韓国のテノール歌手、ベー・チェチョル、日野原重明へ追悼の2ndアルバムを命日にリリース

ベー・チェチョル(Bae Jae-Chul)が、セカンドアルバム『THE SINGER II 愛のうた』を7月18日にリリース。2017年7月18日に105歳で死去した医師の日野原重明が作詞・作曲を手がけた「愛のうた」のミュージックビデオが公開された。

愛のうた / ベー・チェチョル

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルは、“アジアのオペラ史上最高のテノール”と称されヨーロッパでの活躍を期待された矢先、2005 年秋に甲状腺ガンに襲われ、声帯および横隔膜の神経を切断。歌声とともに右側の肺の機能を失い絶望の淵に立たされながら、日本での声帯回復手術を受けて奇跡的に復活した経歴を持つ。セカンドアルバムの発売日にあたる7月18日は、昨年に105歳で亡くなった医師の日野原重明の命日にあたる。日野原氏は生前、ベーの歌声を「歌を聴いて神を感じたのは初めて」と絶賛し、最晩年には自身でプロデュースしたコンサートを展開。べーはこのアルバムに追悼の思いを込めた。

今作には、「アメイジング・グレイス」「アンチェインド・メロディー」など有名曲のほか、「川の流れのように」「長崎の鐘」「もしもピアノが弾けたなら」といったカバーや、日野原氏が作詞・作曲した「愛のうた」など全14曲を収録。日野原氏の思いの込められた「愛のうた」は、当初アカペラでレコーディングが行われ、今回コーラスをバックに再録音された楽曲。ベーは病床の氏を見舞ったおりに、曲終わりの“おくらん”の歌い方の変更を指示されたという。そしてベーと親交があり、「もしもピアノが弾けたなら」のオリジナル歌手である西田敏行からコメントが寄せられた。

西田敏行 コメント

ベー・チェチョルの歌声には歓びがある
哀しみがある
希望がある
絶望がある
夢がある
現実がある
出逢いがある
別離がある
そして生がある
そして死がある

聴く者は、ベー・チェチョルの奇跡の人生を共有する感動の涙が頬を伝う!
そしてスタンディングオベーション!
奇跡のオペラ歌手にスタンディングオベーション!

上記のコメントを、捧げます!ありがとう
西田敏行

日野原氏が作詞・作曲 した「愛のうた」は、7月19日に東京オペラシティ コンサートホールにて開催される昇天一年メモリアル&CD発売記念 日野原重明プロデュース「べー・チェチョルコンサート」でも披露される。圧倒的感動を呼ぶ奇跡の歌声をぜひ体感いただきたい。

【RELEASE】
[ALBUM] 2018/07/18発売
THE SINGER II 愛のうた
COCQ-85421 ¥2,778+税

1.アメイジング・グレイス
2.ダニー・ボーイ
3.マイ・ウェイ
4.ゴッドファーザー 愛のテーマ
5.虹の彼方に
6.アンチェインド・メロディー
7.逢いたい(ポゴシプタ)
8.別れの曲
9.ねむの木の子守歌
10.愛のうた
11.もしもピアノが弾けたなら
12.ゴンドラの唄
13.長崎の鐘
14.川の流れのように

ギター:アントニオ古賀(2,4)
ピアノ:クリスティアン・アガピエ(1,3〜9,11〜14)
ゴスペル:ソウルマティックス(1,10,13)

レーベルOfficial Website

【LIVE / CONCERT】
昇天一年メモリアル&CD発売記念 日野原重明プロデュース「べー・チェチョルコンサート」

日時:2018年7月19日(木)
13:30開演(13:00開場)
会場:東京オペラシティ コンサートホール
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
チケット:S席:7,000円 / A席:5,000円(税込み)
申し込み:
ヴォイス・ファクトリイ チケットデスク
TEL:03-3230-7770(9時~18時)月曜日~金曜日
オペラシティチケットセンター
TEL:03-5353-9999(10:00~18:00/月曜定休)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 (Pコード:115-259)
ローソンチケット
TEL:0570-000-777 (L コード:32349)
e-plus
■チケット発売:2018年4月20日(金)
■お問合せ
ヴォイス・ファクトリイ チケットデスク
TEL:03-3230-7770
MAIL info@voice-factory.com
主催:ヴォイス・ファクトリイ株式会社
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
詳細ページはこちらから

【PROFILE】
ベー・チェチョル(Bae Jae-Chul) / テノール

1969 年大邸(テグ)に生まれる。ソウルの漢陽(ハニャン)大学を卒業後、イタリアのヴェルディ音楽院を修了。直ちにヨーロッパ各地の声楽コンクールにて優勝を重ねデビュー。その後ヨーロッパ各地の主要歌劇場にて主役を演じ、大きな成功と評価を勝ち取り、「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称された。
しかし 2005 年秋、甲状腺ガンに襲われ、声帯および横隔膜の神経を切断、歌声と共に右側の肺の機能を失う。
その後、多くの日本のファンの支援を受け、音声外科医の世界的権威である京都大学一色信彦名誉教授による声帯機能回復手術を受ける。厳しいリハビリを経て、2008 年 12 月東京にて奇跡ともいえる舞台復帰を果たした。
それ以降医学の常識を超える驚異的な回復を遂げ、現在活発な演奏活動を展開。苦難を越えて響くその歌は「奇跡の歌声」と呼ばれ、聴衆の魂に届く深い感動を与え続けている。
2014 年、その人生の軌跡を綴った日韓共同制作による映画「ザ・テノール 真実の物語」が日本と韓国で公開され、その後台湾、香港、イスラエルなど各国で上映が広がっている。
2016 年オペラシティで開催された「日野原重明プロデュース ベー・チェチョルコンサート」では皇后陛下のご来臨を賜った。
右側の声帯が完全に麻痺した状態で歌っている、世界の歴史でも唯一の声楽家。

公式サイト