対象がそれぞれ違うのに、それでもひとつの世界観を作れている、それはこの歌のもっている普遍性のおかげだろう。ふたつの世代で介護や老後というテーマと向かい合うのがとても貴重な体験だった。そしてそれを話す中でタクさんの人生を垣間見、その生き方に同じ製作者として深く感動した。この歌はいろんな人に人生の時間や人生、自分の大切な人を想起させるのだ。多くの人が、この歌をきいた直後、思わず自分の大切な人に電話してしまうだろう。お盆帰るよ などなど。

クミコ プロフィール

茨城県水戸生まれ。
1978年「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。
1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。
02年「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”としてヒットし一躍脚光を浴びる。
10年、原爆の子の像・佐々木禎子の物語「INORI〜祈り〜」がヒットし、第61回NHK「紅白歌合戦」初出場を果たす。翌年3月11日、コンサートで石巻に訪れた際、東日本大震災に遭遇し被災。
14年、NHK連続ドラマ「花子とアン」「マッサン」で劇中に流れ話題となっているスコットランド民謡「The Water Is Wide The Water Is Wide〜」をリリースし、「希望の歌」としてロングヒット中。全国では、合唱バージョンも唄われ広がりをみせている。NPO法人日本子守唄協会創立15周年記念歌として作曲・プロデュースつんく♂×子守唄協会会長の湯川れい子作詩「うまれてきてくれて ありがとう」をリリースし、2015年のレコード大賞作曲賞を受賞。
17年、紫綬褒章を受賞した松本隆と17年ぶりにタッグを組んだアルバム「デラシネ」が、レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。

クミコオフィシャルHP