『イップ・マン』シリーズのウィルソン・イップが監督、サモ・ハン・キンポーがアクション監督を務め、ルイス・クー、トニー・ジャーの2大スターが共演した最強アクション『SPL 狼たちの処刑台』の予告と第二弾ポスターが公開。

『イップマン』シリーズのウィルソン・イップが監督、ルイス・クーとトニー・ジャーが共演した本作。異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親が、闇の世界へ飛び込み組織に戦いを挑む。2017年8月に香港・中国で公開されて大ヒットしたのみならず、第37回香港アカデミー賞で9部門にノミネートされ、うち主演男優賞、アクション設計賞、音響効果賞の3部門に輝くなど高い評価を獲得。香港映画が生んだ<マーシャル・アーツ>と<香港ノワール>の二大要素を極限まで継承し、その頂点を極めた最高傑作が誕生した。

今回解禁となった第二弾ポスタービジュアルでは、「殺せ、生き残れ――全面戦争勃発。」というキャッチコピーとともに、燃え盛る炎を背景に、国家が裏で糸を引く臓器密売組織に立ち向かう3人の刑事と、組織の中心人物の姿が映し出されている。

そして、公開された予告ではルイス・クーが敵3人からの攻撃を猛スピードでかわすシーンや、トニー・ジャーの超人的な回し蹴りや飛び蹴りなどが切り取られている。アクション監督を香港で“ビッグ・ボス”と呼ばれる、アクションスターのサモ・ハン・キンポーが務め、『イップマン』シリーズ、『SPL 狼よ静かに死ね』、『導火線 FLASH POINT』などでアクション映画史に名を刻んできたウィルソン・イップ監督は「今までで一番いい映画」と自信のコメントを寄せている。

前売り特典ポストカード

また、特典付き前売鑑賞券が全国の劇場で発売中。本国のティザービジュアルを使用した限定ポストカードが付属している。

『SPL 狼たちの処刑台』は、9月1日からシネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

<STORY>
タイムリミットは 48 時間!

異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親は、迷うことなく闇の世界へ飛び込んでいく――15 歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで何者かに誘拐される。連絡を受けた香港の警察官である父リー(ルイス・クー)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に自分も捜査に同行させてほしいと頼む。犯人一味は国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明。警察内部にも一味がいることをつきとめ、リーとチュイ、チュイの同僚タク(トニー・ジャー)はたった 3 人で組織に乗り込む。

監督:ウィルソン・イップ『イップマン』シリーズ、『導火線 FLASH POINT』
アクション監督:サモ・ハン・キンポー『燃えよデブゴン』『イップ・マン 序章』
製作総指揮:ドン・ユー『レッドクリフ Part I』『オペレーション・メコン』
脚本:ジル・レオン『イップ・マン 継承』『ドラゴン×マッハ!』
音楽:コンフォート・チャン『インファナル・アフェア』シリーズ
撮影:ケニー・ツェー『イップ・マン 継承』
出演:ルイス・クー / トニー・ジャー / ラム・カートン / ウー・ユエ
原題:殺破狼:貪狼 / 2017 年 /上映時間:100 分 / シネマスコープ / 日本語字幕
提供:パルコ、AMG エンタテインメント
配給:AMG エンタテインメント
©2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

関連キーワード