表紙は、DEATHGAZEのフロントマンとして活動していた藍を中心に結成したDARRELL。

ヴィジュアル系インディーズバンドを中心に、今、ライブハウスで話題を集めているバンドや熱い視線を集めだしているバンドたちを積極的に取り上げては紹介しているのが、フリーペーパーのV’ELONIKA。9月7日より配布となる「V’ELONIKA Vol.11」の詳細が解禁になった。

表紙を飾るのが、DEATHGAZEのフロントマンとして活動していた藍を中心に結成したDARRELL。裏表紙には、名古屋系を継承、名古屋シーンで最もヤバいバンドとして君臨しているUNDER FALL JUSTICEが登場。

アーティストインタヴューには、シニカルポップチューンを魅力にしている未完成アリスやプログレッシブメタルを軸に据えたALEVASなど、最近ネット上でも話題を拡散しているバンドたちが登場。具体的な内容は、以下を参照していただきたい。

「V’ELONIKA Vol.11」2018年9月7日~配布開始

※地域により、配布日が前後する可能性がございます。ご了承ください。

【表紙】
・DARRELL
巻頭インタビュー
自分たちの良いって思ったことをやる。究極の自分らしさをアルバム「DARXNESS」に乗せて叩き出したDARRELL堂々の本誌巻頭にて登場!

【裏表紙】
・UNDER FALL JUSTICE
巻末インタビュー
遂にミニアルバム発売!今や名古屋を代表するバンドとなったUNDER FALL JUSTICE 彼らが次回作に込めた思いとは?!2018年7月27日池袋BlackHoleワンマンライブ楽屋潜入レポートも掲載!

【アーティストインタビュー】
・未完成アリス
7都市×2周ワンマンツアーを開催中の未完成アリスにNewシングル「Nana〜繰り返す7人の私〜」についてとツアーファイナルとなる9月23日高田馬場AREAワンマンについて語ってもらった!

・David
独自の世界を創造するかのようにシーンに君臨するDavid(ダヴィデ)!久しぶりに本誌に神々しく登場!

・ALEVAS
プログレッシブかつテクニカルな旋律で殴り込み!Starwave Recordsに所属を発表し、その武器が鋭く光るALEVASが本誌初登場!

・THE SOUND BEE HD
まるで死人の行進!その人生のロックンロールを表現した「DEADMAN`S WALK」の発表から、今後のことについて本誌も死人となり寄り添ってみた!

・Scarlet Valse
2018年9月20日よりバンドの7周年を記念した無料ワンマンツアーをおこなうScarlet Valse。
そのタイトルとなる「Legendary Place」から連想するキーワードについてメンバーに答えてもらった。

【パーソナルインタビュー】
・龍華(SAVAGE)
ONEMAN TOUR【毒針2】のTOUR FINALを間近に控えたSAVAGEのカリスマヴォーカリスト龍華の魅力を紐解く!!

「V’ELONIKA」は全国各地のライブハウスやCDショップ、スタジオなどへ配布中。数に限りがあるように、早めに手にしていただくことを推奨しておきます。

TEXT:長澤智典

関連リンク


V’ELONIKA twitter
V’ELONIKA Web


関連キーワード