2019年2月14日にバンド結成27周年を迎えたPENICILLIN。2月9日(土)、10日(日)に東京・新宿ReNYにて『27th ANNIVERSARY HAPPY BIRTHDAY & VALENTINE’S DAY LIVE SPECIAL』を行った。両日ともフロアは超満員の観客で埋め尽くされ、開演前からお祝いムード一色。壮大なストーリーを予感させるSEと共にステージの幕が上がり、大きな歓声を浴びながら登場したメンバーたち。“行くぞ、東京ー!!”とHAKUEI(Vo)が呼びかけ、初っ端から一切手加減のない全力のパフォーマンスでファンを巻き込み一体感を作り上げていった。

今回はメジャーデビューアルバム『VIBE∞』からリリース順に1曲ずつセレクトした構成で披露。それも両日、数曲以外は違った楽曲が演奏された。オリジナルアルバムだけでも17作品。本編に収まり切らず、前作『Lover’s Melancholy』と最新作『メガロマニアの翼』からの楽曲はアンコールに披露するという、27年の歴史を物語る場面も。

さらにダブルアンコールではインディーズの頃の作品から選曲しファンを喜ばせた。これまで一度も休止することなく続けてきたからこその、今の彼らの演奏力と表現力で演奏される楽曲たちは、色褪せることがなく輝きを放ちすべてのファンを熱くさせた。“27年前にバンド結成した時の、気持ちの奥底にあるロックバンドに対する憧れだとか夢だとか、そういう熱みたいなものはまったく変わってないと思います。きっとそういうメンバーだからここまで続いてきたし、その火が燃えている間はこうしてステージに立ち続けようと思ってます”とHAKUEI。そんな初期衝動と経験というバンド最大の武器を持って、27年間の軌跡を2日間に凝縮したステージを観せた彼ら。2月16日(土)、17日(日)には大阪・梅田Shangri-Laでも同SPECIAL LIVEを開催した。そして、4月27日(土) 柏PALOOZAを皮切りに『TOUR 2019 関東サーキット』を開催する。TOUR FINALは5月19日(日) 渋谷ストリームホールにて。HAKUEIはThe Brow Beat、千聖はCrack6、O-JIROはサポートドラマー等、各メンバーのソロ活動も平行しながら、27年目も精力的な活動を展開するPENICILLINから目が離せない。

PENICILLIN Web

関連キーワード