レプロエンタテインメント初の男性演劇ユニット「浅草軽演劇集団・ウズイチ」の第二期公演『シャフ』が、本日8月5日(日)に遂に千秋楽を迎えた。

歌とダンスが見どころという本公演。劇中では、懐かしさを感じる楽曲が多く使用されていたため、非常に引き込まれやすい舞台であった。第二期公演『シャフ』は、ダンスパフォーマンスがパワーアップし、ステージ上のキャストと目が合うと黄色い歓声も巻き起こった。圧巻のダンスパフォーマンスによりSNSを通して徐々に口コミが広まり、急遽ベンチシートも発売される大盛況ぶりであった。

また公演期間中(2018/7/27~8/5)、来場者による人気投票が行われた。

―堂々の1位は?-


近江征志郎
甘いルックスと、キラキラした瞳が印象的な近江征志郎。同公演が初演技・初舞台にも関わらず、ストーリーのキーとなるだいこく屋のエース・レイを演じきった。ライブシーンでは、そのキラキラした瞳で観客の心を鷲掴みにし、見事ファン投票1位を獲得した。

また公演の最後には、8月19日(日)にFRESH LIVE!にて「浅草軽演劇集団・ウズイチ」の特別番組が配信されることが発表された。詳細は、「浅草軽演劇集団・ウズイチ」公式HP及び、SNSにて近日公開予定となっている。今後も彼らの動向に注目だ。

-ウズイチ第二期公演『シャフ』-

人力車の車夫(シャフ)になる為に奮闘する青年たちを描く、書き下ろし公演。

マリマリという女性に恋をしている冴えない大学生シンジ。その周りにはキンイチ、ユズル、ハカセ、という3人の親友の姿。幼馴染の4人はいつも一緒。恋が叶わないシンジを元気付けるために、皆んなで一緒にアルバイトをしようと提案するハカセ。そのアルバイトこそ、えびす屋での人力車引き「車夫(シャフ)」だった。

いつか一人前のシャフになって、マリマリを自分の人力車に乗せて格好いい姿を見せたいと燃えるシンジ。早々に採用決定。トントン拍子で話が進む。

しかしそこには“裏”があった…。突如現れただいこく屋というライバルの存在。シンジとマリマリの恋の行方は如何に!?愛情と友情と根性が交差する、若き男たちの青春ストーリー。

【出演者】
●えびす屋
風神:上原一翔 藤原成覇 牧野和太  宗綱弟 高橋元希
雷神:小原汰武 白石惇也  北優心  小野駿 高橋元希
●だいこく屋
稲垣政成 近江征志郎 寺田直生 那智

【STAFF】
●原作/横山拓也(iaku)
●脚本・演出/正安寺悠造(DACTparty)
●振付/塩野拓矢(梅棒)
●音楽/太田要  『車夫の背中にてやんでぃ!』
伊東正美 『千客万来御礼』
●作詞/山本由樹 『千客万来御礼』

「浅草軽演劇集団・ウズイチ」
公式HP
公式Twitter

【動画情報】
【浅草軽演劇集団・ウズイチ】第二期始動!!part1

【浅草軽演劇集団・ウズイチ】第二期始動!!part2 新候補生登場編

【浅草軽演劇集団・ウズイチ】第二期始動!!ドキュメントpart3

【浅草軽演劇集団・ウズイチ】第二回公演『シャフ』まもなく開幕!!

関連キーワード